グルメ・クッキング

2011年11月30日 (水)

美味しゅうございました m(_ _)m

 昨日、知人の家である集まりがあり、それが終了後、その方の娘さんがバイトしているお店で昼食をごちそうして頂けることになっていましたので、そのお店にお邪魔しました。
 場所は、JR京都線摂津富田駅並びに阪急京都線富田駅のすぐ近所でした。ちなみにその方のご自宅は高槻市で、その場所まで結構距離があるのですが、その方の娘さんは原チャリに乗ってそこまで通っておられるそうです。
 ちなみに、もともとそのお店は居酒屋さんなのですが、最近ランチサービスを始めたとのことで、娘さんがバイトされている関係上、売上げ協力のために私と他数名をご招待頂いたと言うわけです。
 さてこれがランチの内容です。

Syokuzi

 このランチは日替わりで、メインディッシュが変わるそうなのですが、この日は鮭のホイル焼きでした。私が料理研究家ならもっとマシな台詞を言えると思うのですが、とにかくやわらかくてとてもおいしかったです。後は小鉢4品と味噌汁にサラダご飯もおかわりを頂いてガッツリ食べさせて頂いて満腹でした。後デザートにアイス、ドリンクがついて980円(ドリンクなしは880円)と言うリーズナブルな価格で大満足。
(ただ、食事代を支払ったのは知人の方です。(汗))
 私もその娘さんを小さい頃から存じ上げているので、折に触れて売上げに協力したいところなのですが、いかんせん私は神戸在住。ご協力することが出来ません。
 なので、せめて私のつたないブログに載せることによって、この記事を見た方がこのお店の近くを通った時に昼食に入店頂けたらとても嬉しいと思う次第です。

追伸:お店のチラシの写真をアップしておきます。

Tirasi

 なお、ランチは11時30分から14時まで。ラストオーダーは13時30分だそうです。丁度チラシのその部分が、部屋の蛍光灯の明かりが映り込んで見えにくくなってるので、念のため書いておくことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

グラタン食べてほっかほか。

 今日久しぶりに、過日京都くんだりまで湯豆腐を食べに引っ張り出した知人のEさんをまたまた誘って、芦屋にあるグラタン専門店どつぼどーるというところにグラタンを食べに行った。
 この店は、ヤフーの検索にも引っかかる小さいながらも超有名な店なのである。とにかくおいしい!ベースの素材トッピング等色々なバリエーションが選べるし、もちろん店おすすめの組合わせメニューもある。一度食べたらやみつきになること間違いなしの店である。さらに価格もそこそこで結構リーズナブルなお店であると思っている。
 
 元々この店は、私の若い頃から芦屋の駅前にあり、よく知った店ではあったがついぞ最近(とは言っても1年前だが・・)まで食べに行くことがなかった。
 ところがひょんな事から前勤めていた会社の同僚(♂・年下)から
 「グラタンのおいしい店が芦屋にあるんですけど行きませんか?」
 と誘われ、
 「芦屋か・・・ まさか、どつぼどーるっていう店ちゃうやろな?」
 「え、どうして分かるんですか?」
 という感じで誘われて、初めて食べに行くことになったのである。

 本当のことを言うと、このどつぼどーるという店と私とは深ーい縁で結ばれており、実はマスターも顔見知りであった。(そのことをマスターに話すまでは忘れられていたが・・・ 結構古い話なので)
また、誘われるまでは店に”食べに行った”事はないが、店自体には何度か”入った”事はあったのである。
 (この私とどつぼどーるとの縁についてはトップシークレット(笑)にて、この場ではお話しできません・・・ )
 よくよく考えるとほぼ1年ぶりであったのだがマスターは私の顔を覚えてくれていた。有り難いことである。
 店には店員さんが一人新しく入っていたが、なんと言う偶然か一緒に行ったEさんの知り合いの人であった。
 「世間は広いようで狭い」
 よく聞く言葉ではあるが、それを実感した今日であった。

 追伸:どつぼどーるはJR神戸線芦屋駅の北側線路沿いにあります。おいしいこと請け合いですので、このブログをご覧になられた方是非行ってみて下さい。チーズが嫌いな方でなければ満足すること請け合いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

秋のオタクグルメ紀行

 昨日、親しい知人と京都の南禅寺のそばにある「総本家ゆどうふ奥丹」という、そのものずばりの名前のゆどうふ屋さんに、まんまゆどうふ(ちなみにその店には、ゆどうふの会席膳しか食べ物のメニューがない!)を食べに行った。
 この企画は僕のかねてから温めていた企画である。というのも、「魔法戦隊マジレンジャー」でマジレンジャーのメンバーの小津(おず)5兄弟と母親深雪(みゆき)が京都旅行に来た際、食事をしているシーンに、この店がロケ現場として使用されていたので、是が非でも行ってみたかったのである。

  (ちょっとうんちくを言うと、この「小津」の名前の由来は有名な「オズの魔法使い」からである。またストーリー的には現在より一年前という事なので、当時はマジレンジャーでは無いのだが・・ また、魔法戦隊マジレンジャーのネーミングは、なんと自身も魔法使いであった母親が発言した言葉からである。)

 一緒に行った知人はもちろん僕のようなオタク族ではないのだが、後になって考えるとそんなネタで、京都まで引っ張り出されて、それもわざわざ「おけいはん」こと京阪電車と市営地下鉄の乗り継ぎプラス徒歩というマニアックな交通手段で現地まで連れて行かれて疲れただろうと思う。 (ごめんね・・ m(_ _)m でも京阪電車の特急はよかったよね。)

051113_1234001←これがマジレンジャーに出てきた食事シーンの場所。残念ながら、ここで食事は出来なかった・・・
051113_1125001←食事(ゆどうふ会席膳)を食べた二階からとった写真。ゆどうふはさすがにおいしかった。

 そのあと、折角来たのだからと、南禅寺へ観光に行った。さすがに由緒正しいお寺であるので、歴史の重みを感じさせる立派なお寺だ。そのあと周りを散策し、琵琶湖疎水の古い趣のある橋の下にきた。
 「奥丹」でのロケのことしか頭になかったのでうろ覚えだったが、ここもロケがあったとさっき確認した。
 琵琶湖疎水の施設と蹴上発電所(なんと日本初の水力発電所だそうだ)をみて山道を回りながら地下鉄の駅の入り口近くまで戻ってきたのだが、ちょっと知人に無理を言って南禅寺の三門を撮影に行った。

051113_1326001
 三門は大きく、目測だが十数メートルはあっただろう。しかしクレーンも無い昔によくこんな建物を建てられたものだなあ。(感慨)


 ふと、三門の上の方からフラッシュの光が見えたので、何事かと思い三門の上を再度見上げると、なんと人がいるではないか! 近くに寄ってみると「特別拝観」の文字が・・ 
 「上がれるみたいやで。」と知人に言い、拝観料一人500円也を払って上へ・・・
 上へ上がる階段は、恐ろしいほど急勾配で、滑ると目も当てられない状況になりそうで、注意して上らなければいけないうえに、昔の建物ため天井が低く、油断すれば頭を打ってしまいそうであった。 しかし、上に上がって欄干から周りを見渡すと、とても景色がいい。南禅寺は、位置的には東山の方にあるのだが、京都市内がかなりの範囲見渡すことが出来、さすがに石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」といった気持ちも分かろうかと思う。

051113_1332001←三門の上から撮った写真(高いところから下を覗くのは苦手・・・)
051113_1335001
←同じく三門の上から
先ほど下から取った方向をめがけて一枚・・・(高いところは苦手なんだい!)

 というわけで、まだまだ話は色々とあるのだが、時間の都合でこのぐらいにさせていただく。さすがにいつもよりあちこち歩いたので、へいぜい運動不足のためか、体の節々が痛い。明日は合格講座の受講日。気持ちもリフレッシュしたし、頑張ろうではないかと締めくくっておこう。

追伸:一緒に行ってくれた知人のEさん。紙面と時間の都合により割愛させていただきましたが。御抹茶ごちそうさまでした。 m(_ _)m
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

眠い…

 今日は朝御飯を、ホテルオークラでバイキング三昧。
 食い過ぎと寝不足で… (_ _)Zzz050722_0956001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)