« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

先週の勉強 7/23~7/29

先週の勉強内容

 7月23日 0.5H著作権法参考書
          81-100ページ通読

 7月24日 0.5H著作権法参考書
          101-120ページ通読        

 7月25日 0.5H著作権法参考書
          121-140ページ通読

 7月26日 0.5H著作権法参考書
          141-160ページ通読

 7月27日 0.5H著作権法参考書
          161-180ページ通読

 7月28日 0.5H著作権法参考書
          181-200ページ通読
         ※夜遅くに大阪駅から20数年ぶりに夜行バスに乗って東京まで・・・

 7月29日 0H
         ※朝東京着、所用で横浜に行って、午後新幹線で帰神・・・        

トータル7日間で 3H。週平均0.42H 累計133H

追伸:先週はこの記事に書いたとおり、20数年ぶりにJRの夜間高速バスドリーム号に乗って、東京経由で横浜まで行って来た。帰りは翌日のバイトがどうしても休めなかったので、仕方なく新幹線を利用したが、夜行バス大好きオヤジの私としては、往復ともドリーム号で行きたかったとちょっぴり残念に思っている次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

おかえりさん2

120729_1829001_2
 大阪駅まで帰ってきましたよ〜
 新幹線は豪雨で遅れたし、在来線はどっかのお間抜けさんが車で陸橋の橋桁にぶつかったとかでメチャクチャ遅れてるし。
 でも、まあ大して個人的には問題ではないので、よしとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかえりさん

120729_1438001_2
 横浜での用事終わりました〜
 さっき新横浜駅につきました。
 もうすぐ新幹線で神戸に向かいます〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おのぼりさん5

120729_0721001_2
 まーるい緑の山手線〜♪
 目的地への訪問時間にはまだまだ充分余裕が有るので、一寸妹の旦那の単身赴任先で時間潰し〜
(*^o^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おのぼりさん4

120729_0710001_2
東京駅に着いた〜
えらいハイカラになってんな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おのぼりさん3

120729_0522001_2
おはようございます〜
足柄サービスエリア到着!
途中雨降ってたけど、ここはいい天気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

おのぼりさん2

120728_2224001
 大阪駅の改装に伴って場所を移設リニューアルしたバスターミナルである。
 異様に広い…
 バスの発車まで後20分程。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おのぼりさん

120728_2204001

 今、あす横浜のある場所を訪問すべく、夜行バスに乗るため、大阪駅に到着した所である。
 夜行バスの発車まではもう少しあるので、待合室で待機である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

先週の勉強 7/16~7/22

先週の勉強内容

 7月16日 0H
         ※バイト終了後、目的効果基準関係の用事で昼過ぎまで外出・・・ 後は色々と用事をしていて・・・

 7月17日 0.5H著作権法参考書
          221-240ページ通読        

 7月18日 0.5H著作権法参考書
          241-258ページ通読

 7月19日 0.5H著作権法参考書
          1-20ページ通読

 7月20日 1H著作権法参考書
          21-60ページ通読

 7月21日 0.5H著作権法参考書
          61-80ページ通読

 7月22日 0H
         ※目的効果基準関係の行事で朝から夕方まで・・・ 実は一つ忘れていて家で夕食を食べようかと言うときに呼び出しを受け、慌てて現地へ・・・

トータル7日間で 3H。週平均0.42H 累計130H

追伸:酷暑のせいもあるが、実はこの週から目的効果基準関係の恒例の夏の長期イベントが始まった。バイトの休日以外はバイト帰りに某団体の施設まで外出しないといけないので、勉強時間の確保が難しいがそれでもこの少なさは問題である。もっと頑張ろう・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

先週の勉強 7/9~7/15

先週の勉強内容

 7月 9日 0.5H著作権法参考書
          101-120ページ通読

 7月10日 0.5H著作権法参考書
          121-140ページ通読        

 7月11日 0.5H著作権法参考書
          141-160ページ通読

 7月12日 0.5H著作権法参考書
          161-180ページ通読

 7月13日 0.5H著作権法参考書
          181-200ページ通読

 7月14日 0.5H著作権法参考書
          201-220ページ通読

 7月15日 0H
         ※目的効果基準関係の用事で昼過ぎまで外出・・・ 帰宅後雑用に追われて勉強せず・・・

トータル7日間で 3H。週平均0.42H 累計127H

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

先週の勉強 7/2~7/8

先週の勉強内容

 7月 2日 0.5H著作権法参考書
          241-258ページ通読

 7月 3日 0.5H著作権法参考書
          1-20ページ通読        

 7月 4日 0.5H著作権法参考書
          21-40ページ通読

 7月 5日 0.5H著作権法参考書
          41-60ページ通読

 7月 6日 0H
         ※バイト終了後、夜遅くまで用事出外出・・・

 7月 7日 0.5H著作権法参考書
          61-80ページ通読

 7月 8日 0.5H著作権法参考書
          81-100ページ通読        

トータル7日間で 3H。週平均0.42H 累計124H

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

オタクBOX10

 始めに。前回のダイオージャ同様今回もかなり長い内容になってしまいました。この記事に興味を持ってご覧頂ける方は、出来うれば所用の無いときにゆっくりとご覧頂くことを切に希望します。
ブログ管理者 タカくんより

--------------------------

 さて、私秘蔵(まあ、こうして世間様に晒しているのだから秘蔵とは言えないかも・・・)のオタクな1品を公開してきたこのオタクBOXシリーズだが、ついにシリーズ10回目を迎えた。前回の大枚2万円強をはたいて購入した超合金魂GX-61ダイオージャに続く一品は・・・
 これである。

Gk001

 超合金魂GX-05 大空魔竜ガイキングに登場する恐竜型移動要塞「大空魔竜」である この番組は昭和51年から52年にかけて東映動画が製作し、フジテレビ系列放映されたアニメである。

 ストーリーの内容だが、ブラックホールの影響で絶滅の危機にあるゼーラ星では絶滅を回避するために巨大生体コンピューター「ダリウス」を開発した。ところがそのダリウスが逆にゼーラ星の住民を支配、暗黒ホラー軍団を結成、自身がダリウス大帝として君臨、さらに部下としてデスクロス四天王と呼ばれる4体の巨大ロボット幹部を作って、他惑星への移住目的の侵略を開始、その魔の手が地球に伸びることとなった。
 地球の科学者大文字博士は、かねてより宇宙からの侵略を予見し、密かに超能力者を集めてコンバットフォースという部隊を結成、さらに巨大機動要塞大空魔竜と、大空魔竜の頭部と内部より射出するパーツが合体して完成する戦闘ロボットガイキング、サポートメカ3機を建造していた。
 主人公ツワブキサンシローは野球選手(投手)だったが、ホラー軍団の地球侵攻の際利き腕を負傷、選手生命を絶たれてしまう。しかし、サンシローの超能力者としての素養に着目した大文字博士の勧誘により彼はコンバットフォースに加入、ガイキングの操縦者となり暗黒ホラー軍団との戦いに身を投じていく・・・
 ざっと、大まかなストーリーのさわりは以上の通りである。

 さて、この大空魔竜だが全長400メートルという巨体で、陸海空すべてで運用可能という万能機動要塞である。内部には乗組員68人(総司令の大文字博士と各搭載機のパイロット)の長期運用のための居住スペース、修理施設を備えている。特筆すべきは特徴有る恐竜の化石がモチーフの頭部がそのままガイキングの胴体部となることである。
 写真の超合金魂大空魔竜もそのギミックを再現すべく、ディテールアップ用の頭部と、ガイキング合体向けの頭部の二種類が付属、差し替えでどちらでも選択できる。ちなみに上の写真の大空魔竜にはディテールアップ用の頭部が取り付けてあり、合体用の頭部は画面左隅のオプションパーツディスプレーにセットしている。
 さて、先程も説明したとおり、大空魔竜の要たる戦闘ロボットガイキングは大空魔竜の頭部と、腕部を構成するパート1、下半身を構成するパート2が合体して完成する。物語上ではパート1とパート2は大空魔竜内部の格納庫より腹部のハッチ(銀色の部分)を通して射出されるのだが、何分昔のアニメであるので設定に齟齬が有り、大空魔竜の全体のプロポーションを重視すると、どうやらガイキングは設定の大きさ(50メートル)を上回ってしまうようである。そこで、大空魔竜の胴体部を開くギミックを付けて、その中にパート1とパート2を収納できるようにしている。では、胴体部を開いた写真をお目にかけよう。

Gk002

 なお、この写真の大空魔竜の頭部はガイキング合体用の頭部にすげ替えてある。特徴有る双角が異様に小さくなっているのが分かるであろう。また角の付け根にはなにやら頭のような物がある。そう、これがガイキングの頭部となるのである。そして下のカタパルトのような場所に上下2段に別れておいてあるのが、上段→ガイキングパート1、下段ガイキングパート2である。
 さてこの3つのパーツが合体すると・・・

Gk003

 カタパルト状の台上に立つ戦闘ロボットガイキングである。ちなみにこの超合金魂大空魔竜の大きさは頭からしっぽまで30㎝弱と言うところなので、合体したガイキングが如何に小さいかご理解頂けると思う。ちなみに、この超合金魂大空魔竜は定価10,280円だそうだが、確か9,800円ぐらいで買ったと思う。私はこの頃はまだ定職に就いていたのでスパパパーンと気楽に買っていたのを記憶している。(爆)
 さてこのガイキングだが、物語中盤に敵の暗黒怪獣(ロボット)の一体に敗北し、パワーアップが施された。強化されたガイキングは外観が少し変わった。それがこの写真である。

Gk004

 頭部の角と四肢が太くなっているのが分かるだろうか。さらに見えにくいが顔の口の部分を覆うマスクが変更されている。さらにこの強化ガイキングにはとんでもない必殺モードが存在する。顔の部分の外装を「フェイスオープン!!」のかけ声ではじき飛ばし、内部に仕込まれた強化武装満載の顔(物語り中では超兵器ヘッドと呼ばれている)を出現させるという物である。またその顔がスーパーロボット物にあるまじき怪獣のような顔である。さすがに超兵器ヘッドを付けた状態を撮影してもわかりにくいと思うので、オプションパーツディスプレーの裏面にしつらえてあるガイキングの顔の差し替えパーツ置き場にある状態で接写して撮影した。

Gk005

 オプションパーツディスプレーの裏側はこのようになっていて、ここにはガイキングの差し替えパーツが収納できるようになっているのである。で、現在は下の方に強化前のガイキングの腕部と脚部が収めてあり、手持ち武器となる大型手裏剣カウンタークロスを脚部に取り付けた状態で置いてある。さてその上にあるのが、強化ガイキングの通常モードの顔とフェイスオープン後の超兵器ヘッドモードの顔である。左側が前者、右側が後者である。フェイスオープン後のガイキングはこの超兵器ヘッドから数々の強力な追加兵装を使用し敵暗黒怪獣を殲滅するのだ。
 ちなみに、敵の暗黒怪獣はガイキングを遙かに上回るサイズで、どちらかと言うと大空魔竜に近いサイズである。ガイキングはそれと戦うためにガイキング単機で大空魔竜(重量38,000トン)を運搬できるパワーを擁しているとの設定である。とんでもない話である。でもまあ、昔のアニメらしくてほほえましい。今の時代なら絶対にそんな設定は出て来ないであろう。ガイキングの設定は身長50メートル重量220トンである。どうやって地球の重力下で、自身の自重の200倍弱の物体を運搬できるのか?とんでもない設定だ(爆)
 さて、話を大空魔竜本体に戻すが、大空魔竜の頭部にはガイキングが使用する武器がある関係上(大空魔竜の頭部の状態でもその武器は使用可能なようだ)ガイキング出撃後は大空魔竜本体の攻撃力が著しく低下する。その為、大空魔竜は万が一敵が攻撃してきた場合にそれに耐えるための防御形態に変形することが出来る。それが下の状態である。

Gk006

 ボリューションプロテクト(渦巻き防御態勢)と呼ばれるこの態勢では、敵の暗黒ホラー軍団四天王の乗艦グロテクター4機が十字型のフォーメーションを組むことで発生させるデスクロス現象(一種のマイクロブラックホール(爆))の潮汐力にも耐える防御力が有ると言われている。ただ戦いが激化してゆく中、大空魔竜自体もガイキングの武装強化に合わせて、強化オプションパーツを製作。ガイキング出撃後でも戦闘力を維持できるようにしていった。

Gk007

 この写真は火力増強目的の頭部代替パーツ「ヴォーグアイ」と腹部よりせり出すジャイアントカッターである。まあ、ヴォーグアイは大空魔竜内部から射出されて装着されるので良いとして、ジャイアントカッターは一体どこに収納されているのか(笑)
 さらに・・・

Gk008

 大空魔竜内部より射出されたパーツを組み立て、脚部に装着する巨大ドリルミラクルドリル。一体どこに収納しておけるのか甚だ疑問である。(笑)
 このように荒唐無稽な武器も満載する巨大機動要塞大空魔竜なのである。
 ちなみに、この大空魔竜ガイキングという番組は後にリメイク版が作られた。設定の一部は新作に引き継がれたが、上記のミラクルドリルとジャイアントカッターの設定のむちゃくちゃさを解消すべく、大空魔竜に兄弟機が存在したという設定にして新たに二体の魔竜を設定、そのそれぞれにミラクルドリルとジャイアントカッターを装備させることにしたのである。

 追伸:大空魔竜に搭載されるサポートメカ群である。主にガイキングの支援や索敵・調査等に使われる。
画像がブレてしまって申し訳ないが、下の写真のガイキングの足下にあるさらに小さい物体がそうである。
ちなみにこれらは、先程お見せした大空魔竜内部のガイキングパーツ格納スペースのさらに下にちょっとした小物入れのようなスペースが有り、そこへ収納できるようになっている。

Gk009

 画面左側から地上用のバゾラー、空中用のスカイラー、水上水中用のネッサー

オマケ

Gk010

 本来はあり得ない、頭部装着状態の大空魔竜と合体が完了しているガイキング。
 (先に述べたとおり大空魔竜の頭部はガイキングの胴体である(爆))

Gk011

 オプションパーツディスプレーを前から写した状態。色々なオプションパーツがコンパクトに収納されている。

7月3日追記:私のつたない説明では、物語の内容がわかりにくいと思うので、リメイク版も併せてウィキペディアの当該ページのリンクを下に張っておく。興味を持たれた方はご覧頂きたい。

大空魔竜ガイキング(オリジナル版)

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU(リメイク版)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

先週の勉強 6/25~7/1

先週の勉強内容

 6月25日 0.5H著作権法参考書
          121-140ページ通読

 6月26日 0.5H著作権法参考書
          141-160ページ通読        

 6月27日 1H著作権法参考書
          161-200ページ通読

 6月28日 0H
         ※バイト終了後、目的効果基準関係の用事で夕方まで・・・

 6月29日 0.5H著作権法参考書
          201-220ページ通読

 6月30日0.5H著作権法参考書
          221-241ページ通読

 7月 1日 0H
         ※朝から目的効果基準関係の用事で夕方まで・・・

トータル7日間で 3H。週平均0.42H 累計121H

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »