« 先週の勉強 1/2~1/8 | トップページ | 音撃鼓、傳傳帯虎(おんげきこ でんでんたいこ) »

2012年1月17日 (火)

先週の勉強 1/9~1/15

 さて、遅ればせながら先週の勉強をアップする。先々週に引き続き、スキマ時間を利用しての勉強となった。
 実は毎年のことなのだが、正月の寒の入りから立春までの約1ヶ月間は目的効果基準関係の長期イベントがあり、バイトのある日でも終了後目的効果基準関係の団体施設まで足を運ばなければならない。したがって、勉強はその移動時間中にする時もある。その上目的効果基準関係の種々の用事が間に挟まり、自宅で勉強することが極端に少なくなった。腰を落ち着けて勉強しない関係上勉強時間の集計が難しく、今回も1週間の総計の記載となった。

先週の勉強内容

伊藤真の
     刑事訴訟法入門 89-200 ページ 通読
     民事訴訟法入門 48-180 ページ 通読

 勉強時間総計 約3時間

追伸:さて、現在司法関係の勉強を行っているわけであるが、そろそろ今後の身の振り方を考えなければならない。どちらにしても今すぐの開業は自殺行為に等しいので、何とか士業事務所に就職をしたいところであるが、依然としてこの不景気の最中、私の様な年齢の者では中々就職先は見つからない。選り好みをしている場合ではないのかも知れないと考える今日この頃ではあるが、取りあえず宮仕えはもう嫌だと資格取得の道を選んだわけであるので、いまさら行政書士資格と関わりのない一般企業への一般事務職や営業職としての再就職は考えたくないのが本音である。

|

« 先週の勉強 1/2~1/8 | トップページ | 音撃鼓、傳傳帯虎(おんげきこ でんでんたいこ) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

6年位前に、超大手印刷会社の下請け(ラベル印刷)に派遣で営業事務に行っていた時、取引先の営業さんだったか?が行政書士の資格を取ったと言う話を本人がいらしたときに、聞きました。
すごいなぁと思いました。仕事をしながら資格を取って…簡単には取れない資格だと言うこと。
それにあとから、少しだけ行政書士について調べてみたら、合格するのも本当に大変だと…。覚える事があまりにも多くて…。
自分も40歳くらいの時に、福祉住環境コーディネーターの2級を受けるのに本を買って勉強しましたが、勉強して思ったのは、資格を取ったからと言って絶対に仕事が出来るわけではなく、医療、建築等にもある程度知識がないと無理だと言う事がわかって、資格っていったいなんなんだろう?と考えさせられました。
タカさんも今からどうやってご自分の目標に向かって行かれるのか?何でもそうだけど、努力も必要ですが、やっぱり人生は、縁とか出会いとか…がかなり大きいと思うので、色々な場所へ行って、良いご縁・出会いが有る事をお祈りしています。
長文失礼致しました<(_ _)>

投稿: のんぷーたん | 2012年1月20日 (金) 12時54分

のんぷーたんさん。ご訪問有難うございます~

>長文失礼致しました<(_ _)>

↑気になさらないで下さい。私も長文コメントしょっちゅうやります。コメント頂いてとても嬉しかったですよ~

 ちょっと、むしゃくしゃして本音を書いてしまいました。覚悟しているはずなのに・・・
 6年ぐらい前と言えば2004年か2005年の頃ですね。合格率が6%を切っていた時期ですね。私は2009年度合格率9%の時に5年間かかってようやく合格出来ました。
(2005年度からチャレンジを始めました。)
 2000年以降より行政書士試験は試験委員制度を導入したことにより難易度がぐんと上がりました。その中での合格は困難を極めたと思いますよ。なおかつお仕事をされながらとか。私は会社を諸事情で辞めた後、何か資格をと思って行政書士資格取得を目指したわけですが、資格という物は鎧であって、着なければ意味がないし、着たとしても何らかの武器(実務スキル等)が伴わなければモンスターが倒せないのと同様に食べていく(収入を得る)ことは難しいでしょう。
 そんなこんなで、また夢半ばの身の上ですが、自分なりにコツコツ頑張ってきたいと思ってます。本当に励ましのコメントを頂いて有難うございました。応援して頂ける方々がいる限り、「人様のお役に立つ」を目標に「日々是精進」でがんばって行きます。
 ではでは、またよろしければご訪問下さい。ろくな記事をアップしないヘタレブログですが・・・(汗)

投稿: タカくん | 2012年1月20日 (金) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/53760260

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の勉強 1/9~1/15:

» 海技士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇海技士とは◇海技士とは、大型船舶を操作する海技従事者が取得しなければならない国家資格で、「船舶職員及び小型船舶操縦者法第4条」で規定されています。船舶職員には、職務として船長、航海士、機関長、機関士、通信長、通信士を行う者と、船舶の運航、機関の運転を行う運転士を示します。◇海技士の分類◇海技士は、その資格の内容や等級により、約30種に分かれます。まず、船長や航海士の役割を持つ、甲板部。次に機関長や機関士の役割を持つ機関部。そして通信長や通信士の役割を持つ無線部です。それらは..... [続きを読む]

受信: 2012年1月18日 (水) 22時48分

« 先週の勉強 1/2~1/8 | トップページ | 音撃鼓、傳傳帯虎(おんげきこ でんでんたいこ) »