« 先週の勉強 10/3~10/9 | トップページ | 出してくれ~ »

2011年10月12日 (水)

駆け抜けろ、ソニック!!

 さて、今回もオタクBOX外の秘蔵アイテムを公開する。それは・・・

01btsoinc

 ミニ4駆である。このマシンはコロコロコミックに連載されアニメにもなったミニ4駆のマンガ、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」に登場した「バスターソニック」というコーナーリング重視のマシンである(もちろんマンガやアニメ内での設定)
 ミニ4駆はだいぶん前にむちゃくちゃ嵌っていて、色々なマシンを買っては組み上げていたものである。現在は近所に走らせるコースがなく、大枚9800円もする基本セットに、色々なオプションコースを買い足した組み立て式のホームコースも持ってはいるのだが、組み立てるのがめんどくさく、また組み上げても所詮は6畳間に収まるサイズ、長い時間走らせてると飽きてしまう。従って厳選した数台を専用キャリーBOXにいれ、残りのものは押し入れの中に市販のコンテナBOXに買いまくったオプションパーツと共にしまってある。
 ちなみにこのマシンはオプションパーツによってグレードアップしている。取り付けてあるオプションパーツの総額を合わせると、ミニ4駆の本体がもう2台ほど買える値段である。我ながら勿体ない買い物をしてると思う。
 ↓リアビューである。

02btsonic

 ちなみにリヤタイヤ後方両スミに取り付けてあるガイドローラーは2個で500円もするとんでもないものだ。フロントにも2個装備してるので、合計1000円である。なんてぼろもうけなんだタミヤ模型というツッコミが入りそうだ。
 まあ、一応軸受けにベアリングが内蔵されており、スムーズな回転でコーナー突入の際のフェンスとの接触によって生じるタイムロスを軽減するとのことである。もちろんモーターも公認競技に使用可能なタミヤの純正品でオプションパーツとして販売されているものを組み込んである。外品のモーターではもっと早く回るものもあるが、それでは競技に出られないので、あえてレギュレーションの範囲内でのチューンナップにとどめているのである。また、ボディも「肉抜き」と呼ばれる改造テクニックで各部を削ってあり、軽量化に貢献(まあそれでも0コンマ数グラム程度のものだが)したり開けた穴から強制的に外気を取り込み、内部を通してモーターの冷却に使うと言う念の入れようである。自分ながら良くやった物だと思う。
 この「ソニック」という名を冠するマシンは前述の「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の主人公星馬兄弟の兄星馬烈が操るもので、
(ちなみに弟は星馬豪。兄の烈と違って直線重視のかっ飛びマシンを信条とする。)
前述の通りコーナーリング重視のものである。上に掲載した「バスターソニック」は物語終盤に登場し、星馬兄弟が海外に武者修行に出ると言ったところで終わるのだが、主人公(今度も兄弟)を変えた次作「爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX」で弟星馬豪とともに凱旋帰国した烈が操るニューマシンが登場した。
 それがこれ「ブリッツァーソニック」である。

03blsonic

04blsonic

 このマシンは「バスターソニック」と異なり小径のタイヤを使用して、低重心化を図った物で、大径タイヤを装備した「バスターソニック」のようにトップスピードは伸びないが、コーナーの多いコースではそのより低重心なボディが安定したコーナーリングを約束してくれる。
(・・・はずである。実はこの「ブリッツァーソニック」はコースを走らせたことがない。)
 ちなみにこのマシンには純正品だが高出力高性能なモーターがセットしてあり、このモータが使用可能な公認競技にしか出場出来ない。
 そしてもう1台、直線を重視し、純正品で最高の出力を誇るモーター(公認競技使用不可モーター)を組み込んだマシンもお見せしよう。
 サンダーブーメランW10である

05tbw10

06tbw10

 このマシンは先ほどの「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」や同MAXとは違う作者のマンガ「ダッシュボーイ天」というマンガに登場する天下太平の操るマシンであるが、本編を見ていないので、マンガ上でいかなる活躍をしたのかは不明である。ただ、シャーシはロングホイールベースで直進安定性を重視したものであるため、直進重視のボディ形状と相まって直線でのトップスピードは伸びると考える。但しこのマシンに搭載しているモーターは、長時間負荷をかけて回転させると高熱を発し、一度モーター受けを溶かしてしまったことがあるので、事実上封印状態である。
 なお、このマシンは大パワー故のコースアウトや衝撃による破損を避けるために、わざとギヤ比を落としたり、コースアウト対策のポール(マシンの四隅にそそり立っているものだ。)、重いが路面からのショックを吸収する特殊なタイヤを装着して、安定性を計るセッティングを一応は施している。但しこのマシンは当然のことながら公認競技には出場出来ないのである。

|

« 先週の勉強 10/3~10/9 | トップページ | 出してくれ~ »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/52975289

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け抜けろ、ソニック!!:

« 先週の勉強 10/3~10/9 | トップページ | 出してくれ~ »