« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

待ち焦がれたもの

 先ほど、玄関のチャイムが鳴り出てみると、

 「郵便局ですが、書留です。」

 とのこと、結構大きな封筒を受け取って何だろうと思ってみると・・・ 送り主は、財団法人行政書士試験研究センターだった。
 そうである。ようやく到着したのだ、あれが・・・

K3100021
 
 ※名前は伏せさせて頂きました。生年月日は年齢を公開しているので、隠しません。なお、用紙主要部分を撮影させて頂いております。

 行政書士試験合格証書である。思えば約5年前、これをもらうために始めた勉強。幾度となく挫折しかかったが、何とか凌いでGETすることが出来た。だが、これで終わりではない。前にも書いたとおり、資格の取得は新たな人生のスタートラインに立ったと言う事でしかない。この資格と言う名の「鎧」を生かすも殺すも、私のこれからのがんばりにかかっている。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2010年2月22日 (月)

先週の勉強 2/15~2/21

先週の勉強内容

 2月15日 1H 2009年度法検4級刑法
           41-60(刑法総論)×1周

 2月16日 1H 2009年度法検4級刑法
           61-70(刑法総論)
           71-80(刑法各論)×1周

 2月17日 1H 2009年度法検4級刑法
           61-70(刑法総論)
           71-80(刑法各論)×1周
          ※テレビ見まくりデー・・・

 2月18日 1H 2009年度法検4級刑法
           61-70(刑法総論)
           71-80(刑法各論)×1周

 2月19日 1H 2009年度法検4級刑法
           61-70(刑法総論)
           71-80(刑法各論)×1周

 2月20日 2H 2009年度法検4級刑法
           61-70(刑法総論)
           71-101(刑法各論)×1周
          ※法検4級刑法ももうすぐ5周終了・・・ ちなみに今日は行政書士合格者向けの刑法講座を京都まで受けに行って来た・・・  
 2月21日 1H 2009年度法検4級刑法
           81-101(刑法各論)×1周
          ※目的効果基準関係の用事有り・・・

トータル7日間で 8H。週平均1.14H 累計 82H

追伸:なお、来週は今週と同様、京都まで刑事訴訟法の講座を受けにいく事になっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

先週の勉強 2/8~2/14

先週の勉強内容

 2月 8日 3H 2009年度法検4級刑法
           1-20(刑法総論)×3周
          ※未知の法律はさすがに難しい・・・

 2月 9日 3H 2009年度法検4級刑法
           21-40(刑法総論)×3周

 2月10日 2H 2009年度法検4級刑法
           21-40(刑法総論)×2周
          ※テレビ見まくりデー・・・ やや嵐がとても面白かった・・・

 2月11日 1H 2009年度法検4級刑法
           41-60(刑法総論)×1周
          ※刑法は学説・通説がむちゃくちゃ複雑で難解である。久々に頭が痛くなった・・・

 2月12日 1H 2009年度法検4級刑法
           41-60(刑法総論)×1周
          ※OB会関係の文書の作成で余り勉強時間が取れず・・・

 2月13日 1H 2009年度法検4級刑法
           41-60(刑法総論)×1周
          ※バイト終了後、目的効果基準関係の用事で夜半まで・・・

 2月14日 1H 2009年度法検4級刑法
           41-60(刑法総論)×1周
          ※今日も目的効果基準関係の用事有り・・・

トータル7日間で12H。週平均1.71H 累計 74H

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

先週の勉強 2/1~2/7

 夜遅くなったが、先週の勉強内容をアップすることにする。
 実は、先週は頓に目的効果基準関係の行事に加えてヤボ用が多数有り、刑法の勉強を始めるなどと格好の良い言葉を言っておきながら、ほとんど勉強が出来ていない。
 まあ全然出来ていないわけではないので、1週間分をまとめて記録しておく。
 ちなみに、この記事を書いている時点では目的効果基準関係の用事のうち、1月の頭からずっと続いていた用事が終了しているので、ようやく本腰を入れて勉強できそうである。
(但し勉強時間が多くなるかというと、おそらくそうはならないと思うが・・・)

先週の勉強 2月1日~2月7日

 合計2H 法検4級刑法 1-20(刑法総論)×2周

累計 62H

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

ブログデザイン変更。

 行政書士試験に合格した時より、ブログのデザインを変えようかなと考えていましたが、余りがらっと雰囲気を変えるのも・・・と思ってあれこれ考えたあげく、勉強している雰囲気を残したこのデザインに変えました。
 前の前の記事で書いたように、これからも日々是精進して知識の習得に励まないといけない身の上ですから、本が開いている状態を彷彿させるこのデザインを、今後は私のブログの「顔」にしていきたいと思います。
                       ブログ管理者 タカくん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

おどま阿蘇山た~い!


ブログネタ: カレーといえば?参加数

 当然、キレンジャー 大岩大太 以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

判例変更2

 過日、憲法上の重要な論点について、判例変更がなされたので紹介してみよう。

1月21日(木) 毎日新聞
私有地に神社 違憲 - 北海道砂川市 政教分離で最高裁

 北海道砂川市が私有地を無償で空知太神社に使わせていることは、政教分離を定めた政教分離を定めた憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は20日、「憲法が禁じた宗教団体に公の財産を提供する行為」と述べ、市の土地提供を違憲と判断した。その上で「違憲性を解消する他の手段について審理が必要」と、1、2審判決を破棄し、審理を札幌高裁に差し戻した。
※記事見出しより。

 憲法20条政教分離原則に関する違憲審査としては愛媛玉串料事件に続き2例目だが、今回は従来最高裁が政教分離原則の違憲審査に付き、津地鎮祭事件より一貫して示して来た「目的効果基準」原則(目的が宗教的意義を持ち、効果が宗教に対する援助や圧迫になる行為)に代わり、新たに次のような判断を示したのである。今回大法廷が新たに示した判断基準は、

 「宗教施設の性格、無償提供の経緯や態様、一般人の評価など諸般の事情を考慮して、社会通念に照らして総合判断すべき」

 と言う物である。
 そのうえで、違法確認を求めた原告らに対して、
 「施設撤去以外にも有償・無償での譲渡や貸し付けなど違憲性解消の適切な手段があり得る」と指摘。施設撤去は氏子集団の信教の自由に重大な影響を及ぼすとも述べて、1・2審判決を破棄、審理を差し戻したのだ。

 目的効果基準に関しては、同日の別の面で紹介されている判決要旨に記載されている藤田宙靖裁判官の補足意見に書かれていたが、論理構造等に批判があるのだそうだ。今回示された審査基準は、政教分離原則という精神的自由権である信教の自由と密接に関わる問題について、最高裁がソフトランディングを図った物だと言う事が出来るのではないかと私は推測するのである。

 追伸:一昨年の9月にあった行政事件書証における訴えの利益についての判例変更に関する記事の時にも述べたが、
当該記事 - 判例変更 2008年9月12日投稿
 こういう判例変更は法学部教授の先生方が問題として出題するのがお好きで、現時の行政書士試験の試験委員が法科大学院の教授の面々でいらっしゃることからして行政書士試験で論点が出題されることがあり得る。
 前回の内容は、法検3級2009年度版には掲載されたが、本試験には出なかった。今回はどうであろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年2月 1日 (月)

先週の勉強は休止。

 審判の日、1月25日は過ぎた。
 おかげさまで、2009年度の行政書士試験に合格できたことで、先日お世話になった講師のブログより合格者対象の法務講座のご案内を頂いた。従ってその内容を聞いてから今後の勉強内容を決めようと思い、先週1週間は勉強を休止した。まあ、上記の法学講座に使用するという本を金曜日に購入し、土日で飲み終えてしまったのだがそれが勉強と言えば勉強らしい行動であった。

 追伸:来週から法検4級の今まで開きもしなかった刑法のページをやって、法検3級2010年度版が発売されたら今度は司法コースをやっていこうと決めた。弁護士の先生に一目置かれるようになるために・・・
 ※講座の内容を聞く限りでは、すぐにでも開業すべきなのであるが、寄り道した5年間で蓄えはほとんど無く、(元々無かったが)なおかつ生活費の足しにと思って入ったバイトを自己都合でクールにさよならするには私は長く勤めすぎ、人間関係を暖めすぎたのである。しばらくはバイトを続けることになる以上、勉強は継続すべきであろう。言い換えれば将来のための投資である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »