« 2009年公開模試4 | トップページ | 先週の勉強 10/19~10/25 »

2009年10月22日 (木)

帰ってきた超オタク話10

 こんな記事を載せている場合ではないのだが・・・ まあ、記事をアップするのを我慢して悶々とするよりは精神衛生上スパっと載せてしまった方がよいと思うので、とっとと記事をアップすることにする。
 話の種は、またかという感じだが「フレッシュプリキュア!」である。私のようなマニアな趣味を持つ同好の志の方々にとっては周知の事実だとは思うが、プリキュアシリーズでは前々作の「Yes!プリキュア5」より戦隊シリーズちっくなチームバトルが導入されたことにより、メンバー全員での合体必殺技が導入されている。詳しい内容はここでは述べないが、過日ついにフレッシュプリキュアでもメンバー全員での合体必殺技が披露された。その名称は

 「ラッキークローバー・グランドフィナーレ」

である。
 技名に「プリキュア」の名を冠さないこの必殺技は、今までにない2分以上という長いプロセスを経て発動する。ちまたでは今後どうやってこの長いバンクシーンをカットして尺(業界用語で放映時間のこと)の中で放映するかが話題になっているが、それ以上に技の発動までの導入部が、ある戦隊物の元祖に登場する必殺技に酷似しているのが話題となっている。
 その戦隊物とは・・・

 秘密戦隊ゴレンジャー

である。ゴレンジャーはその名の通り五人の個性的なメンバーが、敵怪人一人によってたかって攻撃を加えると言うことで集団いじめの助長になるとされることもあるが、基本的には強大な敵と戦うためにメンバーそれぞれの個性を生かして団結して戦おうというのがコンセプトであり、当然のことながら本作の「フレッシュプリキュア!」もその基本線は外してはいない。
 さて、そのゴレンジャーでは「ゴレンジャーハリケーン」なる必殺技が登場する。この技はメンバーがラグビーボール状の小型爆弾
(メンバーの一人爆薬のエキスパート(!)モモレンジャーが、手持ちの爆弾を集めて組み立てるのだそうだが。)
をラグビーのプレイよろしく各人にパスで渡していき、最後にリーダーのアカレンジャーがそれを相手に向かって蹴り飛ばしてぶつけて倒す物である。

※参考までにYouTubeにアップされているゴレンジャーハリケーンの映像へのリンクを埋め込んでおく
ゴレンジャーハリケーン - 対 火の山仮面マグマン将軍戦

 なお、今回のプリキュアの上記の技は、導入部は確かにくだんのゴレンジャーハリケーンに酷似しているが、最後の締めは別の戦隊の必殺技に半分だけだが酷似している。ちなみにその締めが酷似していると言われる別の戦隊とは、マイナーな戦隊なのだが、

ジャッカー電撃隊

という物である。このジャッカー電撃隊はフレッシュプリキュアと同じ四人メンバーなのだが、そこに登場する必殺技ジャッカーコバックがとどめの方法こそ違うが酷似しているのだ。この技はサイボーグ戦隊である
(戦隊史上最初にして最後の設定だ。後の戦隊は全て強化服着用の生身の人間である。)
ジャッカー電撃隊のメンバーが、各々のエネルギー源である原子(!つまり核エネルギーである)、電子、重力(!)磁力の4大エネルギーを敵怪人の周りをスクラムよろしく取り囲んで注入し、その後上空に蹴り上げて爆発させるという荒技だ。

※ジャッカーコバックの映像もYouTubeにあったので、リンクを埋め込んでおく。なお、似ているのは四人でかける技だと言うことだけで、印象自体は全く異なることをあらかじめ申し述べておく。

ジャッカーコバック - 対 デビルクロー戦

 前置きが長くなってしまったが、これ以上長々と文章で説明しても「百聞は一見にしかず」である。いよいよ苦労してキャプチャした沢山の画像を掲載する。技の一部始終を初見したときの私の驚きたるや、プリキュアシリーズ中最大だろうと思う。とにかく多数の画像をアップしていき、適宜コメントを挟んでいこう。
(各画像は、クリックすると別ウインドウで大きな物がみられます。)

Lcgf001Lcgf002

新アイテムクローバーボックス(ご両親には頭がいたい定価9000円弱)から光がほとばしり、腰のポーチに入れられている変身グッズ「リンクルン」に光が宿る。

Lcgf003Lcgf004Lcgf005

キュアピーチ:「みんなのハートを1つにするよ!」 「クローバーボックスよ! 私たちに力を貸して!」

Lcgf006Lcgf007

キュアピーチの魂の叫びにクローバーボックスが反応、合体必殺技発動開始!

Lcgf008Lcgf009Lcgf010

キュアピーチ:「プリキュアフォーメーション! レディ・・ Go!」
(もはや少女物でないのではという気がするが・・・)
とにかくかけ声一閃、敵怪物に向かってダッシュするプリキュアメンバー。

Lcgf011Lcgf012Lcgf013
Lcgf014

キュアパッション:「ハピネス・リーフ! セット!」 「パイン!」
パーソナルカラーの赤色のハート型の物体がリンクルンの力により出現。それをキュアパインに投げる。

Lcgf015
Lcgf016Lcgf017Lcgf018
Lcgf019

キュアパイン:「プラスワン! プレアー・リーフ!」 「ベリー!」
同様に出現した黄色のハート型の物体をキュアパッションからもらった物にくっつけてキュアベリーに投げる。

Lcgf020
Lcgf021Lcgf022Lcgf023
Lcgf024

キュアベリー:「プラスワン! エスポワール・リーフ!」 「ピーチ!」
同じく蒼色のハート型の物体を取り付け、キュアピーチに投げる。

Lcgf025
Lcgf026Lcgf027Lcgf028
Lcgf029

キュアピーチ:「プラスワン! ラブリー・リーフ」
キュアピーチが最後に桃色のハート型の物体を取り付け、四つ葉のクローバー(ラッキークローバー)の形をしたアイテムが完成。

Lcgf030Lcgf031Lcgf032

必殺技へのお膳立ては整った。各々ジャンプし、キュアピーチの元に集まる他のメンバーたち。

Lcgf033Lcgf034Lcgf035

キュアピーチがくだんの物体を敵怪物に向かって投げつけると・・・

Lcgf036

何と! 物体は巨大化!

Lcgf037
Lcgf038Lcgf039Lcgf040

その物体に向かっていくメンバーたち。次の瞬間・・・

Lcgf042Lcgf043
Lcgf044Lcgf041

何と~ぉ! 飛び乗った~!!

Lcgf045Lcgf046Lcgf047

4色の葉を持つ巨大な四つ葉のクローバー状の物体は、それぞれのパーソナルカラーの色の葉に対応するメンバーを乗せたまま、敵怪物の頭上から静かに下降・・・

Lcgf048Lcgf049
Lcgf050Lcgf051

長い発動のための手順を経た末に、ようやく四人で同時に必殺技名をコール。
四人:「ラッキークローバー・グランドフィナーレ!!」

Lcgf052Lcgf053

ラッキークローバー状のフィールドの中央にいる敵怪物を、クリスタル状のエネルギー体が拘束。
(しかし、こんだけ悠長に技の発動準備をしているなら、逃げ出すなり、抜け出すなりするチャンスはあるように思うのだが・・・ もしかしたら敵の大ボス(新幹部ノーザ)やラスボス(ラビリンス総統メビウス)は抜け出すことが出来て、プリキュア大ピーンチ!と言うことが今後あるのだろう。)

Lcgf055Lcgf056

哀れ敵怪物は合体必殺技で浄化消滅・・・ な~む~・・・

と言うことで画像にして50数枚という、未だかってない大量の画像を掲載したオタク話はフィナーレを迎えるのであった・・・
(メチャクチャ疲れましたとさ・・・)

追伸:時間がなくて記事には出来なかったのだが、イタい子イースが4人目のプリキュア「キュアパッション」として新たな人生を歩むこととなったため、敵方ラビリンス側でも戦力の補充が行われた。そこで登場したのが、先ほどちらっと名前を挙げたが、ラビリンス四天王最強にして最凶の女性幹部「ノーザ」である。
(声は、マジレンジャーに登場した敵方、地底冥府インフェルシアの女(?)スパイ妖幻密使バンキュリアの声をされていた渡辺美佐さんである。イメージにぴったりである。)
 彼女は、今までの怪物である「ナケワメーケ」「ナキサケーベ」よりもさらに強力な「ソレワターセ」という怪物の素を作る力を持っていて、今まで登場していた四天王のメンバーとは明らかに毛色が違う凶悪ぶりである。
 ちなみに今回プリキュアの合体必殺技にやられたのは「ソレワターセ」である。「ソレワターセ」は今までのプリキュアたちの必殺技では全然太刀打ちできなかったので、今回紆余曲折(過程は省略する)のあった後、上記の合体必殺技で退治できたわけである。

10月25日追記
YouTubeに必殺技のシーン部分だけの映像がアップされてあったので、ついでにリンクを張っておく。

ラッキークローバー・グランドフィナーレ発動シーン(1分56秒)

|

« 2009年公開模試4 | トップページ | 先週の勉強 10/19~10/25 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

記事って…なんだろう…?

投稿: BlogPetの小熊猫(コパンダ) | 2009年10月24日 (土) 14時33分

コパンダ君。キミの質問の答えだ。

キジ(雉子、雉、学名:Phasianus versicolor)とは、キジ目キジ科の鳥。日本の国鳥。また国内の多くの自治体で「市町村の鳥」に指定されている。鳥類分類学者の中には、キジをP. colchicus(英名:Common Pheasant)の亜種(P. colchicus versicolor)とする者もいる。
- Wikipediaより。

え、ちがうって? それは失礼。

投稿: タカくん | 2009年11月 1日 (日) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/46553314

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた超オタク話10:

« 2009年公開模試4 | トップページ | 先週の勉強 10/19~10/25 »