« 先週の勉強 9/21~9/27 | トップページ | Let’s! プリキュア! 2 »

2009年9月29日 (火)

2009公開模試1

 ついにこの日が来てしまった。
 一昨日の9月26日、本試験前の正念場であり、1年間の集大成である公開模試が始まった。
 いろいろな事情で土曜日開催の分を申し込みしたのだが、先週だけどうしても土曜日に抜けられない用事があり(目的効果基準関係)予備校の方に相談の上、日曜日に受けさせてもらった。あまりコンディションが良くない上に勉強の到達ペースが遅れ気味のため不安材料を抱えたままの受験であったのだが、案の定、甚だ不本意な成績となってしまった。
 まあ、答練同様どんなに成績が悪くても内容を晒すことは自省を促すために必要であるから、ばっちりと公開していこう。
 なお、予備校からの成績表は答練同様WEB上で公開される事になっている。公開次第「続きを見る」の機能で順治書き込んでいくことにする。

2009年公開模試1回目

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中27問 各4点につき108点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中12肢 各肢2点につき24点
    記述式
        3問中3問部分点 予想合計46~40点
 法令合計146点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中7問 各4点につき28点

 総合得点300点中206~200点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)越え。
 あまり芳しくない成績だ。確かにうっとおしい問題が多かったが、それほど難しいとは感じなかった。ただ選択肢が切れなくて悩んだところや、基礎的な内容を正誤判定で切りきれなかったところ、全くの勘違いをしたところがあって、採点をしながら軽く問題を読み返して見たら
 「うわー!!」
 という感じの問題が多数存在した。

 さて次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学    2問中  2問 
  憲   法    5問中  5問
  行 政 法  14問中  8問(VERY BAD!!)
  地方自治法  5問中  5問(GOOD!)
  民   法   9問中  5問(BAD!!)
  商   法   5問中  2問
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法)   4肢中4肢
  2問目(行政法) 4肢中4肢
  3問目(行政法) 4肢中4肢

一般教養科目
  社会科学  6問中4問 
  情   報  5問中2問
  文章理解  3問中1問(VERY BAD!!) 

 行政法と、民法がよろしくない。商法はほとんどやってないからこんなもんであろうから、今回は地方自治法に助けられたとでも言うべきか。選択肢がかなり切りやすく、また1本釣り出来やすい問題が多かったのが勝因だろう。
 一般教養では文章理解の不振が響いた。今回の問題は要旨把握型、文書整序、空欄補充型の3問であったが、正解したのは要旨把握型のみであった。文書整序に至っては私の文章構成センスには合わなかった感があり、そういう問題が来ると、とたんに正解が導き出せない。
 総括すると、残り時間1時間を切ったところで気力が切れてしまい、どうでもエエわという感じになってしまったのが成績の不振さに如実に表れているのではないだろうか。まあ、体調がよろしくなかったので、粘ったとしても結果は同じだったであろうが・・・
 とにかく、模試は後3回ある。這いつくばってでもやるしかない。

さて、10月7日に成績表がWEB上にアップされたので晒すことにする。

科 目   総合   法令総合   法令択一   記述   一般知識
得 点   186      162      132    30       24
配 点   300      244      184    60       56
平均点  151.3      128.1     111.2   16.9      23.3
偏差値   58.5      59.4      58.4   58.4      50.9
判 定    B        C        B     C       B
順 位 357/1897  346/1897  379/1897  342/1888 697/1897

予備校からの成績表は上記の通りであった。よって

法令
   択一式
     五肢選択式  108点(27問)
     多肢選択式   24点(12肢)
     記述式      30点
        1問目       10点
        2問目        0点
        3問目       20点
        (上記各肢別得点は、別掲載記述式答案添削による)
      法令合計   162点
一般知識
   択一式
    五肢選択式    24点( 6肢)

         総得点 186点

 気のせいかも知れないが、模試から記述式の採点基準が少し厳しくなっているような気がする。ただ、そう思うきっかけになった記述式の1問目であるが、条文の文言にそって正確に記述すべき所を私がそれをやらなかったが為に私の予想以上の減点を受けた様である。

 ちなみに問題は行政事件訴訟において、法令に審査請求前置の定めがある場合、同時に訴訟が提起されている場合の裁判所の取る措置のことであるが、私は

 裁判所は当該審査請求の裁決があるまでは当該訴訟の進行を停止させておくことができる。

と書いたのだが、行政事件訴訟法の該当条文には

行政事件訴訟法第8条3項   第一項本文の場合において、当該処分につき審査請求がされているときは、裁判所は、その審査請求に対する裁決があるまで(審査請求があつた日から三箇月を経過しても裁決がないときは、その期間を経過するまで)、訴訟手続を中止することができる。

 記述の答案には上記のたった2文字のミスが「減点10点」と赤ペンでしっかり書き込まれていた。確かに条文を引用すべき問題は条文通り書くことが肝心だ。肝に銘じておこう。

|

« 先週の勉強 9/21~9/27 | トップページ | Let’s! プリキュア! 2 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/46336446

この記事へのトラックバック一覧です: 2009公開模試1:

« 先週の勉強 9/21~9/27 | トップページ | Let’s! プリキュア! 2 »