« 2009年総合答練1 | トップページ | 先週の勉強 7/13~7/19 »

2009年7月18日 (土)

帰ってきた超オタク話9.9

 買ってしまった・・・
 キュアパッション専用アイテム「パッションハープ」のおもちゃを・・・
 何気に結構大人の手にもフィットする大きな持ち手である。本来のターゲットである幼稚園・保育園児に扱いきれるのだろうか・・・
 買ってしまった・・・
 キュアパッションのパートナーピックルン「プリキュアの妖精、幸せの紅い鍵(本(人?)談)アカルン」のおもちゃを・・・
 リンクルンにセットするキュアパッションカラーの着せ替えシートが付いているぞ。早速手持ちのリンクルンをキュアパッション仕様にした・・・ 私は大丈夫なのか・・・
 
 まあ、そんなことはどうでもいい(本当に?)以前のオタク話(←リンク埋めときます)で披露した疑問が、上記2アイテムを購入することで解消したのである。

 まず、どうやって後から既存のリンクルンにキュアパッション仕様を追加するのかと言うことだが、予想通りだった。方法としては、今回新発売のアカルンを一度リンクルンと赤外線通信させれば、解除コードが送信され、元々筐体にインプットしてあったキュアパッション関係のデータが使用可能となる仕組みらしい。また、アカルンのおもちゃのパッケージにはキュアパッション仕様の着替シートが同梱され、差し替えることでキュアパッション仕様リンクルンの出来上がりである。
 なお、放映開始当時に変身アイテムリンクルンを購入しなかったお子様については、アカルンとリンクルンがセットになったうえ、キラキラ仕様の着せ替えシートが4種類(ピーチ、ベリー、パイン、パッション用)同梱されたお得な特別パッケージも存在している。ただ、これは放送開始当時にピルン(キュアピーチのパートナーピックルン)とセットになった物が存在していて、こちらはパッション用を除く3種類のキラキラ仕様の着せ替えシートが同梱であり、これを買ってしまった場合、追加のシートは単体売りのアカルンに付属するノーマル仕様しかないため、結構不親切である。キラキラシートがどうしても欲しければ、もう1体リンクルンが増えることになる訳だから。
 幸い、私はそのような愚行を冒さずにすみ、キラキラシートはGET出来ないが、そこの所は妥協できる範囲であろう。

 つぎに、キュアスティックに実装されていたキュアパッションの変身コールと名乗りのセリフについてだが、ほぼ予想通りだった。違っていたのはパッションハープの全体がキュアスティックに合体するのではなく、パッションハープ先端の飾りが取り外すことが出来て、それがキュアスティックの先端と合体すると言うことだけである。

 さて、話は変わるが、既存のプリキュアメンバーは必殺技を発動するときには必ず

 「悪いの、悪いの、飛んでいけ!」

 とコールしてから技名をコールするが、コスチュームからして、どこはかとなく清楚な雰囲気の漂うキュアパッションにこのセリフが似合わないのではと言う意見がある。ご存じの通り、キュアパッションの前身はあのイタイ子イースである。彼女は表面上はクールビューティを旨としている(心の内は情熱的で負けず嫌いだそうだが。)ので、やはりプリキュアになったからと言って、そんなこっ恥ずかしいセリフは死んでも(まあ、彼女は一度「死んで」いるのだが・・・)言えないだろう。
 それを思んぱかった制作者サイドは、彼女にふさわしい必殺技コールのセリフを用意した。下記の通りである。

 専用武器パッションハープ出現時、

 「歌え、 幸せのラプソディ! パッションハープ!」

 必殺技ハピネスハリケーン発動時、

 「吹き荒れよ! 幸せの嵐! プリキュア・ハピネスハリケーン!」

 追伸:明日ついに悪の華イースとしての人生に別れを告げた少女東せつなが、自らの意志でキュアパッションに変身し、専用武器パッションハープで、かっての同僚ラビリンス四天王の一人ウェスター操るナケワメーケを退治するようである。
 あと、前回のオタク話でも暗に苦言を呈したように、ハープという優雅なアイテムで敵を倒すのだから、もっと優雅な名前の必殺技のネーミングをして欲しかったと思う次第である。惜しいことだ。
 余談ではあるが、既存のプリキュア3人も専用装備である各キュアスティックを出現させたときにキュアパッションと同様にアイテム名をコールする。

 キュアピーチ
 「届け、愛のメロディ! キュアスティック ピーチロッド!」

 キュアベリー
 「響け、希望のリズム! キュアスティック ベリーソード!」

 キュアパイン
 「癒せ、祈りのハーモニー! キュアスティック パインフルート!」

7月20日追記:くだんの変身携帯リンクルンのキュアパッションモードでバグ(?)を発見した。まあ、バグと言うよりネタバレのような物であるが、実は記録されているキュアパッションの名乗りのセリフが少し違うのである。

番組中   :「真っ赤なハートは幸せのあかし、うれたてフレッシュ キュアパッション!
リンクルン :「まっかなハートはこうふくのあかし、うれたてフレッシュ キュアパッション!

 リンクルンは漢字を表示できない仕様であるため、当然セリフは全てひらがなとカタカナだ。おそらくこうなった原因は初期の設定時の名乗りのセリフは「幸せ」ではなくて「幸福」だったのであろうが、お子様が言いにくいので途中で変えたところ、既にリンクルンのメモリーチップのマスターROMがアップしてしまっていて、変更できなかったのであろう。従って、おそらく上述のアカルンとリンクルンのセットでは修正されていると思う。確認は出来ないのだが・・・
どなたか、買って調べて頂けないものであろうか・・・

|

« 2009年総合答練1 | トップページ | 先週の勉強 7/13~7/19 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/45667813

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた超オタク話9.9:

« 2009年総合答練1 | トップページ | 先週の勉強 7/13~7/19 »