« 先週の勉強 6/29~7/5 | トップページ | 先週の勉強 »

2009年7月12日 (日)

帰ってきた超オタク話9

 さて、いよいよ今日がフレッシュプリキュア!番組中のターニングポイント、新戦士キュアパッションの初お目見えの日である。

 諸説紛々のキュアパッションの正体は、やはりラビリンス四天王の一人「イタい子」イースであることが本日確定したのである。
 私は所用で本放送を見ることは出来ていないのだが、先ほどネット上をうろつき回り、いろいろな方の番組レヴィューを見て次のような内容であったことが分かった。

 親友東せつなの正体がラビリンス四天王のイースであることを知らされたラブ=キュアピーチは、悩んだ末にイース=せつなの心の内を確かめるため、あえてイースと拳を交える。
(前シリーズのプリキュア5からだが、女子児童向けにもかかわらずガチンコ勝負に持って行くのは世の中が変わってきている証拠なのか?)
 戦ううちに自分の心の中に押し込めていたラブへの本当の思いに気づき戦いを止めるイース。そして心を通い合わせることが出来たそのとき、管理国家ラビリンスの真骨頂! 何とイースの寿命を管理して今寿命が尽きたことにしてしまう。何とイースは「死亡」してしまうのだ。
(もしかしたら、管理していた寿命の内容がそういうことになっていたのかも知れない。こういう感じで死ぬという具合に。まさに某○○ノート!!)
 ところがイース(せつな)の魂の世界に、プリキュアのもと(フェレットの姿をした「妖精」タルト談)妖精ピックルンの最後の1体アカルンが登場。不思議な力でイースを蘇生、新たなる命、東せつな=キュアパッションへと生まれ変わらせてしまう。
 
 驚く四天王ウエスターとサウラー、転生したイース→キュアパッションを自分たちの方に連れ戻そうとする二人にキュアパッションはこう言い放つ。

 「私はもうイースではない!」

 やっと、4人目のプリキュアが誕生し、ここに幸せのクローバーの葉が全てそろった!
 喜ぶラブたちに、せつな=キュアパッションはこう語る。

 「私は、あなたたちの仲間になるには手を汚しすぎた・・・」

そして、いずこと無く去ってしまうのであった・・・・・

 ・・・といった感じであったが、何というか

 良くできた話

 であると言える。前々から言っているように、今回キュアパッションとして転生したイースという少女は悪の華としての登場時から、そのヒネくれた根性により私は「イタい子」と呼んでいた。そんなイタい子として非道の限りを尽くした彼女が正義のプリキュア戦士となるためには、一度悪の華としての人生を精算しなければならないわけで、そこで敵組織ラビリンスの存在がうまい具合に填っているのである。もしかしたら、このストーリーに持って行くための管理国家ラビリンスの組織設定だったのではないだろうか? 人間なかなか「死ぬ」と言っても「死ねない」物であるし、まさかキュアピーチに殺人(一応ラビリンス四天王も普通の「人間」であるという設定である)を犯させるわけにもいかないし、このストーリーなら小さいお子様も何の違和感もなく、新戦士キュアパッションを受け入れる事が出来るだろう。
 ちなみに、全然関係ない話になるが、日本の政治家さんたちはよく悪いことをして失脚しても、しばらくしたら
 「禊ぎは終わった。」
 と称して、いけしゃあしゃあとまた政治の表舞台に登場するが、この話を見習って潔く真の意味での「生まれ変わり」をしてから表舞台に登場もらいたい物である。

 追伸:私の考えたネタバレストーリーの内容は全然合致しなかった。やはり私ごときの腐った脳みそではシナリオライターさんに及ぶところではない。素直に負けを認めよう・・・ 
 なお、専用武器パッションハープから繰り出すキュアパッションの必殺技の名称は、
 「プリキュア ハピネスハリケーン!」
 だそうである。ちなみに、今日私が朝、某所に車で向かうときに考えた名称は、
 「プリキュア ハッピネス(思いついたたままの発音)シンフォニー!!」
 だった。なんせ専用武器が「ハープ」なのだから必殺技の名称も少しは優雅な物かと思ったのだが、「幸せ」で「吹っ飛ばす」のですね、東映動画さん・・・

7月13日追記。
 早速、東映動画や朝日放送のフレッシュプリキュア公式ホームページにキュアパッションが加わったプリキュアたちの画像がアップされたようだ、また、朝日放送の公式ページでは早々とキュアパッション=せつなの紹介文がアップ。それによると、いろいろな憶測が飛び交っていたせつなの口癖は、

「精一杯頑張るわ。」

だそうである。
 ちなみに、ラブたちの口癖の頭の文字を取れば番組のテーマである「幸せ」のひらがなに対応するのではということが言われていた。

ラブが「幸せ、ゲットだよ。」→し

美希が「あたし、完璧。」→あ

祈里が「わたし、信じてる。」→わ

だから4人目となるせつなの口癖は「せ」で始まる言葉にならなければならない。という訳で・・・

「精一杯」「頑張って」考えました・・・
          BY フレッシュプリキュア制作者サイド


なお、ネタとして全文を掲載しておこう。

東せつな/キュアパッション
声:小松由佳 
 
元はラビリンスの幹部イースだった。
ラブたちと触れ合ううちに、
「幸せになりたい!」
「みんなの笑顔を守りたい!」
という強い気持ちに目ざめ、
プリキュアとして生まれ変わる。
口癖は「精一杯頑張るわ」
「幸せ」の力で、キュアパッションに変身する。

|

« 先週の勉強 6/29~7/5 | トップページ | 先週の勉強 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/45609554

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた超オタク話9:

» フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション... [MAGI☆の日記]
フレッシュプリキュア!の第23話を見ました第23話 イースの最期!キュアパッション誕生!!「え、せつな…どうして、せつなが…?」「ピーチ、彼女は敵よ。せつなはラビリンスだったのよ!!」「嘘…だって、せつなは私の友達で…っ…」「私の目的はただ一つ。お前達を倒すこ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 18時22分

« 先週の勉強 6/29~7/5 | トップページ | 先週の勉強 »