« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月27日 (月)

先週の勉強 7/20~7/26

先週の勉強内容

 7月20日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法85-110(行政救済法)×1

 7月21日 2H 2009年度版法検3級
           行政法85-110(行政救済法)×1
           2009行政書士総合答練復習(採点のみ)
           問41-60

 7月22日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法85-110(行政救済法)×1
          ※テレビ見まくりデー・・・

 7月23日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法85-110(行政救済法)×1
          ※行政法5周終了・・・

 7月24日 1.5H 2009行政書士総合答練復習(精査)
           問1-20

 7月25日 2H 2009行政書士総合答練復習(精査)
           問21-40
          ※民法の部分が手間がかかったので・・・

 7月26日 1H 2009行政書士総合答練復習(精査)
           問41-60
          ※一般知識はあまり手間がかからない・・・

トータル7日間で11H。週平均1.42H 累計280H

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

次のキリ番は・・・

 どうやら19日の朝8時頃にキリ番を突破されたようです。
 (心当たりの方・・・ ほらそこの貴方です・・・)
 そんなわけで、次のキリ番を設定します。
 次のキリ番は・・・

 39366

 です。
 ちなみに、仮面ライダーディケイドのお陰で平成ライダーが再び脚光を浴びているようですが、この数字は仮面ライダークウガに出て来た、敵である古代の戦闘民族グロンギ族が使用した9進法の算術では10進法の60000に相当する数字となります。
 グロンギ語では、

 バギング バギング バギング バギング ギブグ
 (9×9×9×9×6)

 と読み上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

先週の勉強 7/13~7/19

先週の勉強内容

 7月13日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法58-84(行政救済法)×1周
          ※答練開始・・・

 7月14日 2H 2009年度版法検3級
           行政法85-110(行政救済法)×1周
           2009行政書士総合答練復習(採点のみ)
           問1-20

 7月15日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法58-84(行政救済法)×1周
          ※テレビ見まくりデー・・・

 7月16日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法85-110(行政救済法)×1周 

 7月17日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法58-84(行政救済法)×1周

 7月18日 1.5H 2009年度版法検3級
           行政法85-110(行政救済法)×1

 7月19日 0.5H 2009行政書士総合答練復習(採点のみ)
           問21-40
          ※1日中、色々と忙しくて・・・

トータル7日間で10H。週平均1.42H 累計269H

追伸:過日の答練の記事で書いたように、今日(7月20日)と来週(7月27日)の答練は所用のため、他日程に振り替えする。そのため、答練に関する記事はしばらく掲載出来ないのでご了承願いたい。ちなみに次に受ける答練は8月3日の4回目である。2回目と3回目はそれぞれ8月20日、27日に受けることになる予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

帰ってきた超オタク話9.9

 買ってしまった・・・
 キュアパッション専用アイテム「パッションハープ」のおもちゃを・・・
 何気に結構大人の手にもフィットする大きな持ち手である。本来のターゲットである幼稚園・保育園児に扱いきれるのだろうか・・・
 買ってしまった・・・
 キュアパッションのパートナーピックルン「プリキュアの妖精、幸せの紅い鍵(本(人?)談)アカルン」のおもちゃを・・・
 リンクルンにセットするキュアパッションカラーの着せ替えシートが付いているぞ。早速手持ちのリンクルンをキュアパッション仕様にした・・・ 私は大丈夫なのか・・・
 
 まあ、そんなことはどうでもいい(本当に?)以前のオタク話(←リンク埋めときます)で披露した疑問が、上記2アイテムを購入することで解消したのである。

 まず、どうやって後から既存のリンクルンにキュアパッション仕様を追加するのかと言うことだが、予想通りだった。方法としては、今回新発売のアカルンを一度リンクルンと赤外線通信させれば、解除コードが送信され、元々筐体にインプットしてあったキュアパッション関係のデータが使用可能となる仕組みらしい。また、アカルンのおもちゃのパッケージにはキュアパッション仕様の着替シートが同梱され、差し替えることでキュアパッション仕様リンクルンの出来上がりである。
 なお、放映開始当時に変身アイテムリンクルンを購入しなかったお子様については、アカルンとリンクルンがセットになったうえ、キラキラ仕様の着せ替えシートが4種類(ピーチ、ベリー、パイン、パッション用)同梱されたお得な特別パッケージも存在している。ただ、これは放送開始当時にピルン(キュアピーチのパートナーピックルン)とセットになった物が存在していて、こちらはパッション用を除く3種類のキラキラ仕様の着せ替えシートが同梱であり、これを買ってしまった場合、追加のシートは単体売りのアカルンに付属するノーマル仕様しかないため、結構不親切である。キラキラシートがどうしても欲しければ、もう1体リンクルンが増えることになる訳だから。
 幸い、私はそのような愚行を冒さずにすみ、キラキラシートはGET出来ないが、そこの所は妥協できる範囲であろう。

 つぎに、キュアスティックに実装されていたキュアパッションの変身コールと名乗りのセリフについてだが、ほぼ予想通りだった。違っていたのはパッションハープの全体がキュアスティックに合体するのではなく、パッションハープ先端の飾りが取り外すことが出来て、それがキュアスティックの先端と合体すると言うことだけである。

 さて、話は変わるが、既存のプリキュアメンバーは必殺技を発動するときには必ず

 「悪いの、悪いの、飛んでいけ!」

 とコールしてから技名をコールするが、コスチュームからして、どこはかとなく清楚な雰囲気の漂うキュアパッションにこのセリフが似合わないのではと言う意見がある。ご存じの通り、キュアパッションの前身はあのイタイ子イースである。彼女は表面上はクールビューティを旨としている(心の内は情熱的で負けず嫌いだそうだが。)ので、やはりプリキュアになったからと言って、そんなこっ恥ずかしいセリフは死んでも(まあ、彼女は一度「死んで」いるのだが・・・)言えないだろう。
 それを思んぱかった制作者サイドは、彼女にふさわしい必殺技コールのセリフを用意した。下記の通りである。

 専用武器パッションハープ出現時、

 「歌え、 幸せのラプソディ! パッションハープ!」

 必殺技ハピネスハリケーン発動時、

 「吹き荒れよ! 幸せの嵐! プリキュア・ハピネスハリケーン!」

 追伸:明日ついに悪の華イースとしての人生に別れを告げた少女東せつなが、自らの意志でキュアパッションに変身し、専用武器パッションハープで、かっての同僚ラビリンス四天王の一人ウェスター操るナケワメーケを退治するようである。
 あと、前回のオタク話でも暗に苦言を呈したように、ハープという優雅なアイテムで敵を倒すのだから、もっと優雅な名前の必殺技のネーミングをして欲しかったと思う次第である。惜しいことだ。
 余談ではあるが、既存のプリキュア3人も専用装備である各キュアスティックを出現させたときにキュアパッションと同様にアイテム名をコールする。

 キュアピーチ
 「届け、愛のメロディ! キュアスティック ピーチロッド!」

 キュアベリー
 「響け、希望のリズム! キュアスティック ベリーソード!」

 キュアパイン
 「癒せ、祈りのハーモニー! キュアスティック パインフルート!」

7月20日追記:くだんの変身携帯リンクルンのキュアパッションモードでバグ(?)を発見した。まあ、バグと言うよりネタバレのような物であるが、実は記録されているキュアパッションの名乗りのセリフが少し違うのである。

番組中   :「真っ赤なハートは幸せのあかし、うれたてフレッシュ キュアパッション!
リンクルン :「まっかなハートはこうふくのあかし、うれたてフレッシュ キュアパッション!

 リンクルンは漢字を表示できない仕様であるため、当然セリフは全てひらがなとカタカナだ。おそらくこうなった原因は初期の設定時の名乗りのセリフは「幸せ」ではなくて「幸福」だったのであろうが、お子様が言いにくいので途中で変えたところ、既にリンクルンのメモリーチップのマスターROMがアップしてしまっていて、変更できなかったのであろう。従って、おそらく上述のアカルンとリンクルンのセットでは修正されていると思う。確認は出来ないのだが・・・
どなたか、買って調べて頂けないものであろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

2009年総合答練1

 さて、1昨日に2年ぶりに予備校に総合答練を受講しに行って来た。このブログを行政書士関係の検索で引っかけて見に来られる方は当然ご存じの方が多いと思うが、この答練という演習講座は範囲を決めて行う模擬試験で、直前の公開模試と違って各回の出題範囲が事前に提示されている関係上、自分の現在の学習進度が試される物である。
 昨年答練を受けなかったのは、ただ単にフリーターで親のすねをかじっている関係上、資金を捻出出来にくい状況だったのもあるが、別段大きな法改正もなく、まあ答練ぐらいなら去年のをやり直せばいいやという感じでもったいないから取らんとこう(申し込まないでおこう)と考えたからであった。
 で、今年はちょうど申し込まないといけない時期に臨時収入が有ったことで、受けることにしたわけであるが、どうやら昨年の答練から6回ある答練を前半3回後半3回別々に申し込みできるようになったらしく、前半3回を基礎編後半3回を応用編と銘打って形式を変えたらしかった。
 そんなわけで、最初は応用編だけにしようと思っていたのだが、知り合いの受験生の方から、
 「私は昨年取りましたが、基礎編と応用編の違いが対して無いですよ」
と言うアドバイスを頂いたので、まあお金もあるしと言うわけで全6回一括で申し込みした次第である。
 前置きが長くなってしまった。早速今後の勉強の指針として、毎年の如く恥も外聞もなく、成績のいいとき悪いときにかかわらず得点内容を晒していくことにしよう。

2009年行政書士総合答練第1回目

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中33問 各4点につき132点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中10肢 各肢2点につき20点
    記述式
        3問中3問(うち3問は部分点)予想部分点合計40点
 法令合計185点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中11問 各4点につき44点

 総合得点300点中227点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)越え

 おかげさまで、寝不足とバイトが原因の腰痛でコンディションはあまりよくなかったにもかかわらず、そこそこの成績を収めることが出来た。あくまでも基礎編ではあるが故に難しいという印象はなく、何かイヤらしい論点を突いてくるなぁと感じた次第であった。 
 さて次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学     2問中  2問 
  憲   法     5問中  5問
  行 政 法    14問中 12問(マグレ当たり1問)
  地方自治法    5問中  4問
  民   法     9問中  7問
  商   法     5問中  3問
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法)   4肢中4肢
  2問目(行政法) 4肢中2肢
  3問目(行政法) 4肢中4肢

一般教養科目
  社会科学  6問中5問(マグレ当たり1問)
  情   報  5問中3問
  文章理解  3問中3問


 まあ、モチベーションが上がらなかったので、そこそこケアレスミスをしているようだが、おおむね満足の行く内容である。一応コツコツと基礎を固めてきた甲斐があってよかったと思う。今後ともこの調子を維持できるように頑張りたいと思う次第である。

追伸:答練は毎週月曜日に行われるスケジュールの分を、早く受けておきたいという理由から選択したのだが、来週再来週と所用があり、予備校に赴けない状況だ。仕方がないので、予備校のスタッフの方に確認を取って、行けない回は別のスケジュールの日に受けに行くことにした。
 なお、後日予備校から正式な成績表が発表されたら
(何と、成績表をWEBで見ることが出来るらしい。また、解説も今まではDVDを無料で配っていたが、WEBで見ることが出来るようにして解説DVD希望者は実費で配布するそうだ。まあ、今まで見たことがないからべつにどうでもいいのだが・・・)
「続きを見る」の機能を利用して書き込んでいくことにする。

続きを読む "2009年総合答練1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

先週の勉強

先週の勉強内容

 7月 6日 1H 2009年度版法検3級
           行政法31-57(行政法総論)×1周

 7月 7日 1H 2009年度版法検3級
           行政法1-30(行政法総論)×1周

 7月 8日 1H 2009年度版法検3級
           行政法31-57(行政法総論)×1周
          ※テレビ見まくりデー・・・

 7月 9日 1H 2009年度版法検3級
           行政法1-30(行政法総論)×1周

 7月10日 1H 2009年度版法検3級
           行政法31-57(行政法総論)×1周

 7月11日 1H 2009年度版法検3級
           行政法1-30(行政法総論)×1周

 7月12日 1H 2009年度版法検3級
           行政法31-57(行政法総論)×1周
         ※目的効果基準関係の用事で夕方まで・・・ 今週は勉強時間を思うように取る事が出来なかった・・・

トータル7日間で 7H。週平均1H 累計259H

追伸:この記事をアップしている7月13日から、いよいよ予備校の答練を受講しに行く。昨年より勉強時間が思うように延びていない中、どこまで私の今までの積み上げが通用するのか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

帰ってきた超オタク話9

 さて、いよいよ今日がフレッシュプリキュア!番組中のターニングポイント、新戦士キュアパッションの初お目見えの日である。

 諸説紛々のキュアパッションの正体は、やはりラビリンス四天王の一人「イタい子」イースであることが本日確定したのである。
 私は所用で本放送を見ることは出来ていないのだが、先ほどネット上をうろつき回り、いろいろな方の番組レヴィューを見て次のような内容であったことが分かった。

 親友東せつなの正体がラビリンス四天王のイースであることを知らされたラブ=キュアピーチは、悩んだ末にイース=せつなの心の内を確かめるため、あえてイースと拳を交える。
(前シリーズのプリキュア5からだが、女子児童向けにもかかわらずガチンコ勝負に持って行くのは世の中が変わってきている証拠なのか?)
 戦ううちに自分の心の中に押し込めていたラブへの本当の思いに気づき戦いを止めるイース。そして心を通い合わせることが出来たそのとき、管理国家ラビリンスの真骨頂! 何とイースの寿命を管理して今寿命が尽きたことにしてしまう。何とイースは「死亡」してしまうのだ。
(もしかしたら、管理していた寿命の内容がそういうことになっていたのかも知れない。こういう感じで死ぬという具合に。まさに某○○ノート!!)
 ところがイース(せつな)の魂の世界に、プリキュアのもと(フェレットの姿をした「妖精」タルト談)妖精ピックルンの最後の1体アカルンが登場。不思議な力でイースを蘇生、新たなる命、東せつな=キュアパッションへと生まれ変わらせてしまう。
 
 驚く四天王ウエスターとサウラー、転生したイース→キュアパッションを自分たちの方に連れ戻そうとする二人にキュアパッションはこう言い放つ。

 「私はもうイースではない!」

 やっと、4人目のプリキュアが誕生し、ここに幸せのクローバーの葉が全てそろった!
 喜ぶラブたちに、せつな=キュアパッションはこう語る。

 「私は、あなたたちの仲間になるには手を汚しすぎた・・・」

そして、いずこと無く去ってしまうのであった・・・・・

 ・・・といった感じであったが、何というか

 良くできた話

 であると言える。前々から言っているように、今回キュアパッションとして転生したイースという少女は悪の華としての登場時から、そのヒネくれた根性により私は「イタい子」と呼んでいた。そんなイタい子として非道の限りを尽くした彼女が正義のプリキュア戦士となるためには、一度悪の華としての人生を精算しなければならないわけで、そこで敵組織ラビリンスの存在がうまい具合に填っているのである。もしかしたら、このストーリーに持って行くための管理国家ラビリンスの組織設定だったのではないだろうか? 人間なかなか「死ぬ」と言っても「死ねない」物であるし、まさかキュアピーチに殺人(一応ラビリンス四天王も普通の「人間」であるという設定である)を犯させるわけにもいかないし、このストーリーなら小さいお子様も何の違和感もなく、新戦士キュアパッションを受け入れる事が出来るだろう。
 ちなみに、全然関係ない話になるが、日本の政治家さんたちはよく悪いことをして失脚しても、しばらくしたら
 「禊ぎは終わった。」
 と称して、いけしゃあしゃあとまた政治の表舞台に登場するが、この話を見習って潔く真の意味での「生まれ変わり」をしてから表舞台に登場もらいたい物である。

 追伸:私の考えたネタバレストーリーの内容は全然合致しなかった。やはり私ごときの腐った脳みそではシナリオライターさんに及ぶところではない。素直に負けを認めよう・・・ 
 なお、専用武器パッションハープから繰り出すキュアパッションの必殺技の名称は、
 「プリキュア ハピネスハリケーン!」
 だそうである。ちなみに、今日私が朝、某所に車で向かうときに考えた名称は、
 「プリキュア ハッピネス(思いついたたままの発音)シンフォニー!!」
 だった。なんせ専用武器が「ハープ」なのだから必殺技の名称も少しは優雅な物かと思ったのだが、「幸せ」で「吹っ飛ばす」のですね、東映動画さん・・・

7月13日追記。
 早速、東映動画や朝日放送のフレッシュプリキュア公式ホームページにキュアパッションが加わったプリキュアたちの画像がアップされたようだ、また、朝日放送の公式ページでは早々とキュアパッション=せつなの紹介文がアップ。それによると、いろいろな憶測が飛び交っていたせつなの口癖は、

「精一杯頑張るわ。」

だそうである。
 ちなみに、ラブたちの口癖の頭の文字を取れば番組のテーマである「幸せ」のひらがなに対応するのではということが言われていた。

ラブが「幸せ、ゲットだよ。」→し

美希が「あたし、完璧。」→あ

祈里が「わたし、信じてる。」→わ

だから4人目となるせつなの口癖は「せ」で始まる言葉にならなければならない。という訳で・・・

「精一杯」「頑張って」考えました・・・
          BY フレッシュプリキュア制作者サイド


なお、ネタとして全文を掲載しておこう。

東せつな/キュアパッション
声:小松由佳 
 
元はラビリンスの幹部イースだった。
ラブたちと触れ合ううちに、
「幸せになりたい!」
「みんなの笑顔を守りたい!」
という強い気持ちに目ざめ、
プリキュアとして生まれ変わる。
口癖は「精一杯頑張るわ」
「幸せ」の力で、キュアパッションに変身する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 6日 (月)

先週の勉強 6/29~7/5

先週の勉強内容

 6月29日 2H 2009年度版法検3級
           民法89-114(債権各論)×2周

 6月30日 1H 2009年度版法検3級
           民法115-135(家族法)×1周

 7月 1日 1H 2009年度版法検3級
           民法115-135(家族法)×1周
          ※テレビ見まくりデー・・・

 7月 2日 1H 2009年度版法検3級
           民法115-135(家族法)×1周

 7月 3日 1H 2009年度版法検3級
           民法115-135(家族法)×1周

 7月 4日 1H 2009年度版法検3級
           民法115-135(家族法)×1周
          ※民法5周終了・・・ 夕方から所用・・・

 7月 5日 1H 2009年度版法検3級
           行政法1-30(行政法総論)×1周

トータル7日間で 8H。週平均1.14H 累計252H

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

帰ってきた超オタク話8.9

 ここのところこの話ばっかりだが、ちまたで話題沸騰(?)のバトルヒロイン物プリキュアシリーズ第6作「フレッシュプリキュア」の話をしつこくやってみよう。
 どうやらネットでいろいろな話が飛び交っている4人目のプリキュア「キュアパッション」の初お目見えが7月19日放送分となるようである。と同時に専用アイテムであるハンディーサイズのハープ型武器「パッションハープ」も同時登場だそうである。当然のことながらそれに合わせてキュアパッション関係の玩具も発売される。
 ちなみに、まあ必要ないと思うがキュアパッションというキャラクターについてちょこっと解説を挟んでおこう。
なお、プリキュアの今までの主要キャラクターについては、下記リンク

 「帰ってきた超オタク話4」

に書いているのでそれを見て頂きたい。

 新戦士「キュアパッション」は4体いるピックルンという鍵型妖精の1体「アカルン」が「幸せ」の力に目ざめた人物に感応して、自身を携帯等の物質に融合させることにより赤色ボディのリンクルンという携帯型変身アイテムを発生させ、それによってその幸せの力に目ざめた人物が変身する。
 桃色のピックルン「ピルン」の力で「愛」の力に目ざめた少女、桃園ラブが変身する、

 ピンクのハートは愛あるしるし。もぎたてフレッシュ!
 「キュアピーチ」

 蒼色のピックルン「ブルン」の力で「希望」の力に目ざめた少女、蒼乃美希が変身する、

 ブルーのハートは希望のしるし、つみたてフレッシュ!
 「キュアベリー」

 黄色のピックルン「キルン」の力で「祈り」の力に目ざめた少女、山吹祈里が変身する、

 イエローハートは祈りのしるし。とれたてフレッシュ!
 「キュアパイン」

に続く4番目の戦士である。
 現時点では既出の3人と違ってだ誰が変身するのかは物語上明かされてはいない。ただしネット上では、ほぼ番組中に登場するある人物に決定と言うことで話が進んでおり、色々とネタバレ画像等も披露されてきた。なお、先のオタク話でも掲載したが、同番組の公式ホームページにもついに顔がはっきりと分かる正面からの全身像がアップされている。
 ちなみにそのある人物は、現在は番組中で敵側の悪の華として自らの信念を貫くために多大な苦痛と体力の消耗を余儀なくされており、特に先週6月28日放映分ではもはや痛々しくて見ていられないぐらいの疲弊度である。
 当然彼女はそれが自分にとって「果たすべき使命」であると思っているのだが、どうやら彼女が所属するパラレルワールドの中の1つにあるとされる「管理国家ラビリンス」の「総統メビウス」は彼女のその気持ちを利用してプリキュアを倒すための捨て駒にしようとしている節が見受けられる。それは彼女が総統メビウスにとってもう役立たたずと判断されたのか、またはそれが彼女の「管理された運命」なのかはわからない。
(「管理国家ラビリンス」では人の出生、死亡、就職、結婚等が全て国家によって決められているそうな。番組中でも「総統メビウス」の元に「クライン」なる人物が、出生率と死亡率の調整をしたとの報告をしていた場面があった。)
 しかしながら彼女はそれによってどんどん「FUKO(不幸)」になっていく。
(「総統メビウス」は全パラレルワールドを管理する野望に燃えており、そのために必要な無限メモリー「インフィニティ」を入手するために僕(しもべ)の四天王をつかって人間の負のエネルギー「FUKO(不幸)」を集めさせているのだ。)
 まあ、そういう理由で彼女は堕ちるところまで堕ち、そして悪の華としての全てを失ったとき、真の「幸せ」を手に入れることが出来て正義の戦士に「生まれ変わる」のだろう。
 そしてこう高らかに名乗りを上げるのだ。

 「真っ赤なハートは幸せのあかし。うれたてフレッシュ! キュアパッション!!」

追伸:ちなみにそのある人物は、今までその素性を隠して「キュアピーチ」こと桃園ラブの親友として振る舞ってきたが、どうやら7月5日放送分でその正体がばれるようだ。正体がばれることで彼女自身は失う物は何もないと思い込んでいるようであるが、彼女の心の奥底では失う物が多いことに彼女は気づいていない。そして、堕ちるところまで堕ちるのである。

7月5日追記
 どうやら、ちまたに流出した予想より一週早く、次週(7月12日)で某少女は悪の華としての人生を終え、正義の戦士としての人生を歩むことになるようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »