« 先週の勉強 5/18~5/24 | トップページ | 帰ってきた超オタク話8 »

2009年5月26日 (火)

裁判員制度




コネタマ参加中: 裁判員、やりたい?やりたくない?

 まあ、このネタは法律周辺職である行政書士を目指す私としては参加すべき物であろう。(いつもオタクな話ばかり参加しているので・・・)

 今回、私の所には裁判員に選任されたという通知は来なかったが、正直なところそれが来た場合参加するかどうかは迷うところである。
 何と言っても今回施行された裁判員制度は、「重大」な「刑事事件」に関して、裁判員が職業裁判官と量刑の合議をすると言う事で、平たく言えば犯罪者(と起訴された)人に対してその人生を奪う

「死刑」

の判決を下しうる事があるかも知れないという事にある。近時、和歌山カレー事件の最高裁判決で「死刑」が確定したある人のように、本人はやってないと主張する人に証拠の妥当性があれば、死刑の判決を下す手伝いをするわけで、もっと詳しく述べれば、自分だけが死刑をいやがって無期懲役が妥当だと主張しても、多数決で死刑が多ければ死刑の判決がその合議体の中では下される事になる。あまり後味のいい物では無い。なおかつその裁判内容についての個人的見解を述べる事も、守秘義務違反で刑事罰の対象になる事があるのだから人に言ってストレス発散する事も出来ず一人悶々としなければならないかも知れない。
 まあ、そんなわけで裁判員として裁判に参加してみたい気はするのだが、出来るならはっきりとこいつは悪人だと言い切れるような人の裁判に参加したい物だとおもう。

 追伸:冒頭にも述べたとおり、法律周辺職を目指す者としては後学のためにも機会があれば参加すべきだと言う意見もあろうが、いかんせん行政書士は裁判とはほとんど縁がない。(弁護士法72条違反)それなら、実務関係の糧として民事事件(まあ、刑事事件もだが)の裁判の傍聴に行った方がましなのではないかとも思うのである。

|

« 先週の勉強 5/18~5/24 | トップページ | 帰ってきた超オタク話8 »

コネタマ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/45115082

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度:

« 先週の勉強 5/18~5/24 | トップページ | 帰ってきた超オタク話8 »