« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

それとも発表する(BlogPet)

きょうは小熊猫(コパンダ)と勉強する?
それとも発表する?

*このエントリは、ブログペットの「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果

平成19年度行政書士試験結果

不合格

得点
   法令等
           択一式 五肢選択式    116点
                多肢選択式    16点
           記述式          採点されず
                   ※一般知識等の得点が基準点以下のため
  一般知識等
           択一式 五肢選択式     20点

合格基準
   次の要件のいずれも満たした者
   1 法令等科目の得点が 122点以上である者
   2 一般知識等科目の得点が24点以上である者
   3 試験全体の得点が180点以上である者

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

先週の勉強 1/21~1/27

先週の勉強内容

 1月21日 1H 法検4級憲法39-69 読み込み 

 1月22日 1H 法検4級民法1-27 読み込み 

 1月23日 2.5H 法検4級民法28-94 読み込み
          ※テレビ見まくりデー・・・

 1月24日 1.5H 法検4級民法95-108 読み込み
           法検4級憲法1-38 読み込み 

 1月25日 2H 法検4級憲法39-69 読み込み
           法検4級民法1-27 読み込み

 1月26日 1H 法検4級民法28-69 読み込み

 1月27日 0H
          ※朝から晩まで目的効果基準関係行事目白押し・・・ 

トータル7日間で10H。週平均1.42H 累計113H

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

心の叫び

 今日は2007年度行政書士試験の合格発表日だ。
 どうせ落ちているから見ない。

 今日は朝から何かむしゃくしゃして、1年の中で一番機嫌の悪い日になるかも知れない。

 自分を取り巻く諸々の環境で勉強が出来ないのか!
 お金がなければ、まともに勉強が出来ないのか!
 勉強時間が十分に取れない人は合格が出来ないのか!

 目的効果基準関係では、お金よりも大切な物があると言うが、勉強しないと合格できないなら、十分な時間とお金がないと人は幸せになれないのか!

 分からない。

 人生の中でこれほどむしゃくしゃしたことは数えるほどしかないが、今までの中で少なくとも3本の指に入るぐらいむしゃくしゃ度が高い。
 今日は一日悶々と過ごすかも知れない

 ただ、いくら叫んでみても仕方がない。月並みな言葉だが、

 「無いものを悩んでも仕方がない、今ある物でベストを尽くせ。」

 である。

 ・・・
 ・・・
 ・・・ ・・・
 少しは気が楽になったので、明日からの勉強頑張ろう・・・

 追伸:心の中に貯めておくのは精神衛生上良くないので、ブログにぶちまけました。お見苦しい点あったことと思いますがご容赦ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

話したかも(BlogPet)

きょう小熊猫(コパンダ)は、話したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

先週の勉強 1/14~1/20

先週の勉強内容

 1月14日 1H 法検4級憲法39-69 読み込み 

 1月15日 1H 法検4級民法1-36 読み込み
         ※もっと先まで行く予定だったが・・・

 1月16日 2H 法検4級民法37-108 読み込み
         ※テレビ見まくりデー・・・ 毎度のことだが、遊戯王GXとヘキサゴンを見た・・・

 1月17日 2H 法検4級憲法1-69 読み込み
         ※バイト休みの日・・・ 

 1月18日 2H 法検4級民法1-69 読み込み 

 1月19日 1H 法検4級民法70-108 読み込み
         ※法検4級15周完了・・・ 後5周・・・ 甥と遊戯王カードでデュエルする。1勝1敗・・・ 

 1月20日 1H 法検4級憲法1-38 読み込み
         ※半日、目的効果基準関係の用事で拘束・・・

トータル7日間で10H。週平均1.42H 累計103H

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

松の内もとっくに過ぎて・・・

 やろう、やろうと思って今まで放っておいたのですが、松の内がとっくに過ぎましたので、ブログペットの背景を変更します。
 追伸:しかしながらこの背景はブログペットにとっては住みやすい環境なのかどうかは疑問である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

先週の勉強 1/7~1/13

先週の勉強内容

 1月 7日 2H 法検4級民法1-69 読み込み 

 1月 8日 1.5H 法検4級民法70-108 読み込み 

 1月 9日 2H 法検4級憲法1-69 読み込み 
          ※テレビ見まくりデー・・・ ヘキサゴンとベストハウス123、3時間スペシャルを見た・・・

 1月10日 2H 法検4級民法1-69 読み込み

 1月11日 1H 法検4級民法70-108 読み込み
          ※午後より夕方まで、目的効果基準関係の用事・・・ 明日は臨時のバイト鍵当番。早く寝ないと・・・
 1月12日 0H
          ※頼まれごと有り、夜までかかる・・・ 

 1月13日 1H 法検4級憲法1-38 読み込み 

トータル7日間で10.5H。週平均1.5H 累計93H

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投稿(BlogPet)

きょう、usattyは正月早々っぽい投稿しないです。

*このエントリは、ブログペットの「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

続々・新年恒例松帆の湯2008

 さて、結局また三部構成になってしまった温泉ツアーの話の締めである。とにかく書き進めていこう。
 そんなこんなで(前回・前々回の話参照)淡路島側に降り立った私と明石阪神ファン君は岩屋港を後にして、いつもの通り、深夜のため淡路島内の交通機関(とはいうものの路線バス(淡路交通)しかないのだが・・・)が動いていないため、徒歩で松帆の湯のあるレクレーション施設「松帆の郷」に向かった。まあ、例に漏れず向かう道すがら世間話をしながら行くのだが、今回は特に特筆すべき話はせず、世間話程度だったので内容は割愛する。
 歩くこと約20分。私が勝手に命名した肥満殺しの坂を難なくクリアし、我々は松帆の湯にたどり着いた。確か前回の時は、かなり息切れしながら上ったような気がするが(運動不足で体重増加と筋力減退が起こっていたのだ)今回は確かに息切れはするが、それほどでもなく、またふくらはぎも痛くなることはなく、やはりバイトで1ℓの牛乳パックとかを陳列ケースに入れまくっていた事により以前の体力が戻ってきているのであろう。嬉しい限りであった。
 さて前々回の話で書いたとおり、今回は特に温泉での目新しい話はなかった。浴場はいつも入っている全身シャワーのある方が男湯になっていたので、ここぞとばかりに、何とも言えないこそばさがたまらない全身シャワーを楽しんだことは言うまでもない。
 風呂上がりは、淡路島名産タマネギせんべいをつまみながらドリンク&しばし休憩タイムである。いつもは営業していない食堂のテーブルに勝手に座って飲み食いするのだが、今回は食堂の入り口にバリケードがしてあって、入りにくい雰囲気を醸し出していたので、明石阪神ファン君と顔を見合わせた後、それじゃあという感じで、ロビーのソファーで飲食を行うことになった。
 しばらくくつろいでいると、そろそろ夜明けの時刻。私と明石阪神ファン君は、松帆の湯を後にして一路、岩屋港までの帰路のちょうど中間点にある「道の駅」あわじへ、初日の出の写真を撮影するために向かった。
 「道の駅」あわじには、海に面して大きな広場があり、初日の出を見ようと幾ばくかの人々がたむろしていた。
 ところが、冬型の気圧配置のせいで、東方向に位置する生駒山地に雪雲が掛かってしまっている。
 「ありゃー・・・ 雲が掛かってるでー」
 「初日の出拝めるかなぁー? 」
 私と明石阪神ファン君はその決定的なシーンをカメラに収めんと頑張ったのだが・・・
P1010821P1010822P1010823P1010824P1010825P1010826
 結局、ご覧のとおり初日の出は拝めなかったわけである。多分もう少し待てば完全に太陽が雲間から顔を出したのだろうが、それはもはや「日の出」ではない。私と明石阪神ファン君はそれ以上の滞在を断念し、
(実を言うと私には新年早々「目的効果基準関係」の行事があり、ある場所に向かわないといけなかったので、あまり長居が出来なかったのが主な理由である。明石阪神ファン君。申し訳ない・・・)
岩屋港に向かった。
 岩屋港で待つこと10数分。我々の乗るフェリーが岩屋港に接近してきた。今回乗船するのは黄色いラインが船体に入った予備役の船体「あさかぜ丸」である。「たこフェリー」の愛称で知られる明石淡路フェリーは、たこの絵が描かれた「あさしお丸」、イルカの絵が書かれた「あさなぎ丸」が主に就航しているのだが、「あさかぜ丸」は「あさしお丸」や「あさなぎ丸」が点検整備に入ったときに代わりに就航するのである。
 ちなみに岩屋港にはおそらく整備中であろう「あさなぎ丸」が係留されていた。今回は「あさかぜ丸」は「あさなぎ丸」の代替えなのである。
(タコフェリーについての詳しい話は昨年の温泉ツアーの話の際に書いているので、そちらを見ていただきたい。)
P1010827

明石海峡大橋を背に、岩屋港に入港せんとする「あさかぜ丸」の勇姿


 余談になるのだが、実は明石港から岩屋港までの航路は国道28号線の海上区間となっているそうなのである(Wikipediaより)つまり我々は国道の上を船で行き来することになっているわけで、ちょっとビックリである。その記事を見て、私は生活路線として地域に密着しているたこフェリーによりいっそうの愛着を持ってしまったことを記して今回の温泉ツアーの話の結びとしよう。

 追伸:蛇足であるが、もちろん明石まで帰ってきた我々は、毎度恒例の如くマクドで朝マックをしたのは言うまでもない。

おまけ
P1010828
「あさかぜ丸」!着岸


P1010829
ハッチオープン中・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

先週の勉強 12/31~H20.1/6

先週の勉強内容

12月31日 3.5H 法検4級民法1-108 読み込み
          ※何とか憲・民10周読み込み完了・・・ よいお年を・・・ 

平成20年
 1月 1日 0.5H 法検4級憲法1-15 読み込み 

 1月 2日 0.5H 法検4級憲法16-38 読み込み
          ※テレビ見まくりデー・・・ ヘキサゴンスペシャル3時間・・・

 1月 3日 1H 法検4級憲法39-69 読み込み 

 1月 4日 2H 法検4級民法1-69 読み込み 

 1月 5日 1.5H 法検4級民法70-108 読み込み 

 1月 6日 2H 法検4級憲法1-69 読み込み 

トータル7日間で11H。週平均1.57H 累計81.5H

追伸:正月の温泉ツアーの記事のアップは明日にさせていただきます。 m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリ番ってどこにあるかな(BlogPet)

小熊猫(コパンダ)はキリ番がほしいな。
キリ番ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

続・新年恒例松帆の湯2008

 さて、1昨日投稿した温泉ツアーの話の続きである。昨年までは、1日おくことなく投稿を続けたが、今年からバイト等で時間の拘束が厳しくなっているので、ようやく時間を見つけて投稿を行うことができた。前回この話の冒頭にも書いたが、正月3が日で仕事をしたのは、生まれてこの方今年が始めてである。色々不便なことも多いが仕方がない。おっと閑話休題。本題に入ろう。
 強風のため横揺れするたこフェリーの後部デッキ上で、「除夜の鐘108本正拳突き」のイベントを何とか無事に終了した私と明石阪神ファン君は、しばらくの間体をさまそうと言うことで、デッキにとどまっていた。当然のことながら、強風は収まらず、激しい波のために船体は絶えずロールし続けていた。強風は吹きすさび、挙げ句の果てには私の大事に使っているよそ行き用のメガネを顔から吹き飛ばし、運が悪ければ海上に吹きとばさんばかりに吹いていた。
(結構高い金が掛かっているメガネなので、海の藻屑と消えた日には目も当てられない・・・)
 しばらく海上を航行していて、私と明石阪神ファン君はふとあることに気が付いた。
 どちらからから話を持ちかけたのか覚えていないが(多分明石阪神ファン君からだったと思うが)、たこフェリーの航路がいつものものと違っているのに気が付いたのである。
 今回はかなり明石側よりを長い間航行しているのである。今まで3回たこフェリーに乗ったが、こんな航路を取ったのは初めてである。いつもは淡路島の岩屋港に向かって瀬戸内海を斜めに横切る感じの航路を取っていたのに・・・
 「えらいまた、変な航路とっとるなぁ・・・」
 「ああ、やっぱり風が強いからやろかなぁ?」
 そう話している内に明石海峡大橋が見えてきた。しかしながらいつもと違う航路を取っている関係上、かなり明石側に近い位置での通過である。
 私はさそくさとディパック
 (ちなみに余談であるが、私はこの記事を書くまで「ディバッグ」と間違えていた。元々の語源はDay Packらしく日帰りのハイキングなどに行くときのリュックサックのことを指すのだそうである。 ”Wikipediaより”)
 からカメラを取り出し、明石海峡大橋を撮影しようと試みた。ちなみに昨年はカメラのメモリーカードを入れるのを忘れて泣く泣く携帯で撮る羽目になったのであるが・・・
 しかしながら吹きすさぶ強風と高波を受けてロールする船体のお陰でカメラを固定できず、暗いためフラッシュが効かないので、シャッター速度を長めにせざるを得ず、結果的に下記のようにブレブレの写真となってしまった。
P1010815P1010817

(写真をクリックすると大きなサイズで見ることが出来ます。)
 私は明石阪神ファン君に、
 「多分うまいこと撮れてへんわ・・・」
 と言いつつ、これ以上の撮影を断念しカメラをしまった。
 明石海峡大橋を過ぎたあたりから、船は南向きに進路を変え、明石海峡を横断するような体制に入った。どうやら、安全と燃料の節約のため、無理に斜め横断をせずに、岩屋港の対岸ぐらいから一気に突っ切ってしまうつもりだったのかも知れない。まあ、私は航海士ではないから本当のところは分からないが・・・
 南に進路を取り始めてから、心なしか船のロールが激しくなったような気がした。時折船体はより激しく左右に揺れたりした。私はそんなに船酔いはする方ではないと思うが(あまり船に乗る機会がないので本当のところは分からないが・・・)酔いやすい人はたちまちグロッキーであろう。何か演歌で「波のまにまに~ 何とかの船が~(歌詞うろ覚え)」と言う歌があったと思うが、そんな感じであった。
 いつもの時より時間が掛かったような気がするのは気のせいだろうか?やっとのこと(そういう感じで)でたこフェリーは岩屋港に到着した。結局船のロールを楽しむ形でずーっと後部デッキにいた、私と明石阪神ファン君は下船準備を始めたのであった。

※すみません。もう少し話が残ってしまいました。後は、近日中に投稿したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れてた・・・

 昨日に投稿しようと思っていて忘れてしまっていたのですが、正月早々にキリ番を超えたみたいなので、次のキリ番を発表します。
 次のキリ番は・・・

 29893

です。


- 余談・・・ -

 グロンギ語ではバギング バギング バギング バギング ズゴゴ ド バギング バギング バギング ズガギとなります。
 ちなみに毎度書いているので、ご存じの方もいるかと思いますが、上記のグロンギ語の日本語訳は
 9×9×9×9×4+9×9×9×5
となるのですが、グロンギ語という架空の言語における数の数え方は9進法です。従って、9のところを10に変えると、
 10×10×10×10×4+10×10×10×5
            =10の4乗×4+10の3乗×5
              =10000×4+1000×5=45000
となります。つまり9進法で数を数えるグロンギ語の算術大系にとっては、上記数字「29893」はむちゃくちゃキリのいい数字であることが分かります。
 蛇足ですが、前回のキリ番は40000のつもりだったわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

新年恒例松帆の湯2008

 唐突だが、大学を卒業し就職してから18年。会社を辞めてから2年8ヶ月。だいたい正月3が日は目的効果基準関係の行事を除いて、特に何をしなければ行けないというわけでもないので、まったりと暮らしているのが常であった。しかしながら、今年は違った。昨年の6月半ばからバイトを始めたのであるが、某スーパーの早朝品出しという内容のため、お店の開店に合わせて今日からいきなり仕事である。私の人生の中では前代未聞の事である。まあ、自分で選んで就いた仕事であるから文句を言う筋合いではないのだが・・・

 で、本題にはいるが、くだんのスーパーは元日はお休みだった。よって親友の明石阪神ファン君(仮名)との温泉&初日の出ツアーに行くことが出来たわけで、例に漏れずその話をせねばなるまい。ただ、今回は主目的の温泉については大して面白いエピソードがなかった。
 だが、その日は道中(特に往路)で滅多にない体験をさせてもらったので、そのことを中心に記事にしようと思う。 なお、今回は時間と紙面の関係上、詳しい説明は省かせてもらうことにする。多分一緒に行った明石阪神ファン君ならいちいち説明しなくても分かると思うのだが、いろいろな経緯や事情等をすっ飛ばして文章を構成してしまうので、その辺はご了承頂きたい。
 
 松帆の湯についての詳しい内容をお知りになりたい方は、昨年と一昨年、松帆の湯へ言ったときの記事を書いております。とりあえず下記のリンクより当該記事をたどっていただいてご覧頂ければ幸いです。

 新年恒例松帆の湯


 ご存じの通り、大晦日から元旦の朝に掛けて日本列島は西高東低の冬型の気圧配置となり、かなり等圧線の間隔も混み合い強風が吹き荒れていた。大晦日の数日前から明石阪神ファン君と集合時間等の打ち合わせをしたりしていたが、大晦日当日の昼頃、彼よりメールが来て強風で我々が乗るフェリー(通称たこフェリー)が欠航になるかも知れないと言ってきた。
 私は、
 「たこフェリーは生活密着型の定期航路であるから、台風か台風クラスの強風が吹かない限りありえんやろ」
と言う内容の返答をした。
 まあ、私の予想通り欠航することはなかったので、その話はそれ以上二人の間では触れられることなく予定通り打ち合わせた時間の電車に乗り、
(大晦日から元旦はJR私鉄とも終夜運転を行っている。)
明石阪神ファン君と合流、フェリーに乗り込んだ。
 乗船後ほどなく船は出航した。私と明石阪神ファン君は昨年から始めた、気合い入れのためのイベント

 ”船上除夜の鐘108本正拳突き”

 を行うため客室を出て後部デッキに向かった。
 デッキに出てみると、船は港を出て、明石海峡を航行中であった。当然のことながら海上は陸上よりも強い風が吹いていて、波も荒かった。早速と言うことで私と明石阪神ファン君は上記イベントを始めた。
 しかし船がかなり波の影響を受けてロールし、私は明石阪神ファン君のように足腰を鍛えていないので、船の挙動に対して踏ん張りきることが出来ず、バランスを崩しながら這々の体で正拳突きを行う羽目となった。もっと足腰は鍛えておくべきであるなーと心の中で思った物である。
 さて、正拳突き108本も終わり、海に向かって極真空手の練習中に唱和されている道場訓を、明石阪神ファン君の主導の元一緒に唱和した。昨年は、著作権がらみの問題でややこしくなってはいけないと思い、掲載を控えたが、唱和の後たまたまその話になって、別に極真空手のオリジナルではないのでいいのではないかという、明石阪神ファン君の話であった。幸い昨年メールにて全文を送ってもらってあるため、今回は掲載してみることにする。


極真空手では稽古終了時に道場訓を道場生全員で唱和し極真精神を確認します。

一、吾々は心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること
一、吾々は武の神髄を極め機に発し感に敏なること
一、吾々は質実剛健を以て克己の精神を涵養すること
一、吾々は礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと
一、吾々は神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること
一、吾々は智性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること
一、吾々は生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること

 明石阪神ファン君の話によると、この内容は極真空手の創設者、伝説の牛殺しマス大山こと大山倍達の敬愛する剣豪宮本武蔵の書から取ったものらしい。最近のへんちくりんな教育のせいでダメダメになっているヤングに(私もオッサンになったものだ・・・)肝に銘じさせたいすばらしい物だと感じ入る次第である。

※今回は何とか1回のコメント内で収めようと思ったのですが、どうも無理みたいなので分割させてもらいます。ご容赦下さい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます。

 2008年が明けました。
 今年は今まで以上に気合いと努力で乗り切るつもりです。
                              タカくん

 追伸:松の内が明けるまでブログペットの背景を正月バージョンにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »