« 先週の勉強 7/30~8/5 | トップページ | 2007年総合答練4 »

2007年8月 8日 (水)

2007年総合答練3

 さて答練3回目である。ちまたの情報ではかなり難しいという噂がある回だったが、当然と言うべきか、かなり手こずった上に、見事轟沈であった。そのはずかしい成績は下記の通りである。

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中20問 各4点につき80点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中9肢 各肢2点につき18点
    記述式
        3問中2問完答
        各20点につき40点
 法令合計155(146)点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中5問 各4点につき20点←足きり

 総合得点300点中158点、教養が足切り。基準点6割として未到達
 6割基準未到達の上に、教養が足きりである。全くもってさんざんたる成績である。こんな状態では今年も合格は怪しいものだ。
 さて次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学    2問中  1問 
  憲   法    5問中  2問 BAD!
  行 政 法    14問中  9問(マグレ当たり2問)
  地方自治法   5問中  1問(マグレ当たり1問) VERYBAD!
  民   法    9問中  4問 BAD!
  商   法    5問中  3問(マグレ当たり3問)
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法) 4肢中2肢
  2問目(行政法)4肢中4肢
  3問目(情公法)4肢中3肢

一般教養科目
  社会科学   6問中2問 BAD!
  情   報   5問中2問 BAD!
  文章理解   3問中1問 超VERYBAD!

 見てもらえば分かるとおり、憲法、民法がきっちりとれなければ、法令の得点は伸びない。今回の問題は個数が多くてかなり悩ましい問題が多かった。悔しいが昨年受けた本試験でも個数が多用され、揺るぎない基礎知識が問われていたことを鑑みると、答練程度で手こずっているようではどうしようもない。
 また、2回目の答練からだが、文章理解の得点率が恐ろしいぐらい悪くなっている。もう一度演習をして問題パターンを頭に刻み込まなければならないが、とにかくこの無惨な成績をしっかり分析して模試につなげなければならない。残された時間は少ないのである。 

|

« 先週の勉強 7/30~8/5 | トップページ | 2007年総合答練4 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/16046656

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年総合答練3:

« 先週の勉強 7/30~8/5 | トップページ | 2007年総合答練4 »