« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月27日 (月)

先週の勉強 8/20~8/26

 答練も終わり、9月末頃からの模試までしばらくは自宅での学習が続くが、このペースではどうやら法検3級を全て終える頃には本試験が始まってしまう。答練と模試の復習もあるので、出来るだけペースを上げたいところだが・・・

先週の勉強内容

8月20日 4H 総合答練4回目正誤考察のみ
          法検3級行政法1-46(行政法総論)×2周

8月21日 2H 総合答練5回目自己採点のみ 
          法検3級行政法1-46(行政法総論)×1周

8月22日 3H 法検3級行政法1-46(行政法総論)×2周
          ※遊戯王GXのみ見た・・・

8月23日 4H 総合答練5回目正誤考察のみ
          法検3級行政法1-46(行政法総論)×1周

8月24日 0.5H 総合答練3回目自己採点のみ
          ※点数の悪さに衝撃を受けて・・・

8月25日 3H 法検3級行政法1-46(行政法総論)×2周

8月26日 0H 
         ※会議等で外出・・・

トータル7日間で16.5H。週平均2.36H

 まだまだ勉強時間が足りない。もっとやらなければと思うが、どうしても体が言うことを聞かない。出来る限りのことはやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

2007年総合答練6

 さて、6回にわたった答練も今回が最終回。満を持して望んだわけだが結果の方は・・・

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中26問 各4点につき104点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中10肢 各肢2点につき20点
    記述式
        3問中3問(うち3問は部分点)予想部分点合計40点
 法令合計164点
 
一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中6問 各4点につき24点

 総合得点300点中188点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)越えぎりぎり

 取り立てて悪いというわけではない。しかしながら残念な結果である。よりによって一番最後に一花飾れないとは・・・ 
 今回は、明日(正確には今日)のバイトが休みなので、早い目に自己採点をしておいて対策を考えなければと思い立った。だから帰りの電車の中で採点をした。案の定答練を受けているときによぎった一抹の不安が現実となったのである。
 実は5回目は、見直しをせずに帰ったのでどうかなと思っていたと書いたが、実のところは不安もあったが、ある程度の手応えを感じていたのも事実である。だが今回はそれがあまりなかった。それがこの結果につながったのであろう。
 さて次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学    2問中  2問 
  憲   法    5問中  3問
  行 政 法   14問中  9問(マグレ当たり1問) BAD!
  地方自治法   5問中  1問(マグレ当たり1問) VERYBAD!
  民   法   10問中  7問
  商   法    5問中  3問(マグレ当たり2問)
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法)  4肢中3肢
  2問目(行政法) 4肢中3肢
  3問目(民法)  4肢中4肢

一般教養科目
  社会科学  6問中4問 
  情   報  5問中0問 超VERYBAD!
  文章理解  3問中2問

 やはり行政法がとれないと得点率が悪い。なおかつ今回は一般教養の情報が全滅と恐ろしいことになってしまっている。
 ちなみにお世話になっている講師のお話を風の噂でお聞きしたのだが、答練の5・6回目は昨年の本試験レベルだとおっしゃっているそうだ。しかしながら、6回目の答練を答え合わせしながらつらつらと考えるに、6回目こそが真に昨年の本試験レベルであったのではないだろうかと思う。何というか問題の出題パターンが5回目より6回目の方が昨年受けた2006年度本試験に酷似している気がするのである。
 講師はいつもおっしゃっておられるように、昨年度試験の延長線上に今年の試験のレベルがあるので、昨年度試験レベルでそこそこの得点しかとれていない状態に私にとっては、やはり合格への道は厳しいものとなるのであろう。もはや時間はない。どれだけ食らいついていけるか分からないが、やるしかないのである。

追伸:記述だが、自分的に少し辛めの採点をしてみたつもりだが、万が一予想得点を下回った場合、最悪は合格基準点に届かないという事態が起こりうる。憂慮すべき事態だが、3週間ほど待たないと結果が出ない。困ったものである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

台風を受験したかも(BlogPet)

きょうは、台風を受験したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

2007総合答練5

 今週のはじめに、1週間ぶりに答練の5回目を受けてきたが、これを投稿する前の「先週の勉強」にも書いたのであるが、先週末は目的効果基準関係の大きなイベントがあり、その疲れを引きずってバイトをした為4回目ほどでは無かったが、かなりコンディションはよくなかった。
 それゆえ、今まで答練を受けてきて始めてのことであるのだが、終了時間前に答案を窓口に提出して解答等をもらって帰る、いわゆる早出しをしてしまった。
(余裕こいていると思われるのだが、実際のところは問題の見直しはするにはしたが、それ以上適切な解答が思い浮かばず、「もういいや! 明日もバイトで早いし、しんどいし。」(タカくん心の叫び)というのが偽らざる心境であった。)
 そんなていたらくであるから、昨日こわごわと答え合わせをしたわけであるが・・・
 成績は以下の通りであった。

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中32問 各4点につき128点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中11肢 各肢2点につき22点
    記述式
        3問中3問完解無し。
        各20点につき部分点合計予想20点
 法令合計170点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中9問 各4点につき36点

 総合得点300点中206点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)越え
 思ったよりいい成績である。まさか200点を超えるとは思わなかった。記述の採点が厳しければ200点越えはないが、それでもこれが本試験であれば、択一式の得点だけで合格基準の6割を超えるため、余裕で合格である。乞い願わくば、本試験もこのような状態であれば助かるのだが世の中はそうは甘くはないだろうなぁと思う。

 さて次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学    1問中  1問 
  憲   法    6問中  6問
  行 政 法  14問中 13問(マグレ当たり1問)
  地方自治法  5問中  2問(マグレ当たり1問) BAD!
  民   法   9問中  6問(マグレ当たり1問)
  商   法   5問中  4問(マグレ当たり4問)
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法) 4肢中4肢
  2問目(行政法)4肢中3肢
  3問目(憲法) 4肢中4肢

一般教養科目
  社会科学   6問中4問(マグレ当たり4問) 
  情   報   5問中2問
  文章理解   3問中1問 超VERYBAD!

 法令の点数がすこぶるいい。特に憲法は全問正解である。なにげに嬉しい。目立って地方自治法をのぞきこれと言って悪かった科目はないが、商法は全部マグレ当たり(一応選択肢の精査はしたが・・・)なので答練の復習の際に答練の問題を読み込まなければならない。特に今年から新会社法の施行により、商法の出題傾向が変わるため、今年の基幹講座のテキストがほしいところではあるが、無いものをねだっても仕方がないので、昨年のテキストをベースに法検などでフォローするしかない。
 一般教養は今回の答練全体に共通することであるが、文章理解と情報の点数が伸び悩んでいる。前回の答練の投稿の時にも書いたが、直前期には文章理解のフォローも必要であろう。
 とにもかくにも答練はあと1回。頑張っていくしかない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

先週の勉強 8/13~8/19

 先週末は目的効果基準関係のイベントがありほとんど勉強できなかったが、法検もついに行政法に入った。とりあえずは突き進んでいくしかない。

先週の勉強内容

8月13日 2H 法検3級民法88-114(債権各論)×2周
          ※今週は答練がない・・・

8月14日 2H 法検3級民法88-114(債権各論)×2周
          ※債権各論20周終了・・・ 家族法はとばして、先に行政法に入る

8月15日 1.5H 法検3級行政法1-46(行政法総論)×1周
          ※テレビ見まくりデーの日だったが、最近は遊戯王GXだけしかちゃんと見ていない・・・

8月16日 3H 法検3級行政法1-46(行政法総論)×2周
          ※今日はバイト休みの日・・・ ついでの話だが、答練は今日もない・・・

8月17日 1.5H 法検3級行政法1-46(行政法総論)×1周

8月18日 0H 
          ※目的効果基準関係イベントの関係で・・・
8月19日 0H
          ※上記に同じ・・・

トータル7日間で14H。週平均2H

 今回は行政法総論の読み込みに際し、行政手続法に入るまでをターゲットにしたため、問題数が46問となり、1周に掛かる時間が1時間半となった関係で結構勉強時間がとれているが、それでも20時間にも届いていない。どちらにしても、現在は限られた勉強時間でやっていくしかないため、地道にこつこつ進んでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

カテゴリー追加

 お知らせと言うほどのものではないのだが、自分でも探し出す時に面倒なので、この度カテゴリーに「オタク話」を追加した。
 だからどうしたと言われると困るのだが、今後純粋なオタク話
(純粋じゃないのもあるのかとつっこまれそうだが、旅行とかグルメとかを絡めない純粋なオタク話という感じだ。)
はこのカテゴリーで登録するので、一応お知らせしておきます。
(誰に?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

先週の勉強 8/6~8/12

 今日、明日と諸事雑事多忙にて、今回の勉強内容の記載は内容のみとさせて頂いて、コメントは控えさせていただきます。 m(_ _)m

先週の勉強内容

8月 6日 3H 総合答練2回目正誤考察のみ
          法検3級民法88-114(債権各論)×2周
          ※債権総論10周終了・・・ 

8月 7日 0.5H 総合答練3回目自己採点のみ
          ※あまりの点数の悪さと眠気にノックダウン・・・

8月 8日 2H 法検3級民法88-114(債権各論)×2周
          ※本来はテレビ見まくりデーの日だったが、遊戯王GXだけ見て、後はパス・・・

8月 9日 2H 総合答練3回目正誤考察のみ
          法検3級民法88-114(債権各論)×1周
8月10日 0.5H 総合答練4回目自己採点のみ
          ※バイトは休みだったが、午後から爆睡・・・

8月11日 2H 法検3級民法88-114(債権各論)×2周 

8月12日 2H 法検3級民法88-114(債権各論)×2周
          ※債権各論残り4周・・・

トータル7日間で12H。週平均1.72H

追伸:ちなみに今週は答練はないので、5回目・6回目は来週となる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

2007年総合答練4

 さて、昨日は答練の4回目であったが、お盆が近くなりバイトの方が忙しくなった上に、相変わらずの目的効果基準関係の用事等のお陰で疲労がピークに達していたのか、全ての問題を書き終わるまでは異様にテンションが高かったのだが、書き終わったとたん強烈な睡魔に侵され十数分間意識がとぎれる事態が発生し、終了15分前に目覚めたのだが体がだるかった。
 そのため問題の見直し等が出来ずどうかなと思っていたのだが、結果は下記の通りとなった。

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中28問 各4点につき112点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中12肢 各肢2点につき24点
    記述式
        3問中2問完答、1問部分点
        各20点につき部分点10点で合計50点
 法令合計186点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中7問 各4点につき28点

 総合得点300点中214点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)越え

 自分ながら思ったよりいい成績で、前述の状態であったにもかかわらずここまで持ってきていることは喜ばしいことである。(自画自賛かも?)個々の内容を見れば憂慮点はあるのだが、それはそれとして結構嬉しい。

 次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学    2問中  1問 
  憲   法    5問中  4問
  行 政 法  14問中  9問
  地方自治法  5問中  4問(マグレ当たり3問)
  民   法   9問中  8問
  商   法   5問中  2問(マグレ当たり2問)BAD!
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法)  4肢中4肢
  2問目(行政法) 4肢中4肢
  3問目(憲法)  4肢中4肢

一般教養科目
  社会科学   6問中3問 
  情  報    5問中3問
  文章理解   3問中1問 超VERYBAD! 

 先のも書いたとおり憂慮点としては文章理解と情報の得点が意外と伸びないことだ。まあ、未だ教養対策は全然と言っていいほど行っていないので、ここまで持って来れているのは御の字かもしれないが、文章理解と情報は先生の本試験合格戦術では対処法があるので、力を入れるべきところである。法検3級終了後にすぐにでも対処すべきであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

2007年総合答練3

 さて答練3回目である。ちまたの情報ではかなり難しいという噂がある回だったが、当然と言うべきか、かなり手こずった上に、見事轟沈であった。そのはずかしい成績は下記の通りである。

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中20問 各4点につき80点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中9肢 各肢2点につき18点
    記述式
        3問中2問完答
        各20点につき40点
 法令合計155(146)点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中5問 各4点につき20点←足きり

 総合得点300点中158点、教養が足切り。基準点6割として未到達
 6割基準未到達の上に、教養が足きりである。全くもってさんざんたる成績である。こんな状態では今年も合格は怪しいものだ。
 さて次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学    2問中  1問 
  憲   法    5問中  2問 BAD!
  行 政 法    14問中  9問(マグレ当たり2問)
  地方自治法   5問中  1問(マグレ当たり1問) VERYBAD!
  民   法    9問中  4問 BAD!
  商   法    5問中  3問(マグレ当たり3問)
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法) 4肢中2肢
  2問目(行政法)4肢中4肢
  3問目(情公法)4肢中3肢

一般教養科目
  社会科学   6問中2問 BAD!
  情   報   5問中2問 BAD!
  文章理解   3問中1問 超VERYBAD!

 見てもらえば分かるとおり、憲法、民法がきっちりとれなければ、法令の得点は伸びない。今回の問題は個数が多くてかなり悩ましい問題が多かった。悔しいが昨年受けた本試験でも個数が多用され、揺るぎない基礎知識が問われていたことを鑑みると、答練程度で手こずっているようではどうしようもない。
 また、2回目の答練からだが、文章理解の得点率が恐ろしいぐらい悪くなっている。もう一度演習をして問題パターンを頭に刻み込まなければならないが、とにかくこの無惨な成績をしっかり分析して模試につなげなければならない。残された時間は少ないのである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

先週の勉強 7/30~8/5

 さて先週の勉強をアップするが、先週より週2回で答練が始まり結果等も分析せねばならないので、答練終了までの間はさらっと内容を記載するだけにしようと思う。

先週の勉強内容

7月30日 2H 法検3級民法89-114(債権各論)×1周
          法検3級民法89-102(債権各論)×1周
          ※今日から答練が始まるのに、法検は主要三法すら終わっていない・・・

7月31日 1H 法検3級民法103-114(債権各論)×1周
          総合答練1回目自己採点のみ 
          ※答練明け疲れか? とても眠かった・・・

8月 1日 1H 法検3級民法89-114(債権各論)×1周
          ※本来はテレビ見まくりデーの日だったが、見る気も起きず・・・

8月 2日 4H 総合答練1回目正誤考察のみ
          法検3級民法89-114(債権各論)×4周
          ※4周の内の3周は久しぶりに予備校の教室で・・・ クーラーが効いてやはり快適・・・
8月 3日 2H 総合答練2回目自己採点のみ
          法検3級民法103-114(債権各論)×1周 
8月 4日 0H 
          ※外出等諸事情で勉強時間とれず・・・
8月 5日 0H 
          ※上に同じ

トータル7日間で10H。週平均1.43H

 まあ、2桁ラインは死守したが、最低レベルの勉強時間である。
 しかしながら全くしないよりはまし、少しずつでも進んでいこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 4日 (土)

2007年総合答練2

 1昨日、予備校に総合答練の2回目を受けに行ってきた。答練も土曜日の昼からと言うコースで受験すれば、次の日が楽になるのだが、日程的にどうしてもこの月・木週二回の分が都合がいい。答練の復習が追いつかないのが難点だが、弱点補強のためには答練は出来うる限り早く受けておくべきであろうと思う。
 さて、それでは今回の結果を書くのであるが、内容的には多々問題のある結果であったのが悔やまれる。

法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中25問 各4点につき100点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中11肢 各肢2点につき22点
    記述式
        3問中3問(うち1問は部分点)
        各20点につき2問完答で40点、1問予想部分点5点(0点) 合計45(40)点
 法令合計167(146)点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
       14問中8問 各4点につき32点

 総合得点300点中199(194)点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)越え
 ※記述式は予想得点を記入し、( )内に最低のケースの予想得点を記入した。

 一応は合格ラインは突破しているのだが、個々の内容で問題点が多い。詳しくは下の個別考察に譲るが、多分内容を見たら、私が師事する先生は卒倒するのではないだろうか。それでは、記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学    2問中  2問 
  憲  法     5問中  5問
  行 政 法   14問中  8問 BAD!
  地方自治法   5問中  1問(マグレ当たり1問)VERYBAD!
  民   法    9問中  4問 BAD!
  商   法    5問中  4問(マグレ当たり4問)
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法)  4肢中4肢
  2問目(行政法) 4肢中3肢
  3問目(行政法) 4肢中4肢

一般教養科目
  社会科学  6問中6問 (マグレ当たり1問)
  情   報  5問中2問 BAD!
  文章理解  3問中0問 超VERYBAD!

 ご覧の通り、憲法以外には、まともに得点できているものがない。特に地自法はほぼ壊滅、行政法も民法もぱっとしていない。さらに憂慮すべきは一般教養で文章理解が全て全滅、情報関係が半分もとれていないのに社会科学は全問正解という先生直伝攻略法の逆を行くというていたらく。まあ、文章理解は不得意な文書整序の問題が2問出ていたと言うのもあるがそれでも、残りの下線部要旨把握の問題は考えたあげく間違えたので悔やまれる。
 振り返ってみれば、今回の答練は私的には全体的にかなり手こずった問題が多かったのは事実である。それはすなわちどこかに勉強の穴があると言うこと。穴を埋めないと本試験でその穴から不合格と言う闇に落ちてしまう。落ちないためには法検3級をよりいっそうの精密度に仕上げなければならない。時間は限られているが頑張っていきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

帰ってきた超オタク話1

 最近自粛していたのだが、どうしても書きたい話が出来たので、久しぶりにオタク話をすることにする。

 さてそのネタとは、
 「Yes! プリキュア5」
 と言う番組である。
 以前、ふたりはプリキュアSplash☆Starという番組をオタク話で書いたが、Yes!プリキュア5はその後番組にあたる。
 今回はいろいろとプリキュアシリーズ初の試みが成されており、その一つとして今までのようにふたりで敵と戦うのではなく、同じ学校の中学生の5人(1年生1人、2年生2人、3年生2人)で敵と戦うというものである。
と言うわけで、当然のごとく番組名から「ふたりは」というフレーズが抜けたわけで、キャッチコピーは
 「プリキュア初のチームバトル」
と言うものである。
 このコンセプトチェンジによって、かの美少女戦士セーラームーンに似てきてしまったのはご愛敬であるが、それでもいろいろと斬新な試み(構成メンバーの学年が違う(上記参照)セーラームーンに出てくるセーラー戦士の主要メンバーは同じ学年だった)もなされている。

 ※物語の内容および設定等の詳しくは-Wikipedia-Yesプリキュア5-を見て下さい

 ちなみに、プリキュアシリーズは姪に見せてやるという理由で、録りためているわけであるが、実際のところは意外と見ていて面白いので結構はまっている。

 さて、それでは本題にはいるが、そのプリキュア5の先日の放送で、とんでもない必殺技が登場した。

 プリキュア5の新登場合体必殺技
 プリキュア・ファイブエクスプロージョン
104_0001
これがその発動シーンだ!

(写真はクリックすると別ウインドーで大きなものが見れます)

 プリキュア5のメンバーがけったいな飛行物体に搭乗し、そのまま敵に体当たりをかます、プリキュアシリーズ(東映美少女ヒロインものでも)初の乗り物(?)を使った物理攻撃である。
 (元祖たるセーラームーンですら額のティアラを武器として投げたり、ロッドと称する杖から、光線とかを出して敵を倒すことはあったが、飛行する武器に乗って敵を倒すのはこれが初めて)
 プリキュア5のメンバーは今までは各個人が必殺技を持っているのみであったが、やはりチームバトルという観点からこのような合体必殺技が登場することになったのであろう。私はこの必殺技のシーンを見てある古いタツノコプロ制作のあるアニメを思い出してしまい、ちょっとしたノスタルジーに浸ってしまった。
 そのアニメとは科学忍者隊ガッチャマンなのであるが、ちなみに科学忍者隊の奥の手をご存じであろうか?
 プリキュアファイブエクスプロージョンはその奥の手とコンセプトがかなりに通っているのである。
 すなわち、飛行物体より吹き出すエネルギーが、虹色の蝶の形を成しまさに・・・

 科学忍法火の鳥!

ならぬ

 プリキュア魔法(?)虹の蝶!?

104_0002
これがそのシーン


 さすがに「科学忍法火の鳥」のシーンは持っていないので、興味を持たれた方は科学忍者隊ガッチャマンをケーブルテレビのアニマックスとかDVDも発売されているので見ていただければ幸いです。

 追伸:余談であるが、このプリキュアファイブエクスプロージョンという技は、醸し出す雰囲気としては科学忍法火の鳥だが、技のコンセプト的にはガッチャマンF(科学忍者隊ガッチャマン第3作目)の必殺技科学忍法ハイパーシュートに近い感じがする。ただし、ハイパーシュートという技はガッチャマンG-1号こと大鷲の健がガッチャスパルタンというメカの外で剣を構えてそのままつっこんでいく為、技の影響により自身の体の細胞破壊という羽目に陥るのである。そして雰囲気が似ている科学忍法火の鳥ですら強力なG(重力)でゴッドフェニックス(ガッチャマンの飛行メカ)内に搭乗しているガッチャマンたちは苦しんでいた。しかしながら当然のことだとは思うのであるが、プリキュアのメンバーは技の発動時に苦しむ様子もない。それがまた、ヒロインものたるゆえんであるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

2007年総合答練1

 さて、1昨日に本年度の総合答練を、以前よりお世話になっている、ある資格専門学校で受験した。今年はその専門学校の基幹講座を受けず、独学で頑張ってみたわけであるが、その成果を答うものであったわけであるが、成績は下記の通りとなった。

 法  令 
   択一式
    五肢選択式
       40問中30(29)問 各4点につき120(116)点
    多肢選択式
       12問(4肢×3問)中10肢 各肢2点につき20点
    記述式
        3問中1問(うち2問(1問)は部分点)
        各20点につき部分点15点(10点)で合計15(10)点
 法令合計155(146)点
 
 一般教養 
   択一式
    五肢選択式 
        14問中9問 各4点につき36点

 総合得点300点中191(182)点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)越えぎりぎり
 ※択一式では民法で1題答えを写していなかったのがあり、( )内にその問題が間違えていた場合の得点を記入記述式は予想得点を記入し、( )内に最低のケースの予想得点を記入した。

 ご覧の通り、さんざんな成績である。特に記述式は論点そのものを外してしまい、全くもって情けない解答をしたものが1問あった。記述式では完璧に論点をヒットさせたものはなく、全ては部分点頼みの情けないものである。
 それと、法検3級までが固まっていれば、楽勝で満点を取れるはずの多肢選択式で2肢落としたのも情けない限りだ。まあ、昨年の法令の得点比率から見ると得点率は上昇している方なのだが、それでもまだまだである。

 さて次は記述式をのぞく各内容について詳しく見てみることにする。

法令科目
 五肢選択式
  基礎法学   2問中  2問 
  憲   法   5問中  3問
  行 政 法  14問中 10問(マグレ当たり1問)
  地方自治法  5問中 3問(マグレ当たり1問)
  民   法   9問中  8(7)問
  ( )内は解答不明の問題が不正解だった場合
  商   法   4問中  4問(マグレ当たり3問)
  ※情報公開法は行政法に含めます
 多肢選択式
  1問目(憲法) 4肢中3肢
  2問目(行政法)4肢中3肢
  3問目(憲法) 4肢中4肢

一般教養科目
  社会科学  6問中4問 
  情   報  5問中3問
  文章理解  3問中2問 

 ちなみに文章理解は本来は3問とも正解していたのだが、最後の問題で問題の中身を勘違いして(「×」の数はいくつかなのに「○」の数はいくつかと間違え)解答をミスってしまった。寝不足で集中力を欠いていたと思うのだが、言い訳にしかならない。また、主要3法の正答率はまあまあだと思うが、いかんせん商法がほとんどマグレ当たりであることを勘案すると、この実力ではまだまだ合格は遠いものであるなあと感じる次第である。

 追伸:実はこの日程の答練の前に、もう一つ早い日程の答練があり、先生のクラスの方が、何人か受けられたようだが総得点が200点越えの方が多数いるようである。先生は法検と過去問と基本テキストが全て固まっていれば、総得点の7割はとれるとおっしゃっているようである。7割と言えば210点以上、私はまだまだである。早く法検3級の主要3法を制覇し、もう一度全体的に読み込みをしなければなるまい。バイトで勉強時間が限られる以上、うかつに他の問題集に手を出せないので、法検3級を完璧につぶすことが最優先である。

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »