« 先週の勉強 7/2~7/8 | トップページ | 届いた・・・ »

2007年7月10日 (火)

19年度行政書士試験概要発表

 昨日、財団法人行政書士試験研究センターのHPに本年度の行政書士試験の実施要項が掲載された。当然のことながら、試験委員も発表になったわけであるが、昨年度と変わらない顔ぶれである。(記憶の範囲内では。)
 今年も、またあのお方と、あのお方と、あのお方(以下略)に翻弄されなければならない。
 とりあえず頑張るしかないので、愚痴はこのぐらいにしておこう。

|

« 先週の勉強 7/2~7/8 | トップページ | 届いた・・・ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

大きい行政書士とかを実施されたの。


投稿: BlogPetの小熊猫(コパンダ) | 2007年7月10日 (火) 16時18分

はじめまして、やっとかめと申します。

ブログ拝見しております。私も行書の受験生で法検を使っておりますが、いまいち使い方がよくわかりません。(一応、正誤の判定、誤りの肢の理由付け、解説の読み込みをやっております。)

タカくんさんは、法検の学習に精通されているようなのでお伺いしたいのですが、どのような使い方をすればよいのでしょうか?(特に行政方の使い方が分かりません。)

差し支えのない程度で結構なのでご指導いただければ有難いです。

投稿: やっとかめ | 2007年7月11日 (水) 23時29分

 やっとかめさん。ご訪問ありがとうございます。
 そうですねぇ、わたくしもやっとかめさんと、使い方は何ら変わりません。
法検をお使いだと言うことなので、もしかしたらご覧になっているかもしれませんが、「法務事務所」というサイト
(私のブログにもリンクを張っておりますが。)
の管理者が私の教えを請うている先生です。私は先生がおっしゃるとおりに、ひたすらに問題と解説を読み込み正誤判定をつけ、それを繰り返しております。
 先生は、法学検定は全ての法律系資格の基礎となるもので、そして基礎は全ての応用発展の礎となるとおっしゃいます。
 家を建てるのに土台がグラグラでは家がちゃんと建ちません。法律の勉強もそれと同じ、いくら難しい知識を詰め込んでも、基礎が出来ていなければ足下をすくわれます。そして行政書士試験の試験委員である法科大学院の教授の御歴々はそういう問題が好きなのです。基礎から地道に固める。そのための法学検定であると私の先生はおっしゃっていますよ。
追伸:法検の内容がいまいち理解できないときはあわてず予備校の基本テキストか市販の基本書に戻って理解を深めると言うのも大事です。ちなみに、昨年度の行政書士試験の記述の論点は、全て法学検定からでていたことは言うまでもありません。

投稿: タカくん | 2007年7月12日 (木) 10時04分

御丁寧にお答え頂き有難うございます。


やはり、タカくんさんのようにひたすら読み込みしていく事が大事なんですね。

回数を控えたいという訳ではないですが、他の受験生の方は、もっと効率的な方法でやっておられるのではないのか?と疑問に思い失礼ながら質問させていただいた次第です。

間違ったやり方でない事が分かり助かりました。本当に有難うございました。

法務事務所のブログは、ときどき拝見しております。

先日、過去問の分析講座を受講しましたが、すごいですね。どうやったら、あんな風に分析できるでしょうかね。

ブログ励みにさせてもらっていますので長く続けてください。

投稿: やっとかめ | 2007年7月13日 (金) 01時09分

 やっとかめさん。ありがとうございます。私はこのブログを行政書士の試験勉強を始めたときから、開設して今に至っています。当然試験に合格(いつの事やら分かりませんが)しても何らかの形で続けていくつもりです。今後ともよろしくごひいきに願います。
 先生の件なのですが、私は先生は水面を優雅に進む鳥のようだと感じています。
 先生はご自身でデータ魔であると他人に言われるとおっしゃっていたことがありましたが、講義や試験傾向の分析のために睡眠時間を削って、詳細な予習や分析をしておられると聞き及んだことがあります。あたかも一見優雅に水面を進んでいる鳥が実は水面下で必死に足をかき続けているかのように。仕事と割り切ればそれまでですが、先生の講義をいつも聴かせていただいて、それだけでは割り切れない何かを感じます。
 私が先生に信頼を置いている理由の一つがそれにあることは言うまでもありません。
 追伸:やっとかめさんは、関西圏にお住まいの方であると推察いたしましたが、先日某所で行われた法学検定3級講座は御受講になられたのでしょうか? いろいろな事情でブログには乗せなかったのですが、毎週土・日に某観光名所がたくさんあるところまで行ってました。

投稿: タカくん | 2007年7月13日 (金) 13時27分

すごい方なんですね。先日の講義においての受講生さんの多さに圧倒されました。

あれだけの人数の方が受講されるという事は講義ならず人徳もある方なんでしょう。

法学検定の講座は、ブログで存在は知っています。タカくんさんも受講されていたんですよね。

うらやましいです。私は、実家は大阪なんですが現在は転勤で名古屋にきており、先日の講義もたまたま大阪に帰ってきている時に講義があったので受講できました。

差し支えのない範囲で結構なので、また情報があればupしてください。期待しております。

投稿: やっとかめ | 2007年7月13日 (金) 23時45分

 それでは、上に観覧車が載っているビルの近くの某資格専門学校で御受講されたんでしょうか? 昨年、そこのすぐ近くの別な校舎
(もう閉鎖されたんですけど)
で行われた、憲・民・行最速解法マスターという講義をされたときも、申込者が多くてその校舎の一番人が入る教室に入り切らなくて、すぐそばの100人教室をもう2つ使って教室間をライブ中継でつないで講義したと言う事態もありましたね。
(軽く私のブログで紹介していますので、よろしければ下記URLでご覧下さい。) 
http://takakun.cocolog-nifty.com/mezase/2006/09/post_51d3.html

 先生の講義が人気があるのは、先生の講義の内容が適格かつ本当のことしか言っていないから、1度でも本試験を受けている方で、先生の言っていることが正しいことが分かった人が、噂を広めていくからでしょうね。
(ただ全ての方がそうとは限らないかもしれませんが、少数にとどまるでしょう。)
 でも先生の本音で語る過激トーク爆発の講義をお聞きになりたければ、大阪以外の「府」がつく地方にある某資格専門学校の校舎が(2ヶ所ほどありますが・・・)
先生のホームグラウンドですので、機会があればそちらでお聞きになることをおすすめします。
(先生は大都会では受講生の方が多くて、あまり過激な発言が出来ないとよくおっしゃいます。)

投稿: タカくん | 2007年7月14日 (土) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/15705121

この記事へのトラックバック一覧です: 19年度行政書士試験概要発表:

« 先週の勉強 7/2~7/8 | トップページ | 届いた・・・ »