« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

今週の勉強 3/19-3/25

 今週も、早朝の用事が毎日続き、日中かなり眠かった。おかげで(言い訳にはならないが・・・)勉強時間は下記の通りとなった。

今週の学習内容

3月19日 3H 法検4級民法49-68(債権総論)×4

3月20日 5H 法検4級民法69-93(債権各論)×5
      ※出来たらもう少し勉強時間を取りたかったのだが・・・ 昼間眠くなり・・・ 夜は松平健の遠山の金さんの最終回を見てしまい・・・

3月21日 2H 伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
          42-54(行政のしくみ)5周目
          59-78(法律による行政の原理)1周目
       ※週に一度のテレビ見まくりデーだったが、特番等があったので、見たのは遊戯王のみ。でもこの勉強時間は・・・

3月22日 3H 法検4級民法94-107(親族法)×5
       ※法検4級通算20周完了。

3月23日 4H 伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
           59-78(法律による行政の原理)
           2周目・3周目・4周目・5周目

3月24日 4H 伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
           83-106(行政過程)
           1.行政による規範定立 
           2.行政行為「1.行政行為とは」
                   「2.行政行為の分類」
                   1周目・2周目 

3月25日 1H 伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
           83-106(行政過程)
           1.行政による規範定立 
           2.行政行為「1.行政行為とは」
                   「2.行政行為の分類」
                   3周目
         ※夕方まで用事。かえってきてから食事をしていざ始めたものの・・・ さっきまで眠りこけてしまっていた。 

トータル7日間で22H。週平均約3.33H

 残念ながら、このていたらくである。出来るだけ最低3時間の勉強時間を確保しなければならないものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジンと(BlogPet)

今小熊猫(コパンダ)
は、ネットで広いエンジンとか、エンジンと、広いエンジンとかしている
小熊猫(コパンダ)
は、ネットで状況で勉強しなかったの?
最近状況とかを勉強している私だが、そ.
と、小熊猫(コパンダ)が思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

法学検定4級講座5

 さぼっていたわけではないのだが、種々の事情により記事をアップできなかった、去る3月11日に行われた法学検定講座の最終回についての記事である。
 この回の講義は、前半後半2回に分けて債権各論の部分19問をじっくりと詳しく解説を行っていただいた。昨年の本試験では記述式において民法から2問出ていたのは周知の事実であるが、1問は抵当権の物上代位性についての問題。そしてもう1問は契約における約定解除についての手付の問題であった。そういったことから、講師は法学検定講座においては物権と債権をとくに重要視して講義をされていたのだが、特にこの債権各論において民法上に規定のある典型契約である贈与、売買、使用貸借、賃貸借、消費貸借、請負、委任、寄託についてのそれぞれの重要論点を問題を通じて解説いただいたわけである。
 民法上の契約は、行政書士が企業の法務顧問として契約書等の事実証明の書類を作成するアドバイスをするためには重要な内容である。それ故に試験では問われやすい。講師は講義の席上、特にこの契約各論についてはじっくりと理解しながら読み込んでくださいとのことであるので、択一対策の延長線上に記述対策ありのお言葉通りしっかりと復習せねばならない。
 (まあ、法検4級についてはすでに昨年の12月末より読み込みは始めているので、何とか反復はできているようである。)
 なお、親族法は、昨年の試験においても司法書士課をうならせるような難問が出たこと、覚えてナンボの内容が多いこと等により自習してほしいとのことである。さらに復習や読み込みにあたっては、勉強時間のとれない方はいわゆる財産法(総則・物権・債権)重視で復習しておくようにとの講師のお言葉である。まあ、私は12月末から憲法、民法をある程度の読み込みをしていた関係上、親族法も読み込みは続けているのであるが、そろそろ次の法学検定3級に移らねばならない。2007年度版は4月中旬に刊行の予定だそうであるので、それまでは2006年度版を読み込んでおくことにする。

 追伸:おそらく今回の4級講座同様、法学検定の3級講座が開講される予定であろうが、内容については覚知していない。講師のブログにおそらく講義日程の記載があるであろうから、是非とも受講したいところではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

今週の勉強 3/12~3/18

 今日も1日寒かった。とりあえず明日も朝が早いので、取り急ぎ今週の勉強をアップすることにする。

今週の学習内容

3月12日 2H 法検4級憲法38-68(統治・その他)×1周

3月13日 2H 法検4級憲法38-68(統治・その他)×1周

3月14日 6H 法検4級憲法38-68(統治・その他)×2周
          国2民法221-240
          伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
          42-54(行政のしくみ)1周目・2周目
       ※週に一度のテレビ見まくりデー

3月15日 8H 法検4級民法1-28(総則)×5周
          国2民法241-260
          伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
          42-54(行政のしくみ)3周目・4周目
       ※今日は頑張ったので、ドラクエ8でもしよう・・・ 

3月16日 2H 法検4級民法29-48(物権)×2周
       ※なぜか昼から無性に眠くなりダウン・・・

3月17日 4H 法検4級民法29-48(物権)×3周
          国2民法261-273(1周目終了)

3月18日 1H 法検4級民法49-68(債権総論)×1周
       ※朝から夕方まで雑事何とか1時間は確保できた

トータル7日間で25H。週平均約3.75H

 おかげさまで、今週は何とか目標の週25時間は確保できた。早朝よりの用事が今月末まであるのだが、何とかめげずに勉強時間を確保していこうと思う。

 追伸:結局法検講座の締めの記事については今週アップすることができなかった。近日中に必ずアップしようと決めているのだが・・・ 何とか明日、明後日中には概要だけでもアップしておかないといけない。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここへタカくんで開催した(BlogPet)

きのうタカくんの、講座開催しないです。
ここへタカくんで開催した?
タカくんで検定しなかったよ。
タカくんと開催された!
きょうは検定するつもりだった。


小熊猫(コパンダ)は、大きい日付などをアップするかもータカくんが、日付が変わ.



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

今週の勉強 3/5~3/11

 今日はとてつもなく寒い一日だった。三寒四温とちまたでは言うが、今年はメチャクチャ暖かかったくせに、今頃になって思い出したように寒くなるとは何事ぞである。
 ところで今日で2月より受講していた法検4級講座は終了した。詳しい内容は後日に譲るが、とりあえず反復継続だ。
 では、前置きはこれぐらいにして今週の勉強をアップすることにしよう。

今週の学習内容

3月 5日 0H
      ※朝から晩遅くまで雑事、スキマ時間を使うべきだった・・・

3月 6日 8H 法検4級民法15周目1-107
         国2憲法201-216(1周目終了)
           民法201-220

3月 7日 5H 国2行政法201-229(1周目終了)
          伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
          1-39(行政法総論)10周目
       ※週に一度のテレビ見まくりデー

3月 8日 3H 法検4級憲法1-13(憲法総論・人権総論)×3周

3月 9日 3H 法検4級憲法14-37(人権各論)×3周

3月10日 2H 法検4級憲法1-37(憲法総論・人権(総論・各論)×2周

3月11日 2H 法検4級憲法38-68(統治・その他)×1周

トータル7日間で23H。週平均約3.29H

 ちょっと今週は勉強時間が少なめである。特に月曜日のっけから雑事で1日出歩いていたのが痛かったが、浮世の義理とて仕方がない。明日も早いのでもう寝なければいけないが、とりあえず来週も頑張るだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コパンダ(BlogPet)

今日ももうすぐ終わりかけだ
小熊猫(コパンダ)
が、恒例などすることにする
なお先.
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

今週の勉強 2/26-3/4

 今日は、所用で篠山まで行ってきたのだが、間の悪いことに篠山では恒例の市民マラソンが開催される日で、交通規制等がかかる上に(幸い私たちはそれに引っかかること無く、目的地に行ったわけだが)私がちょうど高速を降りるために出口(舞鶴若狭道「丹南篠山口」出口)に到着した時間帯はマラソンに参加する人や、見に来た人たちがこぞって出口に殺到したようで交通集中が起こり、出口から手前2キロもの大渋滞が起こっていた。やれやれである。ちなみに言っておくが、私は体型の関係もあるのだが当然マラソンをしに篠山まで行ったわけではなくて、一種の法事である。
 まあ、今日の行動の披露はこのぐらいにして今週の勉強をアップすることにしよう。


今週の学習内容

2月26日 2H 法検4級民法13周目69-107

2月27日 6H 国2憲・民・行161-180
          伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
          1-39(行政法総論)8周目

2月28日 3H 法検4級憲法14周目1-68
       ※週に一度のテレビ見まくりデー

3月 1日 2H 法検4級民法14周目1-48

3月 2日 9H 法検4級民法14周目49-107
          国2憲・民・行181-200
          伊藤塾試験対策テキスト(行政法)
          1-39(行政法総論)9周目
       ※明日明後日と雑事多し(法検講座は無いのだが)勉強時間確保のため、一日中自宅閉じこもりで勉強

3月 3日 0H 
       ※雑事で夕方まで外出、疲れて本を開く気力すら無し・・・

3月 4日 3H 法検4級憲法15周目1-68
       ※多少疲れ気味だが頑張った・・・

トータル7日間で25H。週平均約3.57H

 まあ、何とか今週は先生のおっしゃる週25時間は確保できたが、かなり荒っぽい勉強の仕方をしてしまった。特に国2はとりあえず制限時間を決めて各選択肢を精査して一応回答を出してみながら、答えと解説を見てアンダーライン等を引くという作業をやっている関係上、解説の内容については読み込みはほとんどやっていない。まあそれは2周目以降にする予定なのだが、国2をできるだけたくさん回転できるようにしなければならない。但しそれ以上に法検4級と4月頃発売の2007年度版法検3級を重要視して回さなければならない。ちなみに法検4級は3月中に最低25回転するつもりである(目標は30回転)
 とりあえず読んで読んで読みまくる。これしかない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きのう(BlogPet)

きのう、タカくんの恒例とか勉強しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「小熊猫(コパンダ)」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

法学検定4級講座3&4

 最近、やっとエンジンがかかり、今までとは格段に違う状況で勉強している私だが、そのせいかテキストの反復回数のほうはどんどん伸びていく。誠にもって喜ばしい限りだ。しかし、その反面パソコンに向かう時間が極端に少なくなり、今日はほぼ1日パソコンを電源すら入れなかった。また、懇意にしていただいている方々のブログにも訪問出来ず申し訳ない限りだ。もし、当ブログにご訪問いただいた際にはこの投稿をごらんになられるだろうから、この場を借りて陳謝させていただきます。 m(__)m
 のっけから言い訳がましくなったが前フリはこのぐらいにして、結局何だかんだといいながら今日まで投稿できなかった、過日2月24・25日に連チャンで行なわれた法学検定講座について投稿しようと思う。

 件の法学検定講座は、24日が憲法5回目と民法の1回目、25日が民法の2回目と3回目という事であったのだが、憲法は前回も述べた通り人権規定に重点を置いた解説ゆえに、統治規定は結構駆け足の解説が多かった。ただ、それは統治規定が人権規定に比べて重要ではないのではなくて、ただ単に、覚えるしかしゃあない(講師談)規定が多いだけだからである。それでも2006年度の多肢選択式の論点である違憲審査制についてや、違憲判断においての個別的効力説と一般的効力説などの学説は押さえておくべきであろう。また、裁判所の色々な審査基準、2005年度試験記述に出た「明白かつ現在の危険の基準」と規制二分論に出て来る「明白の原則」はどちらが厳しい審査基準か等々、試験委員の先生がお好きな話題が満載なので、統治規定も是非きっちりと押さえておくべきであろうかとは思う。
 さて、民法であるが、民法においてはもし試験委員に異動がなければ、今年も記述として物権から1問、債権から1問の出題であろうと言う事で、総則はそこそこはしょって、物権と債権はじっくりと、家族法は残り時間があればと言う感じで解説されるとの事である。家族法は、問題数が少なく(多分1問出ても2問)おまけに司法書士科でも取れない超難問が出る可能性があるので、費用対効果が悪いのである。であるからしてあまり時間をさくのは得策ではないそうである。と言う事で物権・債権重視なのだが、法検4級では物権も債権もそれほどひねくった問題は出ていないので、今の内に精密度を上げて基礎を固めておくべきであろう。

 追伸:全く関係ない話なのだが、24日は法検講座に向かう前に、お世話になっていた某資格専門学校の京都地区の校舎で講師が本年度の基幹講座をされているので、知り合いの受講生の方が受講しておられる事もありちょっと覗きに行って来た。その際にたまたま、本年度の基幹講座のテキストをじっくりと見させていただく機会があったので内容を見てみると、去年にもまして詳細な内容の解説が載っていた。今年のその資格専門学校の基幹講座は、前回よりも講義回数が増加し、より緻密な講義を行なっているようだ。諸事情により独学を目指さざるをえなかった私にとってはいまさらどうする事も出来ないが、その分使い込み読み込んだ去年の講義録を信じて、あとは努力と反復と継続で補う事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »