« 司法試験・国家Ⅱ種・法学検定 | トップページ | こないだ(BlogPet) »

2006年12月14日 (木)

悪くはないが、有罪?

 新聞で取り上げられていたので、ご存知の方も多いと思うが、あの有名なP2P(ピアツーピア)型のファイル交換ソフト「Winny」を開発した元東大の助手に、京都地方裁判所は罰金刑の有罪判決を下した。
 罰金刑の理由としては、著作権幇助を助長する意図はなかったが、著作権侵害に利用されていることを知りながらプログラムのバージョンアップを繰り返したからだそうである。
 裁判所の判断は、Winnyの技術自体は有用であるとし、元助手に対しても著作権侵害幇助の意図はなかったとしながらも、いわば(社会を)お騒がせした、おイタの代償としておしおきよ(セーラームーン風)といった感じであろうか。

 判決後、元助手は、
 「裁判では、わたしが積極的に著作権違反をまん延させたのではない、とは認められたが有罪だった。やるべきことをやらなかった(著作権侵害のまん延を止めなかった)不作為が問われているような気がした。それは論点がおかしくなっているのではないか。わたしはいったい何をすればよかったのか、いまだに分からない」
(@nifty:NEWS 「徹底抗戦する」――Winny開発者、控訴へ(ITmedia) の記事より抜粋)
 と述べて、即日控訴することを発表したそうである。

 この話を新聞等で見ていてふと思い出したのは、マジンガーZの原作マンガで、主人公兜甲児に対して、製作者である祖父の十蔵が言った台詞。
 「マジンガーZは諸刃の刃、おまえの使い方次第で神にも悪魔にもなる。」

 元助手は、兜甲児におけるマジンガーZとは異なり、自らの手で開発したWinnyを使って2チャンネル上で「神」とあがめられる事になったわけだが、果たしてそれは彼にとっていいことだったのか、悪いことだったのか私には分からない。でも結果的には、個人情報や重要機密書類を流出させた方々にとっては、彼は悪魔となりうるのであろう。マジンガーZをもらったものの操縦方法が分からず、図らずも動き出してしまったマジンガーZを止めることが出来ずに、町を破壊し回る事になってしまった兜甲児のように。

 だがあくまで個人的な意見ではあるが、本来、ウイルスの感染は個人責任である訳だが、お馬鹿な役人どもが、エッチな画像や映像ファイルほしさにWinnyを使った結果招いたものなのである。まあ、流出させたお馬鹿役人どもは懲らしめられているみたいだが、究極の所はずっと前にも書いたが、

 「インターネットの世界はハイリスク・ハイリターンの世界である。」

 「インターネットでのトラブルは自己責任である。」

 と言うことを、真に理解している方々が日本には少ないのではないかと思う次第である。

 「自分の安全は自分で守る」

 これがインターネットでの鉄則である。

 追伸:これも私の個人的私見であるが、くだんの元助手は、たまたま彼の開発したWinnyを経由して感染するウイルスによって、お上の情報が漏れたからスケープゴートにされたという感じが濃厚である。確かに社会を騒がせることになったのはいけないことだが、Winnyを使う方にも種々の問題があることを忘れてはいけないと思う。

|

« 司法試験・国家Ⅱ種・法学検定 | トップページ | こないだ(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きょう小熊猫(コパンダ)はここでタカくんはご存知っぽいblogされた。

投稿: BlogPetの小熊猫(コパンダ) | 2006年12月19日 (火) 13時20分

 コパンダくん。文法がなってないんですけど・・

投稿: タカくん | 2006年12月20日 (水) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/13070418

この記事へのトラックバック一覧です: 悪くはないが、有罪?:

« 司法試験・国家Ⅱ種・法学検定 | トップページ | こないだ(BlogPet) »