« 誰が捨てるんだ? | トップページ | 9×9×9×9×2 »

2006年11月18日 (土)

超オタク話12

 2日ほど前から試験勉強の反動か、それとも睡眠時間が単に足りないだけなのか分からないが、けだるい状態が続いていたので、今朝は朝の8時までゆっくり眠ったところ幾分ましになった。その気分の良さも手伝って、しばらく中断していたオタク話をすることにした。

 さて、今日のオタク話は私のブログにご訪問いただいているちえのすけさんから、以前リクエストされていながら諸事情により果たせなかったアニソンについて話していこうと思う。

 「アニソン」というのは一般的には「アニメソング」のことを指す。すなわち、アニメ作品の放映時に流される主題歌・エンディング及び挿入歌の事を指すのが妥当だと考える。但し広義的には、OVA
(オリジナルビデオアニメ:テレビで放映したアニメ作品の外伝的な内容や、「オリジナル」という名前そのもののテレビでは放映しない全くの新作をビデオで発表するもの。但し最近はDVDでの発表が多い。)
もそのカテゴリーに入っていることが多い。
 ただ、アニメと言っても日本むかし話やジブリ作品のような教育的内容が濃いものの主題歌は、一般的にはアニソンとは言わないのではないかと感じる。
(日本昔話のオープニングで流れる「ぼうや~ よい子だ ねんねしな~」という歌をアニソンだという人は皆無だろう。)

 さて、上記のようなカテゴリーで抽出した一般的にアニソンと認識されるものについては、歌詞の内容から二つに分けられる。
 一つは宣伝系(タカくんオリジナル命名)である。
 これは、いわゆるアニソンの中でもヒーロー(最近出てきた東映プリキュアシリーズのようなヒロイン系も含む)の系とスーパーロボット系に多く、作品タイトルにある人物やロボットの名前や技などを歌詞に盛り込み、ひたすら連呼するものである。
 たとえば、初めて人間が搭乗して操縦するシステムを取ったことで有名なマジンガーZの歌詞は3番まであるが、各番に絶対「マジンガーZ」の名前とその武器の名前(ロケットパンチ・ブレストファイヤー等)が盛り込まれている。また全体的にアップテンポの曲が多く、勇壮な雰囲気を醸し出していることが多い。未だに巨大ロボットというとだいたいこの系統の曲が作詞されることが多く、あの元祖リアルロボットと言われる初代ガンダムの主題歌も武器の名前こそ歌詞に盛り込まれないもののこの系統であることは疑いない。
(ビームライフルや、ハイパーバズーカなど歌詞に盛り込みにくい武器名だった事も一因であろうと推測する。なお、私はガンダムを初めて見たときに、主題歌の歌詞に「銀河へ向かってとべよー ガンダム」と歌われていたので、銀河系を股にかける話かと思ったら、実は地球と月の軌道上の話だと聞いて歌詞の割にスケールの小さな話やんと、なにげに失望した記憶がある。)
 もう一つはイメージ系(これまたタカくん命名)である。これは歌詞の中にキャラクター等を連想させるイメージは入ることもあるが、一般的に宣伝系と異なりキャラクター名や技の名前等の要素が入らない。代表的なものを挙げるとファーストガンダムの直系後作品Z(ゼータ)ガンダムであろうか? この作品の主題歌は2つあるが、初期に使われていた「Z(ゼータ)刻を越えて」はまだ歌詞中に「Z(ゼータ)」という歌詞が入ってはいたが、後作の「水の星より愛を込めて」
(なおこの歌は、元祖バラドルの一人に数えられる森口博子のデビューシングルでもある。)
ではゼータのゼの字も出てこない。つまりこの系列の特徴は作品中に流れる世界観とか、作品の持つイメージを表現する主題歌を使用すると言うことである。これらの系列は主にリアルロボット系と呼ばれる変形や合体にしてもリアルな設定を使用する内容の作品や、女の子向けファンタジーヒロインアニメ(例外はあるが)に使用されることが多い。
 また、上記の両系列にはもう一つの特徴がある。宣伝系と呼ばれるものには、ある程度決まった歌い手が充てられることが多いのに対して、イメージ系にはその制限が無く、無名の新人に始まり、人気バンドのヴォーカル果ては声優の方など多種多様な歌い手が担当している。
 例を挙げると、宣伝系のアニソンには古株ではささきいさお、水木一郎、子門真人、堀江美都子(まぁ、この人は声優でもあるのだが)新株では遠藤正明、影山ヒロノブと言ったところであろうか。この方々は正統派と呼ばれ、特撮ソングを歌っていることも多い。そもそも特撮では宣伝系の主題歌が多く、この方々の起用は当然であると言えよう。
(ちなみにWikipediaを見ると、ささきいさお、水木一郎、子門真人、堀江美都子のみなさん方は「四天王」と称されているようだ。)
 これに対してイメージ系のアニソンには、前にも述べたとおり新人デビュータレント、グループ等がプロモーションの一環として歌う場合、有名バンドや歌手が番組とタイアップして歌う場合、出演する声優が歌う場合と多種多様である。代表的な例として、先ほど挙げたZガンダムにおける森口博子、名探偵コナンにおける倉木麻衣、クレヨンしんちゃんにおける矢島晶子
(やじまあきこ この人はクレヨンしんちゃんの野原しんのすけのあの独特の声が有名だが、新機動戦記ガンダムW(ウイング)でのヒロイン役もこなす芸達者である。)
等を挙げることが出来る。
 また、このイメージ系の主題歌はその性質故に純粋なアニメソングと言えない場合が多く、J-POPのカテゴリーに入れられる事が多い。

 まあ、以上のように色々とは書き殴っては見たものの、単にアニソンと言っても雑多な種類があり、限られた紙面上ではその全てを網羅することは不可能であろう。
 最後になるが、私の見解として子供やオタクの見るものと言ったイメージの先行するアニメだが、作品中に深いテーマが流れているのも多く、作品によっては単に幼稚なものと侮れない面があると言うことを記して結びの言葉としよう。

追伸:この記事を書くに際して、記事の内容の正確さを保つという理由で、フリー百科事典のWikipedia(ウィキペディア)の当該項目を参照させていただいたことを最後に記しておく。なお、記事の内容を一部引用したところもあることも合わせて記しておこう。
(URL http://ja.wikipedia.org/wiki/アニメソング

|

« 誰が捨てるんだ? | トップページ | 9×9×9×9×2 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

きゃー、待ってました!
アニソンオタク話!!
宣伝系とイメージ系ね~。なるほど~と思いながら読ませていただきました。
タカくんさんの言葉を借りれば、私は「アニソンといえば宣伝系でしょう!」と思うのですが、イメージ系のほうも「水の星より愛を込めて」は好きですね。森口博子といえば、機動戦士ガンダムF91の「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」も大好きです。
あ~、久しぶりにカラオケ行って、アニソン三昧したくなってきた~!!
18番は、新世紀エヴァンゲリオンの「残酷な天使のテーゼ」です!

投稿: ちえのすけ | 2006年11月18日 (土) 16時12分

 ちえのすけさん、こんばんは。大変お待たせいたしましたが、お気に召していただいたでしょうか? 少し消化不良の所があると思いますが頑張って書きました。
 それにしてもまた、エヴァとはコアな選択ですね。結構ちえのすけさんもオタクテイストが漂いますが、気のせいでしょうか? それに歌手の名前ではなく番組名を挙げている所など、その分では本編の方もご覧になっているのでは?
 まあ、あれは黙っていれば、知らない人はアニメの歌だとは思わないので、カラオケでは歌いやすいかも? いわゆるイメージ系の方ですね。ご存知かどうかは知りませんが、ゲームのスーパーロボット大戦シリーズの作品でエヴァが出てくるやつがありますがやっぱりリアルロボット系に分類されていますね。
 ちなみに私はもしカラオケで好きなアニソンを歌っていいと言われたら、勇者王誕生(勇者王ガオガイガー)とCross Fight(破邪大聖ダンガイオー)を歌いたいですね。なかなか出不精に付きカラオケに行くことは少ないのですが、その分自家用車を一人で運転するとき、CDをかけてよく歌ったりしました。
(じつは車のCDコンポがつぶれてしまって今は出来ないのです。)

追伸:ちなみにCross Fightは水木アニキと堀江美都子さんの歌なので、なんとカラオケではデュエット曲になっているんです。でも一緒に歌ってくれる人(女性)がそばにいません・・・

投稿: タカくん | 2006年11月18日 (土) 19時26分

「Cross Fight」
もっちろん歌えます!!
あ~、タカくんさんとご近所だったら、カラオケご一緒したかったですぅ~!

投稿: ちえのすけ | 2006年11月19日 (日) 12時48分

 Cross FightがOKだなんて、流石水木アニキファンですねぇ。
 本っ当ぉ~に、残念でなりません。
 私の周りには、カラオケで真の全開の私に付いてきてくれる人がいないので、ちえのすけさんのような方がそばにいれば、アニソン全開モードになれるのに・・・
 いつか機会があれば、是非一度お手合わせ願いたいと、切に、切に思います。
 

投稿: タカくん | 2006年11月19日 (日) 15時01分

  お久です。まったく関係ない話ですが、

 山が3月25日で閉校になるそう

 です。田んぼに統合されます。何で?田んぼは社員

 の印象が・・・。山は良かったなー!
 
 受講生のことを考えてことらしいが・・・・!

 田んぼは狭いんだよね。

  12月2日の例のものに行きますか?

☆信者様
 11月20日12:23諸事情により内容を一部加筆修正させていただきました。
                                管理者。

投稿: 信者 | 2006年11月19日 (日) 23時17分

 信者さん、御無沙汰です。試験の結果はどうでしたか?
 山の閉鎖の話は、少し前に耳に入りました。まあ、賃料も高いし、仕方がないのではないでしょうか?
 あとご質問の件ですが、とりあえず私は29日の山には行くつもりですが、12月のアレは行きません。先生にサクラは必要ありませんから。

投稿: タカくん | 2006年11月20日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/12729193

この記事へのトラックバック一覧です: 超オタク話12:

« 誰が捨てるんだ? | トップページ | 9×9×9×9×2 »