« 合格講座(行政法12)2ターン目 | トップページ | かなしい・・・ »

2006年8月16日 (水)

総合答練4

 今日は総合答練の4回目だったが、しかしまあ今日は帰りに台風の影響か風がけっこうきつかった。ここのところ寝苦しい夜が続いていたが、今日は楽に寝れるのではないだろうか。
 さて本題に戻るが、先に答練を受験されている受講生の方々からの情報によると、4回目から答練のレベルが上がると言うことで気を引き締めて(?)かかったが、結果は惨憺たるものであった。
法  令 択一式41問中24問 各2点につき48点
       記述式5問中4問(うち1問は部分点)
           各6点につき部分点3点で合計21点
 法令合計69点(得点中まぐれ正解択一式で3問(6点))
 
 一般教養 択一式14問中8問 各2点につき16点

 総合得点140点中85点、法令教養とも足切りはクリアで、基準点(6割として)かつかつ越え
と言う成績であった。記述40文字の導入によって戦略的には法令択一での得点力が要求されるのに、法令総得点112点のうち半分にも満たないようでは試験概要に記載されている基準

「ただし、択一式問題の採点を完了した段階で記述式問題の採点結果にかかわらず合否の決定をできると委任都道府県知事が認める者については、記述式問題の採点を行わないことがあります。この場合は、記述式問題の採点は行わなかった旨及び択一式問題の得点を付記します」

で、いきなり足切りを食らっても仕方がない。何しろ試験委員は40文字の記述の採点を極力したくはないのだから。
 まあ、嘆いていても仕方がないので内訳を見ていこう。
(今回も当然のことながら、記述は除外させていただく。)
 基礎法学   3問中  1問 
 憲   法   9問中  4問
 行 政 法  12問中  9問(まぐれ当たり1問)
 地方自治法  3問中 2問
 民   法  11問中  4問←BAD!!
 商   法   3問中  3問(まぐれ当たり2問)

 今回は民法が足を引っ張った。この得点内容だったら商法のまぐれ当たりがなかったら基準点を越えられなかっただろう。今回の民法は契約各論からと不当利得からだったが、典型契約や法定債権等出てくる内容が多いからと言って出来なかったではすまされない。大反省である。なお、憲法で惜しむらくは、法学既修者チックな問題が出題されたのであるが、あと少しのところで考えすぎで落としてしまった。素直に考えていたら正解だったのに惜しいことである。
 (もちろんこんな問題は基本的には本試験では飛ばすものなのであろうが、練習がてら最後の方でやってみたのである。)
 また基礎法学でも考えすぎて1問落としてしまった。まあ、人間素直に自分の考えたことをストレートにぶつけるときも必要なのであるなあと考えさせられた。
 教養については文章理解はすんでの所で全部おとしてしまうところだった。危ないところである。今回も社会科学は意外と取れなかった。嫌いな問題が多かったからかも知れない。
(好き嫌いしていてはいけないのだが・・・)
詳しい内容は以下の通りである。

 文章理解  3問中2問 
 (今回の内容は要旨把握1問、空欄補充1問、文章挿入1問だった。間違えたのは要旨把握であったが、もう少し踏み込んだ解釈が必要だったのであろう。)
 社会科学  8問中3問(まぐれ当たり1問)
 情   報  3問中3問

 まあ、振り返るも何も、こんなていたらくでは9月末の公開模試が思いやられる。復習をすべきであるのはもちろんであるが、何をさておいても嘆くべきは、特殊部隊の方々との距離がまた広がってしまった事であろう・・・

追伸:この投稿をしながら少し心配事があるので、台風の進路を調べてみたら、どうやら九州地方に向かっているようだ。九州の方々には申し訳ないのであるが、私の心配事はこのことで解消したのである。

|

« 合格講座(行政法12)2ターン目 | トップページ | かなしい・・・ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になってます!
タカくんさんが通われている学校は答練の回数が多いですね。
私のところは、総合答練2回と模試1回と直前答練1回しかありません。
ちょっと少ないですね。。。
ところで、タカくんさんは、行政書士試験に合格したあと、レベルアップ的な資格は考えてらっしゃるのですか?
例えば司法書士とか。
タカくんさんほどの知識があるなら、行政書士で終わるのはもったいないですよね。
ブログのタイトルも「目指せ行政書士」とせずに「目指せ○○○士」としてあるということは、行政書士では終わらないぞ!ということかな~と勝手に想像しておりました。

投稿: ちえのすけ | 2006年8月17日 (木) 02時00分

 ちえのすけさん、おはようございます。
 実は○○○のところに入るのはあくまでも「行」「政」「書」の3文字です。これは私の師事する先生もおっしゃっている事です。まあ、個人情報保護士は取ろうと思っていますが、わざわざ権利登記や商業登記のために司法書士の資格を取るまでもなく、そんなものは外注して
(司法書士の先生を雇う。)しまえばいいのですから。
 また、行政書士で十分食べて行けると先達(先生の教え子)の方々が実証されていますので、
(但しそれなりの営業活動が必要ですが・・・)
 私もあくまでそれを踏襲しようと思っています。

投稿: タカくん | 2006年8月17日 (木) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/11470619

この記事へのトラックバック一覧です: 総合答練4:

« 合格講座(行政法12)2ターン目 | トップページ | かなしい・・・ »