« 超オタク話4 | トップページ | 合格講座(商法・基礎法学3) »

2006年4月 2日 (日)

超オタク話5

 さて、二日連発でオタク話である。
 先日から東映が発表しているが、なんとあのあややこと松浦亜弥が18年ぶりの映画化となる「スケバン刑事(でか)」の4代目麻宮サキ役に抜擢されたと言う衝撃的な話である。なお、あくまでもまだ非公式ではあるが、サキの母親役を初代サキを務めた斉藤由貴、サキの通う学校の先生役に二代目サキを務めた南野陽子、サキの利用する情報屋役に三代目サキを務めた浅香唯がそれぞれキャスティングされるらしい。それにしても斉藤由貴が母親役とは時代も変わった物である。また4代目サキのライバルの少女役に元モーニング娘。の石川梨華がばってきされており、これで観客数が増えなかったらどうなるの(個人的にはどうにかして見に行きたい)という超豪華キャスティングである。
 私的にはスケバン刑事はテレビ放送については初代斉藤由貴から三代目浅香唯まで通してみていて、原作も立ち読み程度には見ていた。

 テレビ放送されたスケバン刑事はすさまじかった。
 あの清純派アイドルだった斉藤由貴に不良の格好をさせ、ヨーヨーを武器として持たせ、
(ご存知の方もいると思うがこのヨーヨーは特殊合金製でコンクリートも砕く)
「てめえら 許さでぇ!」(斉藤由貴の滑舌の悪さで「ねぇ」が「でぇ」に聞こえた)
と言わさしめ、続く第二作では当時ミスマガジンでデビューしたばかりの、キャッチフレーズ神戸のお嬢様こと南野陽子に当然のことながらヨーヨーと
(神戸のお嬢様と言うが彼女自身は伊丹市の出身で、神戸のお嬢様と言われた理由は彼女が松蔭女子学院(通称 神戸松蔭)の高等部に在学していたからである。)
「おまんら 許さんぜよ!」
と言う関東地方では放送禁止寸前の高知弁とでの啖呵と、奇妙な鉄仮面をかぶらせると言う設定を、そして究極の第3作では当時新人アイドルだった浅香唯に当然のことながらヨーヨーを持たせ、
(但し三代目は成長させるという設定から、当然の様にヨーヨーを使いこなしていた初代と2代目とは違い、使い方を会得するまでには紆余曲折があった。)
忍び装束をセーラー服の上に装着、アンダーウエアには鎖帷子とこれまたすさまじい設定で登場させ、彼女の出身地の宮崎弁で、
「あんたら 許さんかいね!」と啖呵を切らせた。
 敵については、初代が原作通りに海槌三姉妹(悪の美人三姉妹である)を登場させた以外は後二作とも訳の分からない闇の組織で、妖怪と怪人と変人と奇人を足して4で割ったような敵キャラが続出。敵方に謎の美少年や謎の少女という訳の分からないキャラクターも登場、最後には正体が分かるものの、こいつら何やねんという感じで、ツッコミ入れながらも楽しませていただいたのを懐かしく思い出す。
 また、初代が一人で戦ったのに対し、他二作では仲間(三作目は姉妹という設定だった)がいて一緒に戦った、このことから、かの美少女戦士セーラームーンは、スケバン刑事と戦隊ヒーローシリーズがモチーフになっているのではないかと語られている。
 紙面の都合でこのぐらいにするが、こんどのあやや演じる4代目麻宮サキは先代達よりももっとワイルドかつ凶暴なキャラクターらしい。姫路出身である松浦亜弥の関西(播州)パワーが炸裂と言ったところであろうか。

|

« 超オタク話4 | トップページ | 合格講座(商法・基礎法学3) »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、コメント有難うございました(^^)
なんとか作業終了!ですがまだまだ片付けです。

スケバン刑事!私、すきでした(^^)
テレビ放送、よく見てました。
映画でしか見られないのは残念ですね。

今度のサキは、関西弁かなぁ?
オモシロそう。

投稿: 若葉 | 2006年4月 2日 (日) 18時21分

 若葉さん、お久しぶりです。新居でネット環境が整ったようですね。引越しの荷物片付けるの大変だろうなと思っています。
 若葉さんもスケバン刑事を見ておられましたか。あの番組は異様なパワーを持っていましたね。未だに頭の片隅に歴代麻宮サキのきめ台詞が残っています。
 それとこれは本編には書かなかったのですが、南野陽子「サキ」のテレビ版の続編が映画になっていたので、連れに誘われて、大阪の厚生年金会館の上映会に行って、映画を見て、南野陽子とか浅香唯に握手をしてもらったことがあります。
 ちょっとした秘密のプチ自慢です。
(現物で見る浅香唯はやっぱり小さかったです。)

投稿: タカくん | 2006年4月 2日 (日) 21時14分

何?握手??南野陽子?浅香唯?かつて私が河合奈保子に熱上げてたときは冷笑していたのに。。。ヒーロー物だと別腹か?!まあ、そうかもな。阪神勝ったし承服しよう。

投稿: 明石阪神ファン | 2006年4月 2日 (日) 22時16分

 明石阪神ファン君
 すまん・・ 見逃してくれーーーぃ
 そういう指摘を受けると思ったので、今まで封印してたんや。
 ちょっと言い訳しとくけど、握手会自体は、出口のところでやってたから別に特別に希望していったわけではないで。
 ところで昨日の阪神はよかったな。最後ちょっと久保田で軽くケチが付いたけどな。まあ、とりあえず戻り際に、江草にすまんと言ってたみたいやし、これを契機付けに優勝へと驀進してほしいもんやな。
 追伸:ちょっと、家とは別のところでテレビを見てたんやけど、一緒に見てた人が、あのまま江草を完投させたったらええのにと言っていた。俺もそう思ったな。

投稿: タカくん | 2006年4月 3日 (月) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/9376360

この記事へのトラックバック一覧です: 超オタク話5:

« 超オタク話4 | トップページ | 合格講座(商法・基礎法学3) »