« 合格講座(商法・基礎法学2) | トップページ | 超オタク話5 »

2006年4月 1日 (土)

超オタク話4

 先日、懇意にして頂いているmadam-yさんの投稿で、大映テレビ制作の「スチュワーデス物語」関連の内容があったので、その内容についてややオタク的な視点から投稿をさせて頂いた。
 大映テレビは伊藤麻衣子主演の「不良少女と呼ばれて」等の特徴的な作品が多く色々ツッコまさせて頂いたが
(他にもいろいろあるが、当該作品しか思い浮かばなかった)
 そのことについて思いをめぐらせているうちに、ふとその前身である大映の名作(迷作かも)「大魔神」シリーズについてお話ししたくなった。超カルトな作品だがお付き合い願いたい。

 「大魔神」シリーズは制作順に「大魔神」「大魔神怒る」「大魔神逆襲」と3作あるが、似たような内容で細かいストーリーを確認しなければどれがどれか区別が付かない。大体からして主役(?)の大魔神自体が水戸黄門の印籠のようなもので、リーサルウエポン(最終兵器)のような扱われ方をされるため、細かなストーリーはどうでもよく、最終的に大魔神が悪い代官たちを成敗して終わるという、お年寄りにもわかりやすい内容であり水戸黄門チックである。
 大魔神及び水戸黄門双方とも勧善懲悪の部類に入るのだがその実行手段はまったく異なる。
(水戸黄門は人的な威光を持って悪人に罰を与えるのに対して、大魔神は天罰のような感覚で悪人に罰を与える。)
 
 そのストーリーの内容だが、ある村に昔から伝わる神像があり、村人は信仰の対象として敬っている。その村を支配する代官(城主の場合もある)はとてもあこぎで無慈悲なやつであり、村人を迫害している。その村には美人の娘がおり、あまりにも代官当の迫害が忍耐の限度を越し爆発寸前になると、その娘が神像に対して救いを請う。すると、その神像は突然立ち上がり、雷鳴と風雨が巻き起こる中手を顔の前にかざして上方に一振りすると、埴輪のような顔であった神像の顔が一転、仁王様のような憤怒の形相に変わり、代官の軍勢を蹂躙する。それはまさに人の力をもってしては到底太刀打ちできない天災のごとき「神罰」である。岩のような硬さであらゆる攻撃を寄せ付けず、神通力を持って湖の水を左右に割り、障害などものともせず代官の元に進み、静かな怒りとともに成敗する。そしてその使命を終えた大魔神は元の神像の姿に戻り、感謝する村人たちの前から姿を消す。平和になった村に祈りをささげた娘の明るい笑い顔が・・・ 
 と言うような感じである。
(もちろん3作とも微妙に設定が異なっているが、基本的な流れは上記のとおりである。)

 この大魔神はユダヤの伝説の巨人ゴーレムをその題材としているのだそうだ。また、ご存知のとおり横浜ベイスターズの佐々木投手のニックネームはこの「大魔神」に由来する。ある意味北斗の拳のケンシロウもこの「大魔神」に雰囲気がよく似ているなとふと感じてみたりもする。
 (大魔神ほど無敵ではないし、やはり「人」であるが・・ しかしながら勧善懲悪と言うイメージは根底に流れている。)

 北斗の拳の投稿のときにも書いたが、この乱れた世紀末の世の中には救世主が必要である。しかしそれはウルトラマンのような神々しいものではなく、憤怒の形相で悪を滅する鬼神不動明王のごとき荒ぶる救世主が求められるのではないかと思う。 

 

|

« 合格講座(商法・基礎法学2) | トップページ | 超オタク話5 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

しかし、タカくんと私は”オーマイサンシャイン”以来、不思議な縁というか糸というか結ばれているって思うような事が多いわ。今話題の大魔神やけど演じていたのは橋本力という役者さんで勝プロ所属。そうあの座頭市の勝プロ。で、この橋本さん実はあのブルース・リーの映画にも出演しているのさ。ブルース・リーの”ドラゴン怒りの鉄拳”でブルース・リー扮する中国人青年武道家の敵役日本人として出演しているのだ!大魔神とは違って中国人の道場を潰しにかかる悪役として登場するが、さすが勝プロの所属だけあって日本刀を持っての立ち回りはさすがの一言。因みにこの”ドラゴン怒りの鉄拳”にはあのジャッキーチェンもスタントマンとして出演しています。まあ今の若い世代では大魔神というと榎本加奈子の旦那を思い浮かべる人も多いでしょうが、おっちゃん世代だとやはりあの映画の腕を上方の振り上げたときの形相を思い浮かべるのでしょうな。

投稿: 明石阪神ファン | 2006年4月 2日 (日) 00時24分

   永ちゃんサイコーーー!かっこいいね!

  タカくんさんは、いろんな知識が豊富です

  ね。いつも感心しています。

   国Ⅱも気合入れて勉強してくださいね。

  やるしかないんだけど・・・・・・・!

  昨日ゼミ行ってきましが・・・・(苦笑)

投稿: 信者 | 2006年4月 2日 (日) 01時07分

 オーマイサンシャイン ○○もサンシャイン・・
(○○の中には明石阪神ファン君とタカくんだけが知っている言葉が入る)
 明石阪神ファン君ご無沙汰!
 ところで、阪神が開幕2連敗、打線も湿りがち。今日の天気みたいやね。
 まあ、ぼろ負けというわけではないからいいけど。サンシャイン(太陽の光)のごとき天晴れな勝ち方を阪神には期待しているで。
 それじゃ決算期も終わったことやし、又のご訪問待ってるで!
(4月は4月で忙しいと思うけど・・)

投稿: タカくん | 2006年4月 2日 (日) 09時11分

 信者さん、おはようございます。昨日は先生の国Ⅱ講座で京都へ行っていたんですね、ご苦労様です。参加できなかった私の分頑張って勉強してくださいね。私も何とか国Ⅱは独学で頑張ってみます。
 又有益な情報があったら教えてくださいね。ではでは!

投稿: タカくん | 2006年4月 2日 (日) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/9354573

この記事へのトラックバック一覧です: 超オタク話4:

« 合格講座(商法・基礎法学2) | トップページ | 超オタク話5 »