« 合格講座(行政法9) | トップページ | 合格講座(行政法11) »

2006年2月14日 (火)

合格講座(行政法10)

 さて、先週の11・12日のイベントスタッフ缶詰状態も無事終わり、今日は行政法10回目である。講義の前・後半の殆どを国賠法に費やした。
 (細かい論点は少し残ってはいるが、基本的には国賠法は終了である。)
 国賠法(正式名称 国家賠償法)は前回でも述べたとおり、国や公共団体の公務員や(前回はここまでで話を止めていたが)公の営造物(パトカーのような動産、警察犬のような生物も公の営造物に含む。)のせいで痛い目に合わされた国民が、損害を与えた国や地方公共団体に対して、とりあえずお金で償ってもらうことを規定する法律である。
 基本的に国賠法は、お上の役人や物から受けたいわれのない損害を償ってもらう、いわば国民寄りの法律である。そのため、国賠法を使うことのできる範囲は意外と広い。
 そのひとつとして外形標準説に基づいた以下のような判例がある。

 ある警視庁の巡査が勤務時間外に制服を着用し拳銃を携帯して、町で通行人をだまして追いはぎを行ったが、相手が騒いだため拳銃で射殺した。そこで被害者の両親が国に対して国家賠償法1条1項(公務員の職務上犯した違法行為による損害)に基づく損害賠償請求を行った。
 ところが国側はその警察官が勤務時間外であることを理由に、国賠による損害賠償を拒否したため裁判となった。
 裁判所の判断は以下のとおりである。
 
 たとえ、勤務時間外で職務上の行為を行える立場になかったとしても、本人の意図に関係なく(制服を着ているが実は追いはぎをしてやろうと考えている)職務執行をしていると外見上判断できるようであれば、国家賠償法の適用は認められる。

 と言うものである。これが外形標準説に基づいた条文上の「職務を行うについて」の意義の解釈例である。

 念のため該当条文を掲載して今日はこれで終わることにする。

 国家賠償法 1条1項
   「国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる」

 追伸:
  参考までに公の営造物によって受けた損害を賠償してもらうためには国賠法2条1項を根拠条文とする。
 国家賠償法 2条1項
   「道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる」

|

« 合格講座(行政法9) | トップページ | 合格講座(行政法11) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

  とにかくキツイけれど、「神」に付いて行きましょう。

  来週からは過去問が発刊されますしね。喰らい付いて行き

  ましょう。アルティメット・クラッシュ!

  これから復習して寝ます。

投稿: 信者 | 2006年2月15日 (水) 01時57分

>信者さん。そのとおりですね。がんばりましょう!
 でも先生もおっしゃっていたように体調だけはお互いに気をつけましょう。
 それと質問です。アルティメット・クラッシュはプロレス技ですか? 

 追伸
 さて、今日は某社団法人のパート募集の面接です。
 
 「お前を使ってやる」
 
 と言ってくれたらうれしいのですが・・・

投稿: タカくん | 2006年2月15日 (水) 08時23分

”アルティメットクラッシュ”とは徹底的に破壊するという意味であるが、最近では早稲田ラグビー部がこれを実現した。社会人トップリーグ4位で現役オールブラックス(NZのラグビー代表のこと)の選手を含むトヨタ自動車に真っ向勝負を挑み見事叩きのめしたのである。早稲田は当然の事ながら学生のチームで、1年生の選手を含む15人が社会人チームの強豪に勝ったのであるからこれは”サプライズ”を通り越して”ミラクル”なんやけど、早稲田のスローガンである”アルティメットクラッシュ”とみな敬意を表して呼んでいるわけや。当然のことながら法学部以外の出身である”タカくん”が合格し、○○○士になることも”アルティメットクラッシュ”である。

投稿: 明石阪神ファン | 2006年2月15日 (水) 22時39分

  明石阪神ファンさんありがとうございます。

  早稲田大学ラグビー部のスローガンですね。

  トヨタ自動車を倒したときは、感動しました。

  早稲田のOBではありませんが、熱くなりました。

  アルティメット・クラッシュです!

投稿: 信者 | 2006年2月16日 (木) 01時53分

 「明石阪神ファン」君、御教授ありがとう!
 なるほど・・・ 言葉の意味はともかく
 (本当にどこかのプロレスラーのフィニッシュホールドかと思っとったで。)
  ものすごく深い内容を持つ言葉なんやなぁ。
  では、「信者」さんともども、今後の魂の合言葉は、

 アルティメットクラッシュ!

 にしよう!

 

投稿: タカくん | 2006年2月16日 (木) 16時01分

  神戸空港が開港しましたね。

  この狭い国、島国日本にいくつあんねん?

  税金の無駄やろ。おかしな話やで。神戸の皆さん

  お察しします。赤字確実やのに市民のこと考えてんのか?

  いえいえ、考えいないのがお上ですね。関空がんばれー!

  そうそう、過去問が発刊されたそうです。

  内容は・・・・・!?明日確認してみます。

  

投稿: 信者 | 2006年2月17日 (金) 02時02分

 「信者]さん。お気遣いありがとうございます。
 神戸市は昔から”株式会社”神戸市といわれていますので、神戸市民はそんなことは気にしません。
 個人的には神戸空港の開港で、沖縄への直行便が伊丹とかに行かなくても乗れるのがオイシイなとは思っています。折角市民の税金を投入して作った空港ですから、帰って使い倒さな損やぐらいに思っていますよ。
 過去問の件ご連絡下さいましてありがとうございます。私も今日の講義に行く前にGETすることにします。(特典でタダですし・・・)

投稿: タカくん | 2006年2月17日 (金) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/8666014

この記事へのトラックバック一覧です: 合格講座(行政法10):

« 合格講座(行政法9) | トップページ | 合格講座(行政法11) »