« 合格講座(行政法6) | トップページ | 合格講座(行政法7) »

2006年2月 3日 (金)

えらいこっちゃ!

 今日昼に講師のブログを見て驚愕。

 勉強方法の変更
 3月末までに講義録・過去問・法学検定3級を80%
 (ここまでは変更なし)
 4月以降はアウトプット演習(総合答練・公開模試等)プラスできるだけ早い段階から、地方上級国家Ⅱ種 憲法・民法・行政法問題集が必要。
 地上国Ⅱの憲・民・行の問題集は法検3級が完璧なら、今からやってもかまわないぐらい逼迫度が高そうだ。  (法学検定との兼合いについては、講師はブログ上では言及されておられなかったが、文章の内容からして間違いないと思う。)

 ちょっと待ってくれよと言う感じであるが、これをしないと受かる確立が上がらないというなら、やるしかない。
 ただ、ブログを見て思うに、もはや仕事をしながら何とか合格と言うレベルではないのではないだろうか。
 自分がサボっているのもあるが、世間のしがらみにもまれて思うように勉強できない
 (していないのかもしれない。そのほうが正しいかもしれない。)
状況でこの内容はショックであった。

 平成17年度の行政書士試験では国家Ⅰ種の合格者がかなりの確立を占めていたとのこと、もはや豊富な勉強時間を確保する以外手はないのであろうか。
 (ただし勉強時間の確保の件については、講義開始の冒頭から講師は言及されていた。いまさら嘆いたとて詮無き事ではある。)

|

« 合格講座(行政法6) | トップページ | 合格講座(行政法7) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/8482153

この記事へのトラックバック一覧です: えらいこっちゃ!:

« 合格講座(行政法6) | トップページ | 合格講座(行政法7) »