« 合格講座(行政法7) | トップページ | 合格講座(行政法9) »

2006年2月 7日 (火)

合格講座(行政法8)

 今日は合格講座行政法の8回目。前回の問題演習をはさんで後期に突入である。
 今回は行政事件訴訟法である。訴訟?裁判?行政書士には関係ないんじゃないのとつっこみが入る。講師も講義の中でそのことを嘆いておられた。しかし「行政」と名がつくからにはやらないと仕方がないのだろう。

 さて、行政事件訴訟法だが、前回の講義では行政不服審査法を学習した。これはお上(行政)に対する国民のダイレクトアタック(直接攻撃)と考えることができる。直接攻撃であるがゆえに条文上にも規定されていることだが、審査の簡易迅速がモットーである。ゆえに早く決着がつくが、仲間内の審査のため、なあなあなところが否めない。しかし、行政事件訴訟法は裁判所を使ってお上にアタックするという、行政不服審査法とはまったくやり方の異なる喧嘩の方法なのである。裁判所を使うのだから、丁寧なやり方でじっくりとお上を攻撃してくれる。頼もしい反面、裁判所もめんどくさいため、喧嘩を売れる資格や内容に制限がある。
 たとえば、行政不服審査法ではお上に喧嘩を売れる内容が、法律に対して正しいか間違っているかだけではなく、内容が妥当なのか妥当でないのかまでOKなのに対し、行政事件訴訟法では、法律に対して正しいか間違っているかの判断しかしない。
 (これは裁判所が法律に照らして適法か違法かの判断しかできないという限界があるからに他ならない。)
 ただ、行政事件訴訟法も行政不服審査法と同じく国民の救済を目的としているものであるから、あまり使えないと言うわけではない。ただし司法権が絡む以上、行政書士にとっては管轄外のフィールドであることには違いないのではあるが。

 与太話:今日、金もないくせに意を決して、調子の悪い片方のパソコンの最終修理パーツを購入した。
(自作なので自分で直さないといけないのである。)
これで直らなかったらどうしよう・・・ 今はとりあえずぐずぐず言いながらも動いているのだが、気持ちが悪いので大改造である。外観は変わらないのだが、中身がさりげなく変わることになる。ケースのふたを開けてみて、びっくりとなるであろう。
(ただしうちにはそんな酔狂なことのできる人間は私以外にいない。)

|

« 合格講座(行政法7) | トップページ | 合格講座(行政法9) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

  パソコン直りますように!アーメン!

  講義終了後、受講生さんからどんな質問を

  受けていたのですか?行訴法複雑ですね。

  復習して押さえていきましょう。

投稿: 信者 | 2006年2月 8日 (水) 00時51分

スケジュール的には後半戦?阪神はキャンプ折り返しで、来週からは練習試合も始まる今日この頃。今まで鍛えてきた成果を確認しつつしっかりと本番に備えてほしいわ。外野やけど応援はしっかりさせてもらうで!GOGO!!

投稿: 明石阪神ファン | 2006年2月 8日 (水) 21時28分

 今回の投稿はは千客万来ですね
 (と言っても二人ですが・・)
 とりあえず先に「信者」さん宛に。

 ようやくパソコン直りました。と言うより中身をごっそり替えたといったほうが妥当です。これでしばらくは大丈夫でしょう。
 (性能も大幅にアップしました。)

 ご質問の件ですが、法学検定の問題の中にある行政事件訴訟法の出題で、執行停止の申し立てに対する内閣総理大臣の持つ拒否権(内閣総理大臣の異議)が今までの講義で問題にならなかったのは行政事件訴訟法が改正になったからですか?と言う質問でした。
 その方にお答えした内容は秘密です。
 (生来の大声なので内容は聞こえていたかも。)
ただ、ちょっとしたトラップに引っかかっておられただけでした。 
 
 

投稿: タカくん | 2006年2月 8日 (水) 23時08分

明石阪神ファン君へ。

 おう! 久しぶりに投稿してくれたのに、返事のコメントが遅くなってすまん。

 俺はなんとかやっとるで。勉強は相変わらずはかどっていないが、少しずつでも反復継続で進んで行くつもりや。明石の地から応援してくれ。

 ところで阪神もキャンプが佳境を迎えてきたなぁ。俺のほうも2月3月は正念場や。がんばるでー。そして都合をつけて二人でオープン戦を見に行きたいなぁ。

投稿: タカくん | 2006年2月 8日 (水) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/8557623

この記事へのトラックバック一覧です: 合格講座(行政法8):

« 合格講座(行政法7) | トップページ | 合格講座(行政法9) »