« 携帯変えたぜ! | トップページ | 合格講座(民法6) »

2005年11月28日 (月)

携帯変えたぜ!続き

 前の投稿は、必死になってキーボードを叩いているうちに夜中の2時になってしまい、さすがに疲れて途中で打ち切ってしまったのだが、よくよく考えると変更した機種を書いていなかった。
 本当に別にどうでもよいことなのだが、新しい機種を自慢することにする。

 変更した新機種は11/25日発売のWILLCOM AIREDGEPhone(エアエッジフォン=通称味ポン) 京セラ製 WX310Kである。 
 前はおなじくAIREDGEPhone 京セラ製 AK-K3001V(俗称京ポン)であった。
 実は、私はPHSを契約していたときからずーと京セラ製の端末を使用しているのである。元々は初回購入時に京セラ製の機種が一番端末代金が安かった(新規契約時0円)からであるが、その後知人が
 「京セラはDDIPOCKET(現在のWILLCOM)の筆頭出資会社で性能的にも京セラ製がよい。」
と私に吹き込んだため、その後は何が何でもPHS端末は京セラ製と意固地に押し通してきたのである。
 今回も遊べるという点からしたら、サンヨー製の端末WX310SAの方がJAVAという制御プログラムを使ってNTTの i アプリの様なゲームが出来るのだが、それでもケータイでゲームをしても目が疲れるだけだと自分を納得させて(もしドラクエが出来るなら下手したら浮気したかも?)京セラ製の端末を使用することにしたのである。
 今度の機種は130万画素のカメラ機能(前のAK-K3001Vは11万画素)、QRコード対応、有償でFLASHプレーヤーとビデオプレーヤーダウンロード可能、4×パケット対応で実質送受信128bpsの高速データ通信と性能的にもかなりのレベルアップが図られている。個人的には着メロの設定とかで多少のレベルダウンがあったが、そんなことは大したことではない。
 ただ機種変更費用が24、800円と高かったのは痛かった。前の機種のAK-K3001Vの後継機種でカメラの性能をアップしたWX300Kの方が安かったのだが仕方がない。
 最終的には満足のいく買い物であったと締めくくっておこう。

|

« 携帯変えたぜ! | トップページ | 合格講座(民法6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111792/7365781

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯変えたぜ!続き:

« 携帯変えたぜ! | トップページ | 合格講座(民法6) »