« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月26日 (水)

おっさん・・ 俺、灰になっちゃったよ・・

 10月23日本年度行政書士試験を受験した。
 正直なところ、太刀打ちできるレベルにはなってなかったというのが正直な感想であった。
 法令択一問題で自信を持って選択肢が切れたのは、ほんの数問であったように思う。
 つまりズタボロにたたきのめされて、あしたのジョーの台詞ではないが、
 「灰」になってしまったような気がする。
 そんなこんなで、今まで試験の感想についてブログに投稿することをためらっていたが、気持ちが落ち着いてきたので、今年の総決算の意味を込めて投稿する次第である。


 試験終了後、かねてからメアドを聞いていたためお世話になった講師に結果報告をした。
 早速ご返事を頂いて、御自身で開設されているブログのアドレスを教えていただいたのでアクセスした。
 やはり講評としては、かなり難易度の高かった試験であったとのことである。
 ただ喜ぶべきは、講師のご指導の元、一般教養がそこそこの点数を取れたことは喜ばしい事であった。
 かねてから講師の先生は、
 「現行の制度での行政書士試験の真の難敵は一般教養科目です」
 とおっしゃっていた。
 そこで、自分なりにパンキョー(一般教養の略)対策を教えられていたとおりに行った結果、それなりの成果を上げることが出来た。
 法令科目の出来の悪さは仕方がない。法学部の専攻でもない上に、たった6ヶ月で理解できるなら、弁護士は9年も掛かってやっと受かるような資格ではないだろう。

 もっと自分の能力に自信を持とう!

 そう考えるようにしよう。もう一年、もし今年が不合格となっても(専門学校の出す解答速報は、試験センターの回答例と違うことがあるそうだ)がんばれる自信がわいてきた。
 折角行政書士という資格の魅力に本当の意味で気づいたからには、初志貫徹。行政書士の資格を取って、皆さんのお役に立てる人間となる。その程度の人生の回り道もいいではないか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

思う事。

 今、資格の学校で久しぶりに、講義の件でお世話なった方と話をした。 いよいよ試験日まで2日、最後の情報交換。泣いても笑っても、もうやれることは少ない。
 ただこの数ヶ月の間に法律用語に異様に反応する自分がいる。
 裁判の判決の要旨にうなずく自分がいる。
 できうるならば、希望の叶わん事を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

今日は休息日

 今日は、久しぶりにある集まりの関係で六甲山フィールドアスレチックに行くことになった。
 本来は今日も学校で勉強するべしであったが、金曜日の晩に急遽車の都合でアッシー君と子供たちのお目付役を兼ねて手伝って欲しいという電話があり行くことに決めた。
 もちろんフィールドアスレチックはやらなかったのだが、子供たちより先に危険ポイントに行かなくてはと、山道を駆け上がったり、集合時間に戻らない子供を捜しにコースを逆から回ったため、実質上アップダウンの多かったコースを二周することになり結構太ももとかが痛い。
 少しでも運動不足の解消と気分転換になっただろうと思う。

 明日から最後のスパート期間第2週。答連と模試の一部を法令科目だけ解いてみる作業を反復である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

京都の誓い

 昨日で、行政書士の試験を受けるために受講した全ての講座と演習が終了した。
 本来、昨日ブログに公開模試の件を投稿すべきだったのだが、出来なかった。

 あまりにも合格基準点からかけ離れていたのだ。

 だから今日、京都(洒落ではない。)に模試の解説講義を聞きに行くときも暗々たる気分だった。
 試験の解説のことは書かない。
 ただ、今にもめげてしまいそうな心にむち打って、明日からの20日間をがんばるために、ここに誓いの言葉を書いておくことにする。
 それは、

     めげない。 負けない。 退かない。

                                                       以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »